離婚するなら家を先に共同で売ろう?もめる財産分与のお話。

よくある?離婚時の財産分与。二人の愛の巣がトラブルになる!離婚もめもめ劇場…これには不動産査定の事情もちょっと絡んでしまうのです…同じ家を査定しているはずなのに、頼んだ不動産会社によって査定金額に違いが出るのはなぜなのでしょう。

①もうお前とは離婚だ!と騒いてみる☆

➁財産分与の話になる…持分ダンナさん。

③でわ、家をを分けようか!

④ほんと、それ無理なんで価値を査定…

⑤査定後は…もめることもめること…

⑥もめること➡弁護士へ

⑦困るのは弁護士

⑦今度は弁護士が不動産会社に査定依頼…

実はこの話は、実話です。査定価格におおきな開きがおきることはよくあります。

この話のように、弁護士法人から当社に不動産の査定依頼もあります。裁判所に提出する不動産査定書の金額でさえも、双方の思惑から価格におおきな差がおきるのです。

離婚で財産を分与する側となれば、不動産を高く評価してもらえれば、その他の財産を分与する必要が減ります。

財産分与される側としては、不動産の価格を低く評価してもらうことで、他の財産をもっと多く分与してもらう可能性がでてくるわけです。

この価格差が離婚時には揉める原因のひとつですね。

ランキングにも参加しています。下をクリックして応援してください!うれしくてもっとがんばれます。

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

不動産に関してのご質問やご相談も無料です。

ブログ読んだよと言ってもらえたら、喜んでなんでもご説明します。(笑)

℡:03-5388-9055  mail:info@zephyr-jp.net

◇HP:https://www.zephyr-jp.net/