不動産会社選びのポイント

不動産を売らせる悪質な手口、不動産営業マンの電話に対応してみた!

不動産を売らせる悪質な手口、不動産営業マンの電話に対応してみた結果!

あなたが家や土地などの不動産をもっていると、それを売りませんか?と言葉巧みに誘うDMや電話があります。売却する予定が無ければ、DMはゴミ箱に捨てれば良いし、電話営業は断れば終わるはず???そうおもっていたんですが。それは間違いでした。私も同業ながら、はずかしいと思ってしまうほど、性質の悪い営業電話があり、個人の方なら対応が大変だとかんじたので全容を公開します。みなさんは、くれぐれも対応せずに関わらないでください。私も多分あなたと同じ印象、不動産会社のしつこい営業とあいての迷惑を気にしない質のわるさにあきれました。

不動産の営業電話は実に体質が悪い。

ダイレクトメールやメルマガは大手不動産会社など常識的な販売活動をしている会社も多いと思います。ですが、営業電話はどうでしょうか。そんなのとんでもないに決まってる?確かに。

不動産の売却を電話で誘う”営業電話”。これをやっている不動産会社は質の悪い会社が多いです。今回はたまたま私にも電話で不動産の売却を誘う営業がきたので対応をしてみました。

その時の体験から営業電話にまともに対応すればどうなってしまうかの経緯を書いていきます。※ちなみに私はこのみち30年以上。不動産のプロです。先方は知らないでかけてきているでしょうが。さてどうなるか…

今回の体験は、私のもっている、区分マンションの1室のを売りませんか?と勧誘する営業マンの電話から始まりました。

高額な売却価格を提示。とりあえず所有者の興味を引く巧みな話術

いきなり営業マンが高額な売価で、あなたの持っている、都内のマンション売りませんか?と誘いはじめます。まぁいきなり売ってくれというだけでも失礼なんですが、そこはなんとかスルー。冷静な対応を心がけます。

やはり引きは価格!いきなり私の持っているマンションではありえない高額な金額で売れそうだと誘ってきます!お金が必要な時に一般の方なら、おっ?と思ってしまうかもしれませんね。

ですが、わたしも自分のマンションの相場位は知っているし、そもそも同業者。。そんな価格何を根拠に言ってくるんだと言いそうになりましたが、

本当に、そんなに高い値段で売れるんだとしたら、悩んじゃうよね(笑)

と返します。

ここからは、予想通りの怒涛の無呼吸営業トークタイム…

営業マンは、ここぞとばかり、何とか私に売ってもらえるように、説得をはじめる。。

ですがさすがに、そんな高額で売れるまともな理由はでてこない。ですからもうこの嘘ばっかりの電話をおしまいにしようと思いました。体験終了‥

やっぱりもっと高い値段じゃないと売らないわ!

と絶対に売れない、さらに高い価格を伝えて、さようなら…となるはずが

顧客がいるので、媒介契約を結んでください!

とのこと…ありゃりゃ。。嘘つきも度を越えているぞ‥

存在しない架空のお客さんを作って勧誘する。

私は、ちょうどいま、自分のじマンションで同タイプの部屋が、かなり安く売られているのをしっていました。相場は判っています。営業マンが私に購入する顧客がいる、と言うのはみえみえのウソと判る…トークは炸裂しつづけます。

そして、その日だけでなく、それから2~3か月は頻繁に電話が掛かってきました。

その都度、彼のウソを指摘しながら断り続けました。

休日もお構いなしで電話をしてきてます。さすがに”ウソを並べるあなたに売却する意思はもう無い”と断ると

あれ?条件を変えましたか?(あなた売るっていったよね)

まるで、こちらが売るとウソをついたような言い方をしてきたので、流石にこちらも『不快感炸裂!』

よし!本当に私の言い値で即金で買うなら売却する!

と言ってやりました。

だけど、売れるといった言い値から、価格を下げてほしい・三為契約(頭金だけ支払い残金は顧客の資金で支払い、差額の利益を取得する行為)にしてほしいなど言おうものなら、その時はわかってますか!高い値段で売れる。お客が今いるという嘘を言っているのはどっちなんだよ…と言いたいとこ、言い終えました。。。

営業マンのごり押しに負かされるお客様がいてはいけない!

こんな手法の営業、、営業トークの嘘に気が付かずに依頼してしまったり、押しに押されて売却してしまう方がいるのでしょう。ここまでひどい営業トークとは予想を超えていました。

でも相場も何も知らない一般の方にこんなこと圧を掛けたり価格誘導をやるのは、騙し以外の何物でもありません。

皆様は電話営業に関わることの無い様に、売却意思は全く無いと最初からはっきり伝えましょう。何も聞かずにガチャリと切るのも1つかもしれませんが…。突然の迷惑な電話営業にはやはり関わらない方が良いですね。経験談です。皆様もお気をつけください

ほぼ注意喚起

あなたの自宅に不動産営業マンから迷惑な営業電話をしつこく掛けてくることは、ありませんか。今回は、不動産を所有する人から電話一本の口先だけで売らせてしまう営業マンの営業電話でした。私が想像する以上に営業マンのしつこさは、呆れてしまいました。あなたは不動産業者の営業電話には決して対応しないで、スルーすることをおすすめします。私のように、単なる時間の無駄と気分の悪いあと味だけが残ってしまうことでしょう。

不動産売却DM
参考不動産売却のDM・あなたにダイレクトメールが業者から送られてきた

不動産売却のDM・あなたにダイレクトメールが業者から送られてきた 知らない不動産会社から突然自宅に不動産売却のDM(ダイレクトメール)があなたに送られてくることがあります。不動産業者が売却物件を探すこ ...

続きを見る

不動産投資の出口戦略
参考不動産投資でリスクを回避するための「出口戦略」とそのリスク

不動産投資のリスクヘッジとしての出口戦略について 今回は、不動産投資でよく言われる出口戦略についての記事です。 出口戦略とは、不動産投資をはじめるとき、最終的な資金回収の戦略をたてること意味します。こ ...

続きを見る

参考一括不動産査定サイトのデメリット。高い査定額という営業手法!

一括不動産査定サイトのデメリット。高い査定額という営業手法! 家をただ単に売りたいだけなら一括サイトは便利です!でもあなたの家を”高く”売りたいなら一括サイトには要注意です!つまり高い査定価格を、形だ ...

続きを見る

参考不動産会社を営むわたしが不動産投資を始めた理由

わたしが不動産投資のリスクを経験して、投資家に投資リスクを回避してもらうためにアパートを建築! 不動産会社を営む私が不動産投資をはじめた理由は3つあります。 ①下取り予定の住宅があったのですが、購入を ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

㈱ゼフィールCEO

不動産業界を見つめて35年以上。この積み重ねた実績と、経験が不動産投資で迷える誰かの役に立てばと思って、ブログを書いています。 解らない事や、疑問、質問はお気軽にメッセージを送っていただけると嬉しいです。無料LINE相談にも直接お応えしております。※BLOG内一部スタッフブログを含みます。

-不動産会社選びのポイント

© 2021 株式会社ゼフィール