不動産会社選びのポイント

良い不動産会社の選び方、同業者が売買を依頼したくなる不動産会社!

良い不動産会社の選び方、同業者が売買を依頼したくなる不動産会社!

あなたが家を買いたい、あるいは家を売りたいと考えたとき、まずはじめに考えることはなんでしょうか?どこで買おうか?どの不動産会社に聞きに行こうか?そうですね、不動産屋さんといっても、本当にたくさんの会社が存在します。同じ駅の近くに何店舗もみかけることもざらですね。ですが、これはみなさん共通。頼むなら良い不動産屋さんにお願いしたい。本当はどこの不動産会社を選んでも大丈夫です!不動産業界はすばらしいところです!と書きたいところですが…長年の経験上では残念ながらそうもいきません。もし、私があなたの立場で不動産会社を選ぶなら安心してまかせることができる信頼を持てる不動産会社を選びます。今回は、不動産会社を私が選ぶときのポイントをご紹介します。

誰でも知ってる不動産会社なら安心かも?

すでに家を買ったり売ったりしたことのある方は、不動産やさんに足を運んだこともあるでしょう。一人暮らしをされたことがある方などは、賃貸専門の不動産やさんには、なじみがあるかもしれません。ですが大半の方は不動産屋さんの違いと言われても…有名な大手企業か、それ以外のマイナーな会社かぐらいの感覚しかないのではないかな、とおもいます。

正直またここでも、大手企業なら間違いなく安心ですよ!と書きたいんですが、そうとも言えなこともあります。多くの方はやはり誰でも知っている企業であれば安心感を得られますし、大きな会社の営業マンであれば信頼できると思ってしまいます。しかし実際には、あなたの立場にたち仕事をしてくれるケースは少なく、営業マンは会社の都合や指示で動いてしまうことが多いです。会社組織の一員なので仕方のないことです。

営業マンに数多くの売買顧客が振り分けられて、営業ノルマの達成にむけて追客をしています。物件の売却をたのまれる件数もおおいので、売り急がなければならない状況になってしまい割安感のある価格に下げて、買いたい人が現れた物件を売ることで営業効率をあげていくことがおおいです。この家をなんとか頑張って売ろうと動いてくれる営業マンはすくないと思います。

不動産を買うときも同じです。毎日、集客しているので、もうすでに家を売ってしまったので、買わなければならない人や広告を見て買うことをほぼ決めている人に販売していきます。家を買う条件をどうしようかと悩んでいる人に連絡がくることはあまりありません。顧客数が多いのでしつこい営業がないのは、よいかもしれません。

会社のHPや、広告、宣伝文句にも良し悪しのヒントが隠されている

不動産やさんはどこでも同じではありません。あなたが会社選びを間違え、悪い不動産業者に仲介を依頼してしまうと実際に損をしてしまうことがあります。金額の問題ではないのかもしれませんが、不動産は特に大きな金額が絡むことがおおいですから。慎重に選んでいきたいところだと思います。まずは不動産会社を自分でリサーチ。となるとインターネットでの検索が主流になりますね。不動産会社のサイトを開くと、物件数〇〇万件・毎日更新!などの見出しをよくみかけます。

不動産屋さんは、”レインズ”という不動産業者専門のサイトをつかって物件情報を入手しています。レインズは、不動産業者専門のサイトですが、中にはこのサイト情報を勝手に加工して、お客さまに閲覧させてしまう会社があり、とんでもなく多くの検索数が問題になり、今では一定の検索数を超える課金制度になりました。

つまり勝手にレインズに直結するHPを作ってしまうんですね、レインズの方も今ではそのようなことをされないように、課金対策を講じています。ですが不動産業者であれば閲覧可能な共通の物件情報を、あたかも自社オリジナルの物件情報のように載せるのは、一般の方にとっては人を欺く行為だとおもいませんか?

正直レインズという不動産業者用サイトの物件情報を、そのまま自分のHPに載せるだけであれば、どんな小さな会社でもできるわけですね。ですから過剰に掲載数や更新頻度だけを誇張している不動産やさんには、注意したほうが良いと思いますよ。掲載するだけならパソコン1台あればだれにでもできますし、あたかも自分のオリジナルの物件情報だと見せかける手法には、誠実さを感じません。

ではどこを見たらよいのか。不動産屋さんのサイトや広告を見る際には、物件数のことよりも、まずひとつひとつの物件の紹介内容を見て下さい。

物件をお客様にご紹介するためには、実際に現地に行き、周辺写真をとったり、現地の環境や、最寄り駅を見てきたりと案外手間暇がかかるものなのです。

ですが、掲載数だけをうたうような会社は特に、自分では写真を撮りにいかず、勝手によそHPの物件写真をコピーして使用したり、間取りをかってにコピーして載せたりします。

そのような不動産屋さんの物件紹介ページは雑なことが多いです。写真の画像や、間取りが汚かったり、よその会社のロゴの入った物件写真を使ってしまっていたりと、とりあえず数を載せればオッケーだというのがありありとわかってしまいます。

物件数だけで信頼を得ようというスタイルが見え隠れした時には注意してくださいね。現地の情報やコメントがしっかりとしてい、きちんと営業マン自らの目で見た情報を載せているサイトになっているか、チェックしてみて下さい。

気になる不動産屋さんに問い合わせをして対応をみてみましょう

あなたが問い合わせをしたときのレスポンスまでにかかる時間も、不動産屋さんを選ぶ目安になります。あなたからのお問い合わせを放置することなく、3日以内には返信がくる会社をえらびましょう。

そして、物件を案内してもらうときには、あなたの予定や都合に合わせてくれる営業マンを選んでください。あなたを必要以上にあせらせることなく、あなたと一緒に考えて行動するできる営業マンもポイントが高いです。

そしてあなたを担当する営業マンに、勤続年数と転職経験の有無を聞いてみてください。転職経験が多い場合には、退職理由や以前やっていた仕事など聞いてみてもいいと思いますよ。よく不動産のとびこみ営業に来る人では、以前は居酒屋をやっていた、とか、以前はこんなもの売ってましたとか、畑違いの営業をやっていた人も実に多いのです。そして会話をしているとなんだか責任感というのか、軽いかんじがします。

転職がいけないと言っているのではありません。ですがやはり、野菜や家具を売るのと、家を売るのは違うと思うのです。

家は多くの人にとって失敗のできない買い物なんです。営業マンにとってその認識がなければ、大根やピーマンを売るように、営業マンに都合よくお気楽な気持ちで、売れさえすればよいという体で都合の良い営業をされてしまう可能性があります。

営業マンの質は会社の体質にもつながります。営業マンを大切にしない、使い捨てるような不動産会社も多く、営業方法もブラックなことが多いです。誠実な営業マンがある程度の勤続年数を同じ会社に継続していたら、そこの不動産会社の体質にも安心感がもてます。これは不動産会社選びの判断基準に役立ちますよ。

大手の不動産会社なら安心というのは思い込み?

最近はDMも多くなりましたが、以前、大手不動産会社のポスティング広告に、実際には存在しないことが書かれていたことがありました。この地域で家を売ってくれる人を探しています。とか。このマンション限定で探している人いるので、売ってもらえませんか?と書かれていた広告です。

これは誰もがしっている大手不動産会社A社でした。これは本当の話で、広告内容の改善(実際に存在しない内容を記載しない)を、実際監督官庁から指摘されていたそうです。私もこの会社で働いていた友人から実際の話を聞くことができましたので、間違いのない事実だと思っております。

大手だから大丈夫。悪いことはしない。それは思い込みな部分もあります。他にも大手の不動産会社で物件の情報の囲い込みがされたこともありました。業界にいると、いろいろなことがわかるものです。ちょっと人間不信?会社不信?になりそうですが、まあでもこれは大手企業に限ったことではありませんので、会社を名前だけで判断しない、ということは肝に銘じておきたいところです。

「タダより怖いものはない」は本当?現代の仲介手数0円は?

はっきり言いますと、不動産やさんが物件を仲介する時の収益は仲介手数料しかありません。ですがHPをひらくと、”仲介手数料無料!”とか、”仲介手数料¥0です!”と大きく表示させている会社があります。

え?無料なんて親切ですか?実はそうとも言い切れないのです。

それではこの仲介手数料を無料にしている会社は、一体どうやって収益を得ているのか、から考えてみましょう。答えは、お客様から仲介手数料をもらわずに、売主からもらう手数料を収入にしています。これだけなら問題はありませんが現実はそうもいきません。

お客様にとっては仲介手数料無料は魅力的なのですが、この仲介手数料無料にしている会社は実はトラブルも多い会社が実態です。実際に私の後輩がこの0円方法で不動産仲介会社を経営していましたが、例にたがわず、トラブルも多く最後は破綻しました。

よくあるトラブルは、ほかの不動産会社から紹介された物件を0円で仲介してほしいと依頼がくることです。0円の会社はトラブルになることを承知で、引き受けてくれます。わかりやすい会社の体質です。

不動産会社や建売業者のなかには、仲介手数料無料を掲げる不動産会社が紹介してくるお客様とは契約をしない会社もあるくらいトラブルが多いのです。お客様から手数料をもらわないなら、収益はありません。ですから他から利益を出さなくてはなりません。ですから不動産業者は売り主との仲介手数料交渉で難航することもあり、ほかの不動産会社の顧客に気に入った家は購入されてしまい、最後には購入できなかったケースもあります

これは精神論になってしまいますが、引き渡し後に建物に問題が発生しても、手数料を無料にしている不動産会社の本音は、手数料も払ってないのに何を言っているのだ?仕事を増やすなよ、と考えているため、やる気のない対応になることが多いです。

一生に何度もある買い物ではありませんから、その場の得だけではなく、お互いに最後まで気持ちの良い取引にすることを考えて、不動産屋さんを選びましょう

不動産売却一括査定サイトでも会社の体質がわかるかも

あなたが家を売ろうかと考えたときなど、不動産一括査定サイトで今売ったらいくらくらいになるかと、試したことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。一括査定サイトを利用した誠実な不動産屋さんの見極め方はこうです。一斉にでた査定価格の中で、とびぬけて高い査定価格を出してきた会社は除外しましょう。

高い査定価格をだしてくれるならいいじゃないか!と思われるかもしれませんが、あなたが知りたいのは自分の家がいくらで売れるかという事実だと思います。夢を見させてくれる会社を選ぶならば、一番高い査定価格をだした不動産屋さんを選んでもいいかもしれません。ですが夢から覚めたあとの現実には目をつぶってしまいたくなるかもしれません。

査定価格というのは、実に不確実なものなのです。ですからどうしても高い査定価格をだした不動産屋さんに頼みたいときは、査定内容の理由付けとなる資料をじっくり見てください。

査定のために使った、周辺相場の資料などを営業マンから見せて説明してもらいましょう。周辺相場の資料を出したがらない業者や、たくみな話術だけの会社、あるいは周辺相場を軽視する業者も注意が必要です。

とびぬけて高い査定価格を提案した会社は、売却査定サイトを営業ツールの一つとし使っています。実際にしっかりとした査定を行っているのか?疑問の残るところです。その査定価格に責任をもって売ってこようとする会社とは考えずらい可能性があります。

不動産会社の本音では、ただ売却の依頼をもらえれさえすればよい会社の可能性が高いです。

一括査定サイトを使うならば、周辺相場を基にして、適正に査定している会社をえらびましょう。そのためには、ご自身でもある程度地域の相場を調べてみて下さいね。

メリットとデメリットも伝えてくれる不動産会社を選んでね!

あらためてはっきり言いますが、デメリットのない物件はありません。なんでもパーフェクトな人間がいないのと同じです!え?人間にはいますか?いや、でも物件ではありません!!!

例えば前面道路が狭い住宅地があったとします。デメリットに車が通りづらい。一方メリットには静かな住環境があります。

トップ営業マンは、自分がこれを売ると決めた物件を相手に買わせているこもあります。それくらい不動産のトップの営業マンは良くも悪くも口が達者です。

あなたに合わせたメリットばかり伝えてくる営業マンには要注意。試しにデメリットはありますか?としっかりと聞いてみて下さい。買ってほしいがためにいいことばかりでは、信用できないでしょう。

不動産売買で失敗しないために

わたしは不動産業界にいつのまにやらどっぷり35年以上おりますが、自分が家を売買するならこの方法で不動産会社を見極めますよ、という見極めどころを書いてまいりました。人間というものは、なんだかんだと自分に都合の良い解釈をしてしまいがちです。それは私も同じです。ですが不動産という大きな買い物や取引をする場合は、落ち着いて客観的になることをおすすめします。

現在はテレワークやオンライン相談なども増え、直接的に会話をして個人や会社の性質を判断することは難しくなったかもしれませんが、ネットやメールでも判断できるところはたくさんあります。どうかふしぶしに落ちているヒントを拾い集めあなたに誠実な不動産会社、あるいは誠実な営業マンをさがしてくださいね。

※こちらの記事では、私の不動産業者としての知見や経験をご紹介しています。不動産の売買は、自己判断と自己責任でおこないください。

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

こちらにも

参考一括不動産査定サイトのデメリット。高い査定額という営業手法!

一括不動産査定サイトのデメリット。高い査定額という営業手法! 家をただ単に売りたいだけなら一括サイトは便利です!でもあなたの家を”高く”売りたいなら一括サイトには要注意です!つまり高い査定価格を、形だ ...

続きを見る

参考不動産売却が不安な人は、あなたの立場で対応する不動産会社を選ぼう

不動産売却が不安な人は、あなたの立場で対応する不動産会社を選ぼう あなたが、はじめて不動産を売却するときには、知らないことだらけで不安になるのが当然です。不動産のことを考えはじめると不安であたまがいっ ...

続きを見る

参考不動産会社が露骨に思惑を表した不動産の査定価格におどろきの価格差

不動産会社が露骨に思惑を表した不動産の査定価格におどろきの価格差 今回は、私が実際に弁護士から相談されたケースをご紹介します。離婚のために不動産を売却して資産を分割することになりました。裁判所に提出さ ...

続きを見る

不動産の共有名義は避けよう
参考相続で不動産を複数で所有する…なるべく避けよう不動産の共有名義!

相続で不動産を複数で所有する…なるべく避けよう不動産の共有名義! 不動産を共有名義にするメリット・デメリット。 親が亡くなり、不動産を相続することがあります。この場合、親族間で相続した不動産を分割で所 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

㈱ゼフィールCEO

不動産業界を見つめて35年以上。この積み重ねた実績と、経験が不動産投資で迷える誰かの役に立てばと思って、ブログを書いています。 解らない事や、疑問、質問はお気軽にメッセージを送っていただけると嬉しいです。無料LINE相談にも直接お応えしております。※BLOG内一部スタッフブログを含みます。

-不動産会社選びのポイント

© 2021 株式会社ゼフィール