無断広告するような不動産会社に売買の依頼はリスク

不動産会社が同業なのに違和感をかんじることのひとつ。無断広告。不動産業の仕事として以前に、人として相手に断りもなく、なにかアクションをすれば違和感があるのは当然です。ですが不動産というのは大きな買い物。お客様にとっては、人生でそう何度もない大仕事なのに、対する不動産業者があまりにも無責任で自分勝手な利益主義を感じると、同業ながら本当にガッカリしてしまいます。今日はそんながっかりな不動産会社について解説していきます。

残念な不動産業者たち

私の知人が法人名で所有している一戸建ての専任媒介を、当社が受けていました。今後、物件販売のスケジュールを打ち合わせるべく、知人の不動産会社で販売会議。

販売スケジュールを一通り終えた後、知人からおどろく質問が

この不動産会社ご存知ですか?

私は、プリントアウトされた不動産広告を渡された…

知らない不動産屋の広告。この会社が打ち合わせ中の物件を、勝手にインターネットに広告掲載しているみたいなんだよね、と私が指摘されました。

勝手に広告掲載しているのなら、苦情を入れておいてください。と私が更に苦言を言われた。早期売却を目指し物件の情報を当社が公開したとたん、同業者の無責任で情けなくなる行動。

帰社してすぐに、無断広告掲載をしている不動産会社に苦情の電話を入れた。勝手に許可もなくインターネットにのせるな!と伝える。先方の不動産会社は、慌ててすぐに掲載を取り下げますとのこと。 なんだか、軽い対応だな。

「じぶんの利益追求の為に、売りたい物件の広告掲載して何がわるいの?」と考えているように感じ取れる不動産会社の対応です。

早い不動産広告が売主との信頼の証ではありません

本来、不動産会社は売主や売主が依頼した専任業者に、所有者の広告掲載の意向を確認するものなのです。広告を嫌う所有者様も当然いらっしゃいますし…

しかし、今回のように”物件を売るためならなんでもやる営業が常識”という考え方は特殊なケースではありません。みなさんが考えている常識と、不動産会社の常識には、同業ながら大きなズレを感じます。

みなさんが不動産の物件情報を最も早く広告に掲載している不動産会社は、他社よりも売主から信頼されて情報を早く入手しているとは限りません。本来は、物件の広告を禁止されている不動産の広告を無断で勝手に掲載していることも多くあります。

普通は、広告を最も早く掲載できるのは、売主から直接依頼をされている会社です。もし、気になる広告が一社からしか広告掲載されていないときには、売主との関係を確認してみましょう。また、そこで不動産業者が嘘の説明をしていると感じたら以後の物件紹介は避けましょう。

まとめ

もしみなさんが不動産売買を考えるときがきた時に、この小さなズレの積み重ねが、不安やご懸念疑念を抱く原因の多くになっていくのではないかと感じています。不動産をご売却やご購入する時には、違和感を感じたらまよわず他の会社を探し、誠実な会社とご契約する事が最後は良い結果に結びつきます。

記事の説明

私は、不動産業界で売買専門に35年以上の経験とネットワークがあるため、不動産会社の経営者や営業マンなど多くの方々と親しくさせて頂いています。このブログでは、みなさんの利益を最大化するために不動産業界の内側から見た現場の状況や商習慣、問題なども記事にして紹介しています。みなさんも不動産に関するご不安がありましたら無料で相談に対応していますので、下記の相談窓口からご連絡ください。

不動産売却の不安を解消するための無料相談を受付中

お問い合わせフォーム・無料相談はこちらから←クリックするとお問合せページにとびます。

📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています。

関連記事

設立当時から独自性を歩む不動産会社
独自な不動産会社の内容を解説します
よい不動産屋の探し方、見極め方を不動産のプロが解説!
わたしは不動産業界にいつのまにやらどっぷり35年以上おりますが、自分が家を買うならこの方法で不動産会社を見極めますよ、という見極めどころをプロの目線で書いてまいりました。人間というものは、なんだかんだと自分に都合の良い解釈をしてしまいがちです。それは私も同じです。ですが不動産という大きな買い物や取引をする場合は、落ち着いて客観的になることをおすすめします。