不動産会社に不安を感じたら物件購入はやめておきましょう

お客様がはじめてご自宅を購入するときや投資家の方が収益物件をはじめて購入するとき、契約に向けての話がすすむと色々な不安が次々と頭に思い浮かんでしまいます。頭に浮かんだ不安を解決するために、不動産会社に連絡して確認します。確認をしえ不安感を増幅する場合には、購入をあきらめる勇気が必要な時もあります。

不動産を購入するときには、不安感を無くしてから

みなさんが不動産会社に質問した内容の回答で、不安感が増幅してしまった場合には、再度不動産会社に判りやすく説明することを求めてみてください。不動産会社から細かな説明を聞いていただき、更に不安感が増幅したり、不安がまったく解消されないときには対象不動産の購入をあきらめることも検討しなければなりません。

不動産会社に不安感を感じるケース

①不動産会社が売主の回答を率直にみなさんへお伝えしていないと感じる場合には、みなさんと売主の意向が合致していない可能性があります。この時に売主と買主が独自の解釈をしてしまう場合が最も注意しなければならない点です。

不動産会社は双方の調整を図る努力を行いますが、最終的にみなさんと売主双方の見解に違いや不動産会社が理解しながら相手に伝えていない場合など、契約直前に表面化することがあります。最終的にみなさんが妥協の連続で購入してしまうことは、あまりおすすめできないからです。

まとめ

不動産売買は、高額な取引になります。気に入った不動産を購入する場合でも不安感を残したままで契約の決断をするのは控えましょう。みなさんがはじめての不動産購入でも理解できるように不動産業者に聞いてみましょう。通常は、不動産の売買契約をした後からの解約は、違約金が発生します。違約などの無いように誠実な不動産会社を選びましょう。

不動産売買で不安解消のための無料相談を受付中!

📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています

関連記事

設立当時から独自性を歩む不動産会社
独自な不動産会社の内容を解説します
よい不動産屋の探し方、見極め方を不動産のプロが解説!
わたしは不動産業界にいつのまにやらどっぷり35年以上おりますが、自分が家を買うならこの方法で不動産会社を見極めますよ、という見極めどころをプロの目線で書いてまいりました。人間というものは、なんだかんだと自分に都合の良い解釈をしてしまいがちです。それは私も同じです。ですが不動産という大きな買い物や取引をする場合は、落ち着いて客観的になることをおすすめします。