飛び込み営業から迷惑な不動産会社の体質を見抜けます

毎年、新卒社員の研修が終わるころから若い営業マンの飛び込み営業が急増します。中小の不動産会社だけではなく、テレビCMを流している一部上場企業の不動産会社の社員さんももちろん飛び込み営業で会社にやってきます。多いときは毎日数人の方が。 不動産会社の営業マンにとっては、このような行為はあたりまえ。名刺の枚数をたくさんあつめた営業マンが”たくさん仕事をしてきた”あるいは”働きものである”などと評価する。このような残念な考え方の会社や、管理職がいるのでしょう。

入社したての若い子が飛び込み営業で会社に来ると、せっかくのキラキラしたエネルギーを消耗してしまっているようで、応対するこちらも、なんだか気の毒におもえてしまう事がおおいです。会社の体質や管理職の社員管理方法を理解すると気の毒に思います。同時に見えてくるのは会社の体質です。こんな体質の不動産会社がみなさまのお役にたつために働いてくれるのでしょうか。

彼らの所有物件を販売してもらうために勤務中の会社に来て、勝手にしゃべりはじめ相手の時間を奪うことに何も考えないで営業する会社!

上司に飛び込み営業に行った証拠の戦利品で名刺を集めさせる能力の低い管理職

不思議ですよね。お客様や相手のことを考えて営業に回っているわけではないのです。不動産業界では相手のことを考るよりも、自分の利益を最優先に考えるのが営業の常識なんですね。素直な若者が壊れてしまうのがわかります。飛び込み営業をさせている不動産会社や管理職は、営業を教育しているのではなく、押し売りを育てているのです。管理職同じ業界人としてははずかしいかぎりなんですが…

なぜこのような話をするか、私には関係ないわとおもうかもしれません。ですが考えてみてください。もしあなたが、お家やアパートを買おうと考えた時、担当営業マンが自己の利益を最優先に追求する営業マンだったらどうですか?あなたのことより、自分の営業成績を最優先に行動する営業マンに依頼することになります。

とびこみの営業マンの多くは、ドアを開けるとでかい声で挨拶しはじめ、私が反応すれば、間髪入れず一方的に話し始めます。どんどん勝手に社内へ来る営業マンもざらにいます。こちらが忙しくしていようが、あいての状況などは、おかまいなしです。 こんなことを、個人のお客様にもしていたら、不動産営業はお客様にとっては迷惑な存在でしかないだろうなぁと思ってしまいます。そんな飛び込んできた営業マンに私は、君が働いている今の会社は社員を信用もしていないし、ひとの迷惑すらわからない会社だから、もっと良い会社を見つけて退社した方が良いぞ!と話しています。

まとめ

みなさんが不動産会社に不信感を持たれるのはあたりまえです。不動産業界では、お客様目線ではない自己中心的な営業マンの多さに驚かされますでは、不動産会社の体質を見極める方法をひとつをご紹介します。担当の営業マンとみなさんが会話をしているときに、ひとつ質問してみてください。『○○君は不動産営業で飛び込み営業をしたことがありますか?』営業マンから自分の営業成績の自慢話がでてくるようなら要注意です。相当利己的な営業マンの可能性ありです。そんなところからも不動産会社の体質をみきわめてみましょう。

えらそうに書きましたが、社員にこっそり書かれた、わたしの飛び込み営業被害未遂事件のブログもあるので、お時間ある方は見てみてください(笑)不動産の営業マンにひっかかったわけじゃありませんよ!

このブログが読者のお役にたてればうれしいです。

不動産売買の不安を解消するための無料相談受付中

📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています

関連記事

設立当時から独自性を歩む不動産会社
独自な不動産会社の内容を解説します
不動産会社の選び方
利益だけを目的にする不動産会社は、特に知名度が高い地域や駅前で営業活動をする傾向があります。今回のブログ記事は、こっそりお話するような内容になってしまいましたが、このブログ読んでいただいたみなさんは、不動産会社の見かけにだまされないでください。
はじめての不動産売買でも不動産会社に騙されないためのブログ!
はじめての不動産売買でもトラブルに巻き込まれない誠実な不動産会社の選び方を解説。
不動産会社に不安を感じたら物件購入はやめておきましょう
みなさんが不動産を購入するときには、不安を残したままの契約はやめておきましょう。