飛び込み営業マンでここまでわかる!迷惑な不動産会社の企業体質を見抜け!

若い営業マンの飛び込み営業は、不動産会社も例外ではありません。テレビCMを流している一部上場の不動産会社の社員さんももちろん飛び込み営業で会社にやってきます。多いときは毎日数人の方が。 けっして、とびこみ営業を批判しているわけではありません。不動産会社の営業マンにとっては、このような行為はあたりまえ。名刺の枚数をたくさんあつめた営業マンが”たくさん仕事をしてきた”あるいは”働きものである”などと評価する。このような残念な考え方の会社や、上司がいるのでしょう。

とくに入社したてであろう若い子がくると、せっかくのキラキラしたエネルギーを消耗してしまっているようで、応対するこちらも、なんだか気の毒におもえてしまう事もおおいのです。

気の毒におもうくらいなら、彼らに貢献したあげたら?とおもいましたか?ですが彼らの目的は簡単にいうと。

彼らの会社所有の投資物件を、販売してもらうこと

会社の上司に飛び込み営業に行った証拠のために名刺をもらってくること

なんですね。 お客様や相手のことを考えて営業に回っているわけではないのです。不動産業界では相手のことを考るよりも、自分の利益を最優先に考えるのが常識なんですね。同じ業界人としてははずかしいかぎりなんですが…

なぜこのような話をするか、私には関係ないわとおもうかもしれません。ですが考えてみてください。もしあなたが、お家を買おうと考えた時、応対する社員が、こんなことはあたりまで、自己利益を最優先に追求する営業マンだったらどうですか?あなたのことより、会社と自分の利益を最優先に行動する営業マンに依頼することになります。

とびこみの営業マンの多くは、第一声の挨拶に反応すれば、間髪入れず一方的に話し始めます。こちらが忙しくしていようが、あいての状況などは、おかまいなしです。

こんなことを、個人のお客様にもしていたら、不動産営業はお客様にとっては迷惑な存在でしかないだろうなぁと思ってしまいます。

まとめ

みなさんが不動産会社に不信感を持たれるのはこの営業スタイルだけでも、よくわかります。じっさいにお客様目線ではない自己中心的な営業マンの多さに驚かされます。では、不動産会社の体質を見極める方法をひとつご紹介します。担当の営業マンとみなさんが会話をしているときに、みなさんの意見や内容に誠実に回答をしてくれる営業マンを見つけてください。

不動産の営業マンは、みなさんのお話を聞きながし自分のペースで会話をすすめていく営業マンがほとんどです。ひどい営業マンに出合うと会話が成立していないと感じることがあるくらいです。みなさんが勘違いをするケースでよくあるのが、不動産会社に電話をすると対応に疑問をかんじることがあるけれど、私の担当者は良い人と思われる方がいます。良い担当者は良い会社にしか居ないと考えてください。このブログをお読みいただき、スムーズな不動産取引ができる不動産会社を選ばれることを期待しています。

えらそうに書きましたが、社員にこっそり書かれた、わたしの飛び込み営業被害未遂事件のブログもあるので、お時間ある方は見てみてください(笑)不動産の営業マンにひっかかったわけじゃありませんよ!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村
プロフィール
アバター

代々木にある不動産会社株式会社ゼフィールのスタッフが思い思いに書いているブログです。社長ももちろん書いています!基本まじめな書きものは社長です、おそらく文字の空気でこれそうだ~とわかります‥We Love YOYOGI♡現在【代々木ランチ】に力こめてます♪いやもはや全力投球?ぜひ読んでみてください☆

株式会社ゼフィールをフォローする
成功する不動産投資マニュアル
株式会社ゼフィールをフォローする
不動産関係の裏話や、初心者向けに不動産投資成功方法をわかりやすく書いています