~実録~不動産の査定価格の決め方!

みなさんが土地やビルなどの不動産を売るとき、最初にはじめることは、不動産の値段を調べることだと思います。そのためには、不動産会社に不動産の価格を査定してもらいます。この査定価格が持ち主の思わくに沿う形で、不動産会社が大きく変えることがあります。今回は、離婚のために処分する不動産の査定価格が、夫婦が別々の不動産会社に査定を依頼したところ数千万円の価格差がある査定書が各々の不動産会社から裁判所に提出されました。あまりに価格差が開きすぎているために弁護士も不動産の価格を判断に困り、当社に査定依頼してきたケースをご紹介します。不動産の査定価格は、不動産会社の思わくで依頼者の希望を想定して高く出すことができます。みなさんが、不動産を売るときの価格査定では、周辺の売買事例などを基に査定価格を説明する不動産会社に不動産の売却は依頼しましょう。

不動産の売却査定価格は信頼できる?

当社は、不動産価格の査定をいろいろな方から相談されます。どこの不動産会社に査定をたのんでも同じような価格になると思っていませんか?じつは査定価格におおきな開きがおきることがあります。不動産の売却を予定している方は、高く売りたい気持ちがあります。高い査定価格を出した不動産会社は、提示した価格で売却する自信があると考える方がいますが、それは違います。では、なぜ高い査定価格を提示するのでしょうか。それはみなさんから不動産の売却をまかせてもらうためです。売却の依頼を受けたあとに時間をかけて販売価格の値下げ交渉していけばいいからです。みなさんは、この手法に乗るのではなく、査定書から誠実な不動産会社を見きわめてください。

不動産査定金額の大きな開きは、こんなところでも!

当社に不動産の査定を依頼する方の中には、弁護士法人もいます。先日の査定依頼では、離婚の財産分与で双方が依頼した不動産会社の査定金額の価格差に数千万円の大きなひらきがあり、実際の相場価格に近い査定金額がどちらかを判断するために弁護士が当社に不動産の査定を依頼してきました。

離婚する夫婦では、不動産を分け与えるひとからすれば、不動産を高く評価してもらえれば、その他の財産を多く手元に残せます。 今回のケースでは、双方の弁護士にだされた不動産価格の評価が、かけ離れているためにご夫婦の財産をわける協議が合意できる余地があるのかを判断する資料として、弁護士が当社に不動産の査定を依頼したわけです。今回のケースでは、裁判所に提出される不動産の査定金額でさえも思惑から不動産価格におおきな差がおきたのです。

掲載できる範囲の弁護士から私へのご相談メールです。

まとめ

不動産を売却するご予定の方は不動産業者の思惑に惑わされないよう、お客様の高く売却したいという心理を利用して、意図的に高い査定価格を提示する不動産会社にご注意してください。周辺の販売資料等に基づいた、客観的な不動産価格の査定をする不動産業者に物件のご売却をおまかせすることをおすすめします。もしみなさんが不動産の販売を高い価格で開始したいときには、適正価格で査定した不動産会社とご相談しながら、希望価格からの不動産の販売を開始するのが良い方法です。みなさんは、このブログ記事を読み誠実な不動産会社選びのために不動産の査定書をご活用ください。みなさんが不動産を高く売却できることを楽しみにしています。

不動産売却に関するご不安解消のための無料相談を受付中

📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています 。

ランキングに参加しています。良かったらポチッと応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村