不動産を売るときの注意点

不動産売却の一括査定を利用するとき高額の査定価格で判断する注意点!

不動産売却査定

不動産売却の一括査定を利用するとき高額の査定価格で判断する注意点!

みなさんの中で不動産のご売却を考えたことがあるかたは、不動産の売却一括査定の広告を見たことがあるかたも多いと思います。大手不動産会社やフランチャイズ加盟店など色々な不動産会社が物件の査定を無料でしてくれます。みなさんが一括売却査定をいらいしたとき高い査定価格を出してくれた会社に売るのをたのみたくなりますよね。でも、まってください!みなさんは、”売却不動産の一括無料査定”などの査定価格、営業手法として、意図的に高い査定価格を提示する不動産会社があるので、逆にみなさんが会社の体質を判断する査定書としても活用してしまいましょう

不動産の査定価格に隠された怖い本音!

ネットで不動産の一括査定をいらいすると、各社から売却予想価格が知らされます。各社の査定額が出そろいました。よし、1番高い査定額を提示した会社は、提示額で売る自信があるのだろう。その会社に決めよう!みなさんの中で、そう考えたひとは不動産会社の営業テクニックに乗ってしまっているかも。残念。不動産のご売却の依頼を勝ち取る事だけを目的にしている不動産会社ほど、提示した価格で売却する自信など無くても平気で、最も高い価格を予想して、高い査定価格を提示してきます。不動産会社は、みなさんから不動産の売却を頼まれることだけに焦点をあて、高い売却予想の価格を言ってくる傾向が強いです。売却の依頼さえ勝ち取ることができれば、実際には査定価格で売却する事が出来なくても不動産会社は特に問題はないのです。あとは時間という道具を使い、みなさんが売れない現実に直面することで、今後どの様に判断をしていくのか様子をみているだけです。 不動産会社の隠された怖い本音は、みなさんが売れない状況に納得して、価格を下げる状態になる事を待てだけでよいのです。

不動産営業マンの営業トークは冷静に聞いてみよう!

みなさんが所有する不動産をなるべく高く売却したい気持ちは、不動産営業マンにはおりこみ済みです。 みなさんが物件を高く売りたいのは当たり前です。だからといって高い査定金額を意図的に提示する不動産会社をあなたは信頼できますか?? なぜ、査定価格が高いのかを営業マンに聞いてみると、よくあるケースとして営業マンの口からこんな言葉を聞くことが多いです。この言葉がでたら要注意です。

・「その地域は人気がある」とか

・ 「物件が少ないから今なら高く売れる」など

営業マンが経験を伝える形ををよそおいながら、じつはその場しのぎの主観的な考えを語ることがあります。依頼者の気持ちに寄り添うような会話をしながら査定額を高くしてくる会社には逆に注意が必要です。不動産会社が出す査定額は売却に自信のある価格と言うより、売ることの依頼が取れる=売主の満足する売却価格を考えて出される事が多いのがこの業界です。営業マンが根拠のない説明をしたときには注意して聞いてください。

不動産の査定価格はこんなに違うことも⁉

不動産を査定する価格に思わくが込められて作成されたときには、実際に裁判所に提出された不動産の査定価格でさえも大きな価格の開きがおこります。お互いに論拠を説明した書類が提出されているために弁護士もどちらの査定額が実勢価格に近いのかわからず、苦慮した結果当社に再び第三者の立場で客観的な査定を要求する事すらあるのです。

詳しくは こちら

参考一括不動産査定サイトのデメリット。高い査定額という営業手法!

一括不動産査定サイトのデメリット。高い査定額という営業手法! 家をただ単に売りたいだけなら一括サイトは便利です!でもあなたの家を”高く”売りたいなら一括サイトには要注意です!つまり高い査定価格を、形だ ...

続きを見る

一括売却査定から不動産会社の選び方!

当然のことですが、どこの不動産会社が調べてもみなさんがお持ちの不動産の周辺で販売された事例や成約した事例の価格が異なる事などありません。みなさんが不動産の売却を考えた時、調べなければならない基本的なことがあります。それは、査定のいらいを受けた不動産周辺の不動産価格です。みなさんの思い込みのひとつに不動産の査定した価格が高い不動産会社は、提示した価格で売却する自信があるのだろうと考えてしまうことです。みなさんのおきもちで多いのが、複数の不動産会社の査定の中から最終的に”高い査定額を提示した不動産会社”に売却の依頼をするケースが殆どです。みなさんが不動産会社を選ぶときの基準は、査定の価格が高い・だけではなく、みなさんがお持ちの不動産と条件が近い売り物件や過去に周辺で成約された事例を基に正確な査定をしている不動産会社を選んでください。正確な情報を伝えようとする不動会社を判断する資料としても査定書を活用することができます。

まとめ

最後に少し不動産会社の事情も説明させてもらいます。査定のご依頼が入れば、不動産会社の営業マンは時間と経費をかけて調べなければなりません。会社も一括査定をネットから依頼を受けるためにネット起業に経費をかけているため、査定の依頼から売却の依頼がとれない営業マンは叱られたり、次回の査定から担当を外されたりします。この状況をさけたい営業マンが、高い査定価格を提示するケースもまります。

高い査定価格から不動産会社の体質や本音をかいまみることがあります。高い査定価格もひとつの参考価格として、高い価格で販売努力してくれる誠実な不動産会社に売却の依頼をすることができれば、きっとご満足される不動産の売却につながる可能性が高まります。不動産会社を選ぶときには、不動産の査定価格だけにとらわれず、全体をみながら不動産会社を判断する方法もありかもと頭の片隅に入れて頂ければ、また違う判断材料がみえてくるかもしれませんよ。

※こちらの記事では、私の不動産業者としての知見や経験をご紹介しています。不動産の売却依頼先を決めるのは、自己判断と自己責任でおこないください。

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

不動産売却
参考高齢の親御さんが所有する不動産売却のご相談が増えています

高齢の親御さんが所有する不動産売却のご相談が増えています。 最近は、家や土地の所有者が高齢になり、ご家族が心配されて不動産売却のご相談に来られます。私のところに相談に来られる主なケースは2つ。その2つ ...

続きを見る

 

 

 

  • この記事を書いた人

㈱ゼフィールCEO

不動産業界を見つめて35年以上。この積み重ねた実績と、経験が不動産投資で迷える誰かの役に立てばと思って、ブログを書いています。 解らない事や、疑問、質問はお気軽にメッセージを送っていただけると嬉しいです。無料LINE相談にも直接お応えしております。※BLOG内一部スタッフブログを含みます。

-不動産を売るときの注意点
-

© 2021 株式会社ゼフィール