土地を売るときに前面の道路の種類で価値が変わる?

みなさんがお持ちの土地の前ある道路の種類です。見た目は同じでも道路には種類があります。建築基準法で道路とみとめられている道路であれば、2m以上面している土地には家がたてられます。道路の幅や舗装の有無ではわかりません。反対に建築基準法で認められてない道路とは?

・水路

・高速道路

・一見道路のような通路というものもあります。

道路の種類は見た目では、判断できないので、不動産業者も区役所に確認に行きます。道路の種類で資産価値は大きく変わりますので、みなさんがお持ちの不動産が面する道路は、一度調べた方が良いかもしれませんよ。

前面道路が建築基準法でみとめられていない場合の道路を詳しく知るには

道路で資産価値が変わる!道路に見えてるけど道路じゃないって何?
不動産で大切なポイントのひとつに道路があります。 建築の法律では、道路は基本4m以上の幅になります。 昭和25年以前から使われている道路の場合には、道路幅を4mにする事を目的に中心から2m道路を後退して建物を建築すること...

 

お問い合わせフォーム・無料相談はこちらから←クリックするとお問合せページにとびます。📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています。

ランキングに参加しています。良かったらポチッと応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村