富士五湖周辺で人気のリゾートマンション アドラー・ホルスト山中湖

最近の猛暑は厳しく35度を超える日が続くことがありますね。そんな猛暑が続く夏には、高齢のご夫婦が避暑地で過ごすことができたら理想的です。そんな想像を現実にするリゾートマンションのお話です。

夏休みやお盆休みなどピーク時にはホテルの宿泊料金が最も高い価格設定になっており、子育て世代は休日が増えても連泊などは厳しいのが現実です。お仕事をリタイアされた方におすすめする富士五胡のリゾートマンションでお孫さんに夏休みにご家族みなさんに囲まれて、楽しい夏の思い出作りをしませんか。

私がこのアドラーホルスト山中湖というマンションをおすすめする理由は、特徴的なホテル仕様の分譲リゾートマンションだからです。内廊下の建物内をお部屋に向かう間はクラッシック音楽が流れています。ロビーの様な吹き抜けのエントランスはホテルを想像させる豪華さで、非日常を感じさせてくれます。エントランス前の石畳では、3箇所の噴水とオブジェがオーナーを出迎えてくれます。

平成20年の大規模修繕により共有スペースも充実した設備が整っています。シアタールーム・ジャグジー・レンタサイクル・ランドリールーム・ビリヤード・フィットネスルーム・大型キッチンスペース等若者にも人気の共有スペースになっています。

山中湖畔のサイクリングロード

山中湖は水陸両用のKABA BUSやカヌー体験・白鳥観察に魚釣りなど四季折々にご家族で楽しめるスポットが沢山あります。山中湖文学の森公園では図書館などの文化施設と季節ごとの山野草が咲き自然観察や野鳥観察ができます。お天気次第ですがピクニック広場までハイキングして、ご家族でお弁当を食べることもできます。

少し足を延せば富士急ハイランドや御殿場のアウトレット、峠を超えれば箱根までも近場(約48㌔)のドライブ圏内になります。

マンションで気になるのが、管理費と修繕積立金ですね。65.15㎡(19.7坪)タイプのお部屋で、管理費17,300円・修繕積立金6,280円になります。山中湖は借地権の別荘地が多く、管理された別荘地の地代と管理費を計算するとマンション管理費が割安に感じます。

自家用車なら都心から東名高速で御殿場経由でも中央高速から東富士五湖道路山中湖インター経由のどちらも利用可能です。首都高4号新宿線の初台インターからの距離は約108㌔・所要時間は1時間25分位で別荘へ到着です。

間取り図面:A棟2階部分(反転タイプ)

表示図面を反転したA棟2階部分65.15㎡(壁芯面積)の大型1LDKと約20㎡のテラスがあります。

テラスから山中湖を遠望することができ、非日常を感じる空間でご家族の大切なお時間を共有していただけたらと思い、今回当社が購入した、こちらのお部屋の売却を決めました。

おかげさまで、ご成約いたしました。

関連記事

設立当時から独自性を歩む不動産会社
独自な不動産会社の内容を解説します
不動産会社の選び方
利益だけを目的にする不動産会社は、特に知名度が高い地域や駅前で営業活動をする傾向があります。今回のブログ記事は、こっそりお話するような内容になってしまいましたが、このブログ読んでいただいたみなさんは、不動産会社の見かけにだまされないでください。
はじめての不動産売買でも不動産会社に騙されないためのブログ!
はじめての不動産売買でもトラブルに巻き込まれない誠実な不動産会社の選び方を解説。
不動産会社に不安を感じたら物件購入はやめておきましょう
みなさんが不動産を購入するときには、不安を残したままの契約はやめておきましょう。