不動産広告1枚でここまでわかる。不動産会社の体質が真っ黒なこと。

コロナの影響で、住み替えや買い替えの方増えてます!このマンション限定で探しています!と言われたら、おー!?そうなの?と素直に思ってみたり、あるいはもし万が一、売る時が来ても人気があるんじゃ安心だなぁ~なんて思ったことはありませんか?なんか需要があると褒められたみたいで、ちょっと嬉しくなってみたり!ここ買ってよかったなぁと気持ちが明るくなる!

でもこのチラシは、そこにお住まいの方の気持ちを明るくさせる為に投函されているわけではありません。ポストにはいってくる、「このマンション限定で当社のお客様が探しています」とか「この地域限定で30坪から50坪の一戸建てを当社のお客様が探しています」という、それっぽい内容の広告。広告主を見ると誰もが知っている大企業…でも、この手の不動産チラシは、ほぼウソのおとり広告なのです。

今は紙ベースでのチラシは少なくなりましたが、こういった嘘の広告がまかり通ってしまうほどの、不動産業界。チラシがなくなったとはいえ本質が変わったわけではありません。

不動産会社の中には本当に、心底がっかりするような企業や、不動産営業マンも存在します。そのような不動産屋さんにひっかからないように、この広告の内容から不動産やさんの本質の見抜き方、選び方を書いていきたいと思います。

不動産の広告のウソ。あなたの家にも勧誘チラシがあるかも

この地域の物件募集!ここのマンション限定でお部屋探しています!というチラシだけみると、おっ、この辺で家を探してる人いるんだ!とかうちのマンション人気あるんだなぁなんて思ってしまいがちなのですが…

この手の広告では実際には存在しない購入予定者を載せており、広告内容の改善を、実際監督官庁から指摘をされていた大手不動産会社もありました。

この広告は嘘ではありましたが、効果は抜群!自宅売却のお問い合わせを数多くもらえ、この広告手法を長期間継続して営業していました。

不動産広告の嘘は何を意味するか。嘘の中にさらなる闇が…

あなたの地域で今まさに家を探している人がいる!だからチラシを入れています!と装っているだけでも、その会社がどういった会社なのか、企業体質を疑ってしまいますよね。

まぁでもそのチラシの部分については、嘘のチラシ。必死の集客方法ということで完結できたとしましょう。ですがその嘘の中にはもっと許しがたい事実が隠されていたとしたらどうでしょうか。

私が広告をみて疑問に思ったこと。それはその嘘のチラシを信じた人が、自宅を売りに来たとします。もちろん、チラシを見てきてきますから、そこの不動産会社にいけば、自分のエリアで家を買いたいと思っている人がいるんだと、思い込んでくるわけです。

でもそのチラシは嘘なのですから、実際には買いたい人は本当は存在しないはず。

じゃあ不動産会社は一体、大切なお客様の自宅をどこの誰に売っているの?

恐ろしい不動産会社の実態。騙されては損してしまいます。

おさらいしますと、不動産屋さんが、自宅を売ってくれる人を探す広告を打ちます。

その時には、架空の購入希望者を作り上げ、広告に買いたい人が今いることをアピールしています。

実際に、自宅を売ってもいいという人が現れます。

不動産屋さんは、今度は架空ではなく、本当にその地域で家を買う人を探さなければならないはず…

ですが、不動産屋さんが、その家を買ってくれる人を探している様子が感じられないのです。家を買う人を探すには、今度は販売物件として、○○3丁目の物件です!3000万円です!とかそんな感じで、広告なりなんなりとで、買ってくれる人を探すために販売活動をするはずなんですよね。

それが無い…なぜ?

依頼を受けた物件はだれに売っているんだろう…これが最大の疑問でした。

あなたの大切な家が安く業者に買われてしまう。

種明かしをしますと、不動産屋さんは個人に対して販売活動をしないことがあります。家を売ることを頼んできた人が、まだ売れないのかと、しびれをきらして売れるのを待てなくまるまで待ちます。

そしていよいよ、早く売ってくれないと困る、とか今売ってお金が必要だとか、ご自宅の持ち主が待てなくなるまで時期を見ています。そして待てなくなった時期をみはからって、業者に安く叩き売ってしまっているのです。業者に売るよりも当然個人のお客様に買ってもらったほうが、ご自宅を売る側としては高く買ってもらえるのでその方が良いのです。にもかかわず、販売活動もあまりせず業者に買わせてしまうのです。これはあまりにひどいと思いませんか?

ただ単に、おとり広告ならまだしも、その広告によってさらに自分の大切な家が、本来売れるかもしれない金額よりも安く叩き売られると知ったら、、もう許せることではありませんよね。

不動産屋さんの嘘の奥に隠れたお客様への裏切り。

この事実になぜ気が付いたかというと、業界ならではの事情でした。

”最近あそこの不動産会社からよく土地を購入させてもらってるよ!”

と多くの不動産業者さんから聞くようになったのです。そのはなしで、すぐにピントきました。ああ、こういうことかと。

あの広告であずかったお客様の家や土地は、安く不動産買取業者に売ってしまっているんだなと。

不動産やは売主が売れずに困り、業者の買取価格になるまで待ち、最後に価格をたたく!

買いたいと言っている人が本当にいれば、すぐに売れてあたりまえです。買いたい人がいることを信じて、不動産やの門をたたいたのに、すべてはうそで、あげく値下げして不動産買取業者に売却されてしまえば、ウソにはめられたうえに、さらに大きな損をしたことになります。単なる嘘やおとり広告でしでも許しがたいですが、ここまでくると同業でも唖然としてしまいます。。

自宅を中古販売に出すつもりが、土地として売ることをすすめられた

数年前にリフォームをしたばかり、中古ではあるが、まだまだ住める家。であれば当然、そのまま中古の戸建てとして売り出したいと思うのが自然ですよね。

リフォームした建物ですし、そもそも中古の戸建てと、土地で売るのでは価格も全然変わってきます。

ある不動産会社では、建物がまだ使える状態にもかかわらず、ご自宅の売却を考えているお客様に、売り地で販売することをすすめていました。

これも私は疑問に思いました。さっそく知り合いの不動産会社に聞いてみた答えがこうでした。

不動産の仲介業者の新サービスで、建物瑕疵の一部を数か月間、一定金額まで負担しますよ!というサービスをたちあげたそうです。

建物の瑕疵とは、見えない欠陥のようなものだと考えて下さい。

特に中古の場合は住んでみないとわからないような不具合が隠れている場合があります。例えば、買うときにはわかりにくい雨漏りや、屋根や柱、梁などの腐食、排水管などの不具合などですね。

一般的には、中古の家を売った時は3か月程度は、こういった不具合の修理費は、売った側が負うと決められていることが多いです。

ですがそういった不具合がおきても、決められた期間で、一定金額まで負担しますよというサービスを不動産会社で始めたんだそうです。

これだけ聞いたら良いサービスだなと思うのですが。。

だから、このサービスを使いたくないから、中古ではなく、なるべく土地で売ってもらうようにしてるんですよ!・・・って

それって本末転倒…ていうかもう言葉を失いました。

家を売ったり、買ったりすることは、人生に2度も3度もあることはめったにありません。ですから、不動産屋さんに、こうしたほうがいいとか、更地じゃなきゃ売れませんよとか、言われると、そうなんだと思ってしまうんです。一般的になじみのない不動産のことだからこそ、プロが的確にサポートをすべきなのに、サポートどころか、自分の利益のみですからね、これも悲しい話です。

※コロナ不況でも家を高くうるには?別記事でご紹介中!

※狭い土地を高く売る方法をご紹介!

まとめ

今回はたった一枚のチラシから読み取れる、不動産会社の体質をご紹介しました。チラシに書かれた嘘などほんの序の口で、本質的な問題が隠されていることを、わずかでも感じていただけたかなと思います。たしかに、すべての不動産屋さんが不誠実で利益追求のみではありません。誠実な不動産会社もたくさんあります。ですがわたしたちは、つい不動産会社の規模や知名度に信用と信頼を置いてしまう傾向があります。それが、いけないんだというつもりはありません、ですが、名前だけでなく、実際に会った営業マンや、会社の印象も冷静に見極めて欲しいと思っています。

不動産業界に35年以上いるちわかりますが、不動産会社のじょうしきは、自社の都合による、自社利益の最大化が最終目的なんです。

私はこれはずっと違うと思っています。でもなかなか変わらない。せめて自分だけは誠実にお客様に向き合おうとおもってコツコツとやってきております。皆様もぜひご自身の目で必要な時がきましたら、ご自身の為に誠実な不動産会社を選んでくださいね!

※不動産会社の見極め方については別記事でもご紹介しています。

プロフィール

私は、不動産業界で売買専門に35年以上の経験とネットワークがあるため、不動産会社の経営者や営業マンなど多くの方々と親しくさせて頂いています。このブログでは、みなさんの利益を最大化するために不動産業界の内側から見た現場の状況や商習慣、問題なども記事にして紹介しています。みなさんも不動産に関するご不安がありましたら無料で相談に対応していますので、下記の相談窓口からご連絡ください。

不動産売却の不安を解消するための無料相談を受付中

お問い合わせフォーム・無料相談はこちらから←クリックするとお問合せページにとびます。

📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています。

ランキングに参加しています。良かったらポチッと応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村