弁護士までも迷わせる、適当な不動産査定。いい加減な査定にまどわされないで!

弁護士から依頼された、不動産査定のおはなしです。一般的に不動産を売却する時には、物件価格の査定を不動産会社にしてもらいます。不動産の査定価格は、周辺の売買事例などを参考に、”客観的”な査定価格が提示されます。

しかし不動産会社の思惑で、その査定価格に大きな差がでることもあります。本来査定価格とは、売買事例などを基にした、所有する不動産が現実的にに売却できる可能性の高い価格のことです。

弁護士からの依頼

知り合いの弁護士から、離婚案件を扱っているという話がありました。そこで提出された双方の不動産査定金額があまりに乖離して困っているとのこと。財産分与の協議が決裂するか、歩み寄りの合意ができるかの判断以前の問題だとのことでした。※詳しくは別記事でもご紹介しています。

裁判所に提出される大切な資料の1つの査定書であっても、不動産の査定価格でも思惑と資料の構成で価格差が大きく生じることが有ります。

このように当社は、不動産価格の査定をいろいろな方から相談されます。どこの不動産会社に査定をたのんでも同じような価格になると思っていませんか?

査定価格は大きく差がある事もある!

査定価格におおきな開きがおきることは頻繁にあります。不動産の売却を予定している方は、高く売りたい気持ちがあります。

高い査定価格を出した不動産会社は、提示した価格で売却する自信があると考える方がいますがそれは違います。では、なぜ高い査定価格を提示するのでしょうか。それは不動産の売却をまかせてもらうためです。売却の依頼を受けたあとに時間をかけて販売価格の値下げ交渉していけばいいからです。

※詳しくは別記事でも書いています。

不動産の査定評価はむずかしい

不動産の実勢価格の評価はむずかしいものです。不動産には定価というものが無いので、実際の価値は売却してみないとわからないと言うのが正直なはなしなのです。

特に離婚で財産を分与ひとからすれば、不動産を高く評価してもらえれば、その他の財産を分与する必要が減ります。一方で、財産を分与される側の立場の人としては、不動産の価格を低く評価してもらうことで、他の財産をもっと多く分与してもらう可能性がでてくるわけです。

ご夫婦間の財産分与において不動産の査定価格は、とても大きな影響をあたえます。客観的な売買事例などを基に適正価格の査定をする当社に依頼が多いのはこんなわけです。

質の悪い不動産業者もいる

自社の利益のために意図的に高い価格で査定書を作成する不動産業者がいるのは残念ながら事実です。す。

不動産を売却するご予定の方は不動産業者の思惑に惑わされず、お客様の高く売却したいという心理につけこみ、意図的に高い販売価格を提示してくる会社にはご注意してください。

販売資料等に基づいた客観的な価格の査定をする不動産会社に物件のご売却をおまかせすることをおすすめしています。もし、みなさんが不動産の販売を高い価格で開始したいときには、適正価格会社で査定した不動産会社とご相談しながら高い価格から不動産の販売を開始するのが良い方法です。

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

良かったら応援よろしくお願いします!

 

プロフィール
アバター

代々木にある不動産会社株式会社ゼフィールのスタッフが思い思いに書いているブログです。社長ももちろん書いています!基本まじめな書きものは社長です、おそらく文字の空気でこれそうだ~とわかります‥We Love YOYOGI♡現在【代々木ランチ】に力こめてます♪いやもはや全力投球?ぜひ読んでみてください☆

株式会社ゼフィールをフォローする
不動産ネタ
株式会社ゼフィールをフォローする
不動産関係の裏話や、初心者向けに不動産投資成功方法をわかりやすく書いています