不動産会社選びのポイント

不動産売却におすすめの会社の選び方・不動産会社の選び方と注意点!

不動産売却におすすめの会社の選び方、不動産会社の選び方と注意点

あなたが、はじめて家を売ろうと考えているとき、「なにからはじめていいのかわからない」ことが多いとおもいます。はじめにわたしがお伝えしたいことは、不動産の売却で1番大切なことは、不動産会社選びになります。人生でなんども経験することのない不動産の売却を成功させるには、パートナーとなる不動産会社選びは非常に大切な判断になります。不動産売却では、どのような不動産会社を選ぶことで、あなたが成功するのかをわたしの経験からご紹介していきます。最後に不動産会社を選ぶときの注意点もご紹介していきます。

どのような不動産会社がおすすめなのか

・誠実な不動産会社
・販売力のある不動産会社

この2つが、不動産売却では最重要なポイントになります。なんだ簡単な内容だとあなたは思われるかもしれませんが、プロの営業マンを相手に見きわめるのは、むずかしいのが現実です。じつはこの2つ、不動産の営業マンなら相反する側面があることをすぐに感じるポイントです。不動産売買で販売力のある会社とは、他社との販売競争に負けない営業力を持つ会社になります。会社の規模には関係なく、営業マンには目標成績があり、達成するためにあなたの不動産を「囲い込み」という手法で効率よく手数料増やそうとしたり、あなたが売却一括査定を利用すれば意図的に高い査定額を提示して、売却の依頼を受けようとします。はじめて家を売るあなたが、このような不誠実な会社を見きわめて、販売力のある不動産会社を探して、家の売却を成功させるために必要なポイントを説明します。

誠実な不動産会社を見きわめる方法

あなたが最初にはじめることは、不動産会社に家の査定額を算出してもらうことになります。売却一括査定を利用すれば複数の不動産会社に査定の依頼を無料ですることができます。同時に、あなたは売却する家の周辺相場をしらべておいてください。一括査定を依頼された不動産会社からあなたに家の査定価格が提示されます。ここで多くの査定依頼者が、高い査定額に依頼をすることを営業マンは経験しているので、いろいろな査定理由をともに高い査定額を競って提出してくることがおおいです。そこで、あなたが調べた家の周辺相場との価格差を添付されている参考資料と共に冷静に比較判断してください。価格差が少ない不動産会社の担当営業マンを第一候補にすることをおすすめします。そして、一括売却査定に登録されていない会社で、不動産売買に慣れている不動産会社にも同時並行で査定の依頼をおすすめします。不動産売買に慣れている不動産会社を探すのに労力が必要ですが、人生で何回もすることではないので、ちょっとがんばってください。そして、一括売却査定であなたが選んだ会社と別に不動産売買になれていそうな不動産会社、複数社からあなたが調べた周辺相場に近く、いちばん納得できる査定方法の根拠を説明してくれた不動産会社を選び、最終的に売却依頼することをおすすめします。

販売力のある不動産会社を見きわめる方法

販売力のある不動産会社を見きわめるには、あなたは不動産会社の専門性を判断しなければなりません。不動産会社の主な業務には、「不動産売買」・「不動産の賃貸」・「不動産管理」があります。あなたが駅前で貼り紙やアパートなどを斡旋している不動産会社は、賃貸の仲介をしていたり、大家さんのアパートを管理している業者になります。この地元や駅前に多い不動産会社は、賃貸業が主な業務になるので、あなたが家を売却するのに適している会社は、「不動産売買」の仲介販売をしている不動産会社になります。「不動産売買」を業とする不動産会社には、家を仲介する会社と買取転売をする会社が含まれます。あなたが選ぶ不動産会社は、家を売買仲介することを主な業務にしている会社になります。不動産売買に慣れている会社を選ぶことで、物件の調査⇒家の販売⇒家の重要事項説明⇒家の契約⇒家の引渡しまでをスムーズに行うことができます。また、あなたの家を販売する営業力のある仲介会社は、購入者を探すことで他社に依存することがありませんので、利益相反に感じるかもしれませんが、お客様の家の購入や売却を分けることなく、どちらの仲介も取りあつかっています。

あなたが不動産売買の仲介を主な業務にしている会社を判断するには、はじめに不動産会社のホームページをしらべてください。ホームページで見分けるときの特徴は、売買仲介だけの物件を紹介している会社や賃貸物件は少し掲載している程度の会社が多いです。掲載されている物件の紹介ページに記載されている取引態様に売主と書いてある場合には、不動産の買取会社のホームページになりますので、取引態様に仲介とかいているのを確認するで判断することもできます。会社のホームページには、お客様の声も紹介されているので、販売の実績を確認することができます。また、不動産会社のホームページに売買・賃貸・管理のすべてを表記している会社の場合には、不動産投資を主な業務にしている会社や賃貸・管理業を主な業務にしている会社が多いので注意してくださいね。また、不動産会社の評判や口コミなども会社名をインターネットで検索することで確認できることがありますので、そちらもご参考にしてください。口コミをご参考にするときには、低評価の意見からご確認ください。高評価は、自作や業者が評価をしていることがあります。モンスターが低評価を付けることもありますが、低評価が多くある場合には、参考になる意見が書き込まれていることがあります。

不動産会社選びの注意点

あなたが家の売却を依頼する不動産会社を決めると売却の媒介契約をすることになります。この契約は、3種類の契約内容があり、一般媒介契約に期限はありませんが、ほかの2つの契約では期限が3ヶ月までと決められているため、一般的に3ヶ月の期間で結ばれます。3種類の契約内容があなたにあたえるメリット・デメリットも説明しますので、不動産会社と媒介契約の種類は注意して選びましょう。

・一般媒介契約・・・・・複数の業者と契約が可能(活動報告義務なし)・・・レインズ登録どちらでも可能
・専任媒介契約・・・・・1社との契約(2週間に1回以上の活動報告)・・・レインズ登録は、媒介契約日7日以内
・専属専任媒介契約・・・1社との契約(1週間に1回以上の活動報告)・・・レインズ登録は、媒介契約日5日以内

※レインズとは、不動産流通機構が運営しているネットワークシステムで、不動産会社がレインズに家を登録することで全国の不動産会社に登録した物件が公開されます。

あなたが家の売却をいらいする不動産会社を決めたとき、複数の会社に依頼をするときには「一般媒介契約」を結ぶことになります。あなたにとって「一般媒介契約」のメリットは、特定の1社と契約するわけではないので、さらに良い会社があれば依頼先の不動産会社を増やしていくこともできます。デメリットとしては、不動産会社は、広告作成中に他社に売却されてしまうリスクがあるために「一般媒介契約」した会社は、なるべく販促費のかからない営業活動をすることが多いです。

あなたが「専任媒介契約」や「専属専任媒介契約」を不動産会社と結ぶメリットは、販売力のある会社が契約期間内の売却を目標に販促費をかけて、あなたの家に営業マンが集中して営業する可能性が高まります。デメリットとしては、あなたの依頼した不動産会社が不誠実な会社の場合、囲い込みをされてしまうリスクがあります。

わたしが住宅の販売会社に在籍した経験では、販売力のある不動産会社は、家を売却するための販促費もかけていますので、営業マンにもノルマが課せられています。営業マンたちは、ノルマ達成を目標に自社が取り扱う家を最優先に販売活動をおこない、他社がいらいされている家の販売に営業力をそそぐことはありません。

あなたが「専任媒介契約」か「専属専任媒介契約」を結ぶことで囲い込みされてしまう不安が起こります。そのときにひとつ判断方法としては、営業マンの対応でわかることがあります。営業マンが、「専任媒介契約」か「専属専任媒介契約」だけを強く要求してきたり、会社の都合をあなたに主張する場合には注意が必要です。囲い込みの行為も不動産会社や営業マンの都合で行われる行為です。営業マンの対応には注意深く、意識して接してください。

あなたが家の売却で成功するポイントは、不動産会社の規模や高い査定額できめるのではなく、「誠実な不動産会社」を探して、「売買を得意とする販売力のある会社」に依頼することが大切です。あなたが売却を依頼する会社を決めて、媒介契約の種類で悩んだ時には、営業担当者の対応から信頼度を判断することもできることを紹介してきました。

はじめて家を売却することでご不安な方は、今回の記事でご紹介した内容を参考に誠実な不動産業者をみつけて不動産売却を成功させてくださいね。

※こちらの記事では、私の不動産業者としての知見や経験をご紹介しています。家のご売却は、自己判断と自己責任でおこないください。

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

参考一括不動産査定サイトのデメリット。高い査定額という営業手法!

一括不動産査定サイトのデメリット。高い査定額という営業手法! 家をただ単に売りたいだけなら一括サイトは便利です!でもあなたの家を”高く”売りたいなら一括サイトには要注意です!つまり高い査定価格を、形だ ...

続きを見る

参考不動産売却が不安な人は、あなたの立場で対応する不動産会社を選ぼう

不動産売却が不安な人は、あなたの立場で対応する不動産会社を選ぼう あなたが、はじめて不動産を売却するときには、知らないことだらけで不安になるのが当然です。不動産のことを考えはじめると不安であたまがいっ ...

続きを見る

参考不動産会社が露骨に思惑を表した不動産の査定価格におどろきの価格差

不動産会社が露骨に思惑を表した不動産の査定価格におどろきの価格差 今回は、私が実際に弁護士から相談されたケースをご紹介します。離婚のために不動産を売却して資産を分割することになりました。裁判所に提出さ ...

続きを見る

不動産の共有名義は避けよう
参考相続で不動産を複数で所有する…なるべく避けよう不動産の共有名義!

相続で不動産を複数で所有する…なるべく避けよう不動産の共有名義! 不動産を共有名義にするメリット・デメリット。 親が亡くなり、不動産を相続することがあります。この場合、親族間で相続した不動産を分割で所 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

シブログ

このブログは、家が売れずに困っている方がスムーズに売却できるように、また不動産投資のリスクを十分知ってもらえることで、購入物件や不動産業者の選択に失敗しないよう、不動産に関する色々なできごとを記事にしています。プロフィールとしては、不動産会社就職→独立起業→同時にスギ花粉計測器の開発→開発成功(官公庁に納入)→スギ花粉情報の配信→配信事業失敗→負債を本業の不動産で完済。普段は代々木でお客様から依頼された不動産の売買を取り扱う会社を営んでいます。【代々木ランチ】カテゴリーでは、地元の山手線代々木駅周辺で実際に食べたランチの感想をスタッフが記事にしています♪代々木でのランチ探しには、地元民が知る穴場情報がお役立ち☆【住まいの無料アドバイス】あなたの住まいに関する無料アドバイザーとして、わからないことや不安なことをわたしの経験を基に無料でアドバイスや情報提供しています。

-不動産会社選びのポイント

© 2021 代々木から送る不動産ブログ。