不動産会社の選び方

不動産売買や不動産投資を考えたとき、みなさんは何を基準に不動産会社を選びますか?地元の広告でよくみかける不動産会社や、大手の不動産会社であるという安心感から、顧客のために一生懸命営業をしてくれるだろうと期待をして選んでいませんか?

ちょっとまってください!不動産売買を依頼しようとする不動産会社は、あなたにとっては、よく聞く身近な大手企業でも、不動産会社側にとっては、あなたはたくさんのお問い合わせ客の中の1人にすぎません。そこの営業マンにとっても営業ノルマを達成するために必要な数人の内の1人です。

信用できる不動産会社をみつけ

では、信用できる不動産会社をみつける具体的な方法を考えたことがありますか?信用できる誠実で理想的な不動産会社を選ぶのは、実際にはとてもむずかしいものです。大手だから、有名だからというだけでは、誠実とは結びつかないのです。とはいえ、どうしても企業イメージや、営業マンと会話することで不動産会社をなんとなく信用して選びがちです。名前も知らない小さな不動産やさんに飛び込むことは勇気のいることも理解できます。しかし、数多く誠実な不動産会社がある訳ではないので、広く不動産会社に目を向けなければなりません。誠実な不動産会社を探し出すことができれば、不動産売買のトラブルにも巻き込まれなくなり、安心して不動産を買うことができる大切なおはなしです。

間違えた会社選びを解説

だれでも知っている大手不動産会社の営業マンは誠実?

答えはノーです。大手不動産会社=信用できる営業マンがいる、誠実な営業マンがいるとは限らないです。

まず大手の不動産会社の営業マンだから大丈夫と思いこまないでください。テレビでもみたことがある会社だから大丈夫と思わないでください。私の記憶では、かぼちゃの馬車もCMを流していた記憶があります。会社がいかに大きかろうが、有名であろうが、一等地に本社が建っていようが、会社の見た目にとらわれないでください。会社の経費が多ければ、担当者のノルマは高くなります。そのため会社の利益最優先の営業マンがみなさんの担当者になり、不誠実な対応をするのであれば意味がありません。

大切な不動産会社選びのポイントを解説

①担当営業マンの人柄を観察する。 誠実な人柄の営業マンを探しだしてください。

②誠実な営業マンに勤務年数をたずねる。

担当営業マンを探すときは、不動産会社の会社の規模に関わらず探してください。大切なのは会社の規模ではなく、人と会社の体質です。誠実な営業マンが長年勤めている不動産会社は、信用できる会社が多いです。

※ここでの注意点は、誠実にみえる営業マンがいることです。この営業マンは、不動産業界で長年営業をしていることで、みなさんから信用されやすい言葉を語りかけてきます。特にやっかいなのは、彼らはみなさんを信用させたあとに自分の都合で丸め込みながら都合良く契約させること考えています。

当社の物件を大手不動産会社が契約するときの条件がこれ⁇

当社が預かる中古一戸建てを大手不動産販売会社が売却したときに実際にあったお話しです。

当社(専任媒介)が売却依頼を受けている中古一戸建を販売していたところ、大手不動産販売会社のお客様から買付証明書をいただきました。価格交渉などは順調に進みましたが、大手不動産会社の営業マンが、とつぜん当社に買主様とは別の交渉をしてきました。

交渉内容は、不動産会社の本部へ成約報告するのに売主と買主双方から手数料をもらった形にしないと、この契約ができないというのです。そのために、こちらが売主様から当社が頂く予定の仲介手数料の一部を大手不動産会社に支払ってほしいと依頼してきました。

売主さまと買主さま 双方から手数料をもらわないと本部に報告しずらいので契約できないという、徹底したきびしいノルマで営業利益を管理する内部システムです。もちろん当社との交渉駆け引きではありません。

信用できる不動産会社をさがすためには、大手だけでなく、中小企業や街の不動産やさんも含めて注意深くそこの営業マンと接してみてください。大企業以外の街の不動産屋さんにも、あなたの立場にたって親身になってくれる営業マンは必ずいます。 営業マンとの会話からその人柄を観察してください。

そういった誠実な人が長く勤められる会社は、企業体質としても『利益だけが目的ではない誠実な不動産会社』と考えられます。誠実な営業マン目印に信用できる不動産会社を見つけることができれば、安心して最良の不動産取引を行うことができます。

誠実そうに見えるスゴ腕の自己中営業マンを見抜こう

みなさんが不動産売買や不動産投資を考えたとき、不動産会社に購入の相談をすれば担当者が紹介され物件ごとのメリットを親切に教えてもらえるでしょう。でも物件には必ず、メリットデメリットは存在します。たとえば住宅をさがすときに前面道路が狭いとき、デメリットに車が通りづらい面もあり、メリットには静かな住環境があります。息をはくように都合よく言葉を使い分けて担当者が売りたい物件を買いたくなるようにすすめていきます。不動産投資物件を探すみなさんを営業マンがねらうときには、みなさんの弱みを瞬時に見抜きます。たとえば、お客様の資金力がなく金融機関の融資次第なのか、資金は潤沢にあり建物の築年数よりも利回りを重視するのか、それともご家族に資産として残すために立地を最優先にするのかなどの購入条件の課題です。その最重要課題に対して、課題解決などすぐにできる物件と説明するぐらいは、販売力を持つといわれる営業マンならば、この程度の会話は自然にしています。みなさんは、知識レベルで専門家の不動産会社の営業マンには太刀打ちできないことが普通です。この手の営業マンでも必ずみなさんにたいしてウソがわかるミスをします。僅かなつじつま合わせです。みなさんは、『あれ?前回と説明がちがうぞ?』とか疑問に感じたら見過ごさず、注意深く色々な質問をしてみてください。疑問が増えて行くようならば、誠実な営業マンではなく信用できる不動産会社ではないかもしれません。その場合には、後戻りできない状況になる前に依頼先の不動産会社を変更することも考えた方が良いことがあります。

メリットだけではなく、将来的なリスクや、そのリスクにどうやって備えればよいかまで考えてアドバイスをくれる営業マンをえらんでいきましょう。

不動産投資は長期的な投資・購入後の運用も大切

不動産投資投資とは、安定的な家賃収入を得ることが成功のポイントです。

投資の初期だけは順調でも、数年後は赤字なる…それではまったく意味がありません。不動産投資は購入後の運用が大切だからです。 いまだけでなく10年後、あるいは20年後はどうかといった長期的な視点ではなしをしてくれるかも、ポイントになるでしょう。

信託銀行に資産整理相談したお客様の実例

不動産を相続したお客様からのお話です。信託銀行に資産整理や税務相談などいろいろな相談をしました。ふつうは不動産の売買したときに不動産会社へ支払う報酬金額は、不動産売買価格の3%+6万円+消費税が仲介手数料の上限となります。

相続資産の整理を信託銀行に相談したお客様が銀行から諸経費のせつめいを受けたところ、各種のコンサルタント料が経費として、仲介料のほかに提示されていました。最終的に各種のコンサルタント料をふくめた不動産売買の経費総額は、不動産売却価格のおよそ11%近くになる金額の説明を受けたそうです。

まとめ

いかがでしたか?利益だけを目的にする不動産会社は、特に知名度が高い地域や駅前で営業活動をする傾向があります。今回のブログ記事は、こっそりお話するような内容になってしまいましたが、このブログ読んでいただいたみなさんは、不動産会社の見かけにだまされないでください。みなさんは、この記事をご参考に信用できる不動産会社や誠実な営業マンを見極めて、不動産売買をすることで安心と安全をてにいれてください。

不動産投資で不安解消のための無料相談を受付中

📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています 。

関連記事

設立当時から独自性を歩む不動産会社
独自な不動産会社の内容を解説します
よい不動産屋の探し方、見極め方を不動産のプロが解説!
わたしは不動産業界にいつのまにやらどっぷり35年以上おりますが、自分が家を買うならこの方法で不動産会社を見極めますよ、という見極めどころをプロの目線で書いてまいりました。人間というものは、なんだかんだと自分に都合の良い解釈をしてしまいがちです。それは私も同じです。ですが不動産という大きな買い物や取引をする場合は、落ち着いて客観的になることをおすすめします。