【実例】不動産投資初心者がセミナー参加で失敗!

不動産投資をはじめる方で、セミナーに参加をして勉強する。そんな方もおおいとおもいます。今回は、不動産投資セミナーに参加した初心者の投資家が投資物件を購入したことで、投資の失敗へ追い込まれていく事例をご紹介します。

今回は、大手企業につとめるサラリーマンが、はじめて不動産投資をするためにセミナーに参加。参加後実際に投資をはじめたこと、その後の後悔までを書いていきます。

セミナーに参加、主催者から1棟マンションを購入

購入物件は、不動産会社が事前に金融機関から担保評価を出してもらっていた投資物件。それを不動産会社から三為契約で購入。

その後もセミナーに参加を続け、 1年のあいだに計3棟のマンションを購入

サラリーマンの勤務先や年収、それに物件評価額から4億5000万円を貸し出した地方銀行もすごいです。

それと初心者にこれほど高額な借り入れをして購入させる不動産投資セミナーもすごいですね。

私が勉強にいきたくなるくらい(笑)おまけに全物件が3為契約でした。もはやどろぼうの域にかんじるのは私だけ? ※三為契約(不動産会社は購入物件の残金を支払わず購入者に支払わせ差額をぬく契約)

私は相場よりも高く投資物件を購入して、それで満足する投資家を不思議にかんじます。どうやらご本人は投資物件を買うことができたことがうれしいようでした。

一棟マンションを3棟所有する資産家になれたことが喜びなのかもしれません。ですが、この時点で不動産のプロである私の目には、残念ながら全物件を売却しても負債が1億くらいは残る”終わってしまった投資家”にしかみれませんでした。実際に最終物件の引渡し直後には、すぐに現実が近づいてきたようです。

引渡し直後から、賃借人数人の家賃滞納がはじまる

賃借人の家賃滞納がふえれば、ローン支払いに不安をがでます。私個人的には、家賃滞納は事前にもあったのではないかと疑念を持っておりますが。

不動産セミナーに参加して数棟をかっていますが 、投資家の借り入れ金額の割合がおおきく、家賃滞納で金融機関への支払に困る状況が、目に見えてきたのです。 空室がこれ以上増えると破綻する可能性があります。

買ったのは、金融機関から担保評価を出してもらっていた投資物件。これは金融機関の評価目的の”土地面積が広く、駅から遠く古い、RC造の物件”でした。 物件売却でも補てんできない差損がおきる状況。

滞納についてきいても、売主の不動産会社からは『引渡し前までは家賃滞納などありませんでしたよ』とけんもほろろ。

まとめ

不動産投資をはじめるには、不動産投資セミナーで勉強することも大切ですが、投資でもうけることよりも失敗しないことに目を向けて勉強することが大切です。今回の失敗例は、投資家に資金がないからと金融機関の評価がでる物件をえらび近隣相場を調べることもなく、すすめられる通りに借金をして不動産を購入してしまったことが原因です。これが実際に合った サラリーマン投資家の不動産投資失敗事例でした。

これからはじめる投資家の方も、このブログをお読みいただきあなたの不動産投資を成功させてください。

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村
プロフィール
アバター

代々木にある不動産会社株式会社ゼフィールのスタッフが思い思いに書いているブログです。社長ももちろん書いています!基本まじめな書きものは社長です、おそらく文字の空気でこれそうだ~とわかります‥We Love YOYOGI♡現在【代々木ランチ】に力こめてます♪いやもはや全力投球?ぜひ読んでみてください☆

株式会社ゼフィールをフォローする
不動産ネタ
株式会社ゼフィールをフォローする
不動産関係の裏話や、初心者向けに不動産投資成功方法をわかりやすく書いています