相続税と不動産売却

土地測量の立ち会い方。隣地の測量になぜ自分が立ち会うの?

土地測量の立ち会い方。隣地の測量になぜ自分が立ち会うの?

あなたの家にもある日、測量士から電話があることがあります。手紙がポストにということもあるかもしれません。電話の内容は隣の土地との境界を確認してほしいの。何月何日に立会いをしてほしい。そんな内容になります。突然で驚いて、とりあえず聞かなかったことにしたり、チラシを捨ててしまう前に、お隣さんの測量に立ち会う意味をご理解していただき、安心して立ち会って頂けたらと思います。

土地の境界立会とは、測量士が隣地と土地の境界を明確にする作業で、それに同席して一緒に境界点が間違いがないかを確認して欲しいですという依頼です。

不審な電話と驚いてしまわないように、実際の作業内容を簡単に書いていきます。結論としては、特に隣人の方と土地の堺の位置でもめているなどの事情がなければ、時間を少し使って立会いをしてあげてくださいね。これに立ち会ったあなたにもメリットがありますのでそれも説明していきます。

土地の測量依頼は突然来るが、あやしい作業ではない。

土地の境界なんて、この家を買う前から決まっているのになぜ立ち会う?と急に不安になる方もいると思います。ご安心できるように、測量の流れを書いていきます。

基本的には、まず測量士が仮測量図というものをもって、境界の説明をしてくれます。

※仮測量図とは、法務局や依頼者は所有する古い測量図や既存の杭を基にして作成した測量図のことです。

境界杭がすでにあれば、その杭の位置に相違がないことの確認をする。もし境界杭が無い場合には、土地の所有者同士で立会いのもと、正しい地境に杭を入れる作業になります。作業内容は、古い測量図を基に境界点を復元したり、お互いの合意点に境界を表示する杭や鋲を入れます。こうして完成した測量図に土地所有者の立会い印の押印を測量士からお願いされておしまいになります。

土地境界測量の目的は何か。

土地の測量目的は主に2つです。

チェックリスト

  • 道路の幅員を確定する
  • 土地を売買するために、隣地との堺を確定して、土地面積を明確にする

測量をし直したりなんかすれば、自分の所有する土地の面積が減るかもしれないと心配されるかもしれませんが大丈夫です。古い測量図と比較すると、測量機材の精度向上などによる測量誤差といわれる程度の面積の増減があることがほとんどです。

隣地の土地測量に立会うのは面倒に感じるが、メリットもある。

お隣さんと境界をお互いに確認し、杭の位置を確認します。それを書面にしてお互いに確認印をおしたものを確定測量図といいます。これは不動産売買時に添付することが多い書類です。

この書類は、自分の分も、測量士からもらいましょう。これがメリットになります。なぜなら、所有者がお互いに境界の確定を済ませることで、将来的な土地の境界トラブルを未然に防げます。よくあるのが、将来お子様たちの代になってからの相続時のトラブルです。

これでお子様たちを土地の境界トラブルから守ることにもなります。立会い印を頂いた確定部分の測量図面はくれぐれも大切に保管してくださいね。

土地の境界トラブル実例

土地境界のトラブル例では、上記のように境界点を確認して、測量士が作成した測量図に立会印を押印したにも関わらず、土地の境界は別だと主張してくるというやっかいな、土地所有者がいたケースがあります。

境界点確認したのになんで?と思いますが、実際にありました。残念ながら最終的に話し合いはつかず訴訟になってしまいましたが、境界立会い確定後に主張した境界線は認められず隣地の主張は退けられた結果となりました。

やはり境界の立会は重要ですし、必要な時にはしっかりとしておいたほうが良いという結果になりますね。

土地の価格が高い都内では、自らの欲で時と場合、自己都合で意見をひっくり返すひとや、想像を超える主張をする人など理解しがたい人がトラブルをおこすのも事実です。立会い印がはひとつの境界を確定する大切な判断になりますので、ひと時の手間暇ですが、ぜひ立ち会っておいてください。

土地の測量で注意べきケースもある。測量費用詐欺にはご用心。

ここではひとつ測量に関する詐欺の事例も書いておきます。先ほどは測量士からの測量依頼の話でしたが、今回は知らない不動産屋さんから来た不審な電話のケースです。

リゾート地やリゾート物件を相続したり、持ってはいるけどしばらく訪れていないなど、物件を放置状態にしてしまっている方は、特に用心して下さい。

ある日突然、知らない不動産会社から連絡。あなたの別荘の土地を、是非買いたいというお客さまが居ます、売却しませんか?とお尋ねのご連絡が入ることがあります。

今、別荘地を持っていても利用の見込みもないし、この機会にいくらでもいいから売ってしまおうかと安易に考えてしまってはいけません。

その不動産会社の説明を聞くと売却にあたり、まず土地の面積を確定しないといけない、測量士を手配するので、測量してほしいと言ってきます。

最もらしい説明を信じてしまい、話をすすめると高額の測量費を請求してきます。

そして測量費を支払えばあとはなしのつぶて。買いたいというお客様などおらず、高額な測量費だけを払わされてしまうケースがあります。

これは、測量代金を目的にする詐欺で、この手の営業は、高齢者を狙うことが多いのです。高齢者の方は特にご注意してほしいと思います。

急に別荘地の売却話と測量のセットには要注意です!

※良い不動産やさんの選び方の記事も書いています!良かったら読んでみてください!

 

まとめ

土地の測量によって、隣地との境がハッキリすることは、お互いにメリットのあることです。特に土地の境界トラブルもなく、問題が無い場合には境界を確定することは、みなさんだけでなく、将来土地を相続されるであろうお子様達にもメリットがあります。境界立会いの依頼が来た際は思い出して不安なくお付き合いいただけたらと思います。

不動産売却
参考高齢の親御さんが所有する不動産売却のご相談が増えています

高齢の親御さんが所有する不動産売却のご相談が増えています。 最近は、家や土地の所有者が高齢になり、ご家族が心配されて不動産売却のご相談に来られます。私のところに相談に来られる主なケースは2つ。その2つ ...

続きを見る

参考インターホンの画面にご高齢のお隣さんが…。会って話すと家の売却話

インターホンの画面にご高齢のお隣さんが…。会って話すと家の売却話 私の家とお隣さんは、同じ時期に販売した建売住宅を約35年前に購入して、引っ越してきました。お隣のご主人は数年前にお亡くなりになり、お子 ...

続きを見る

不動産の共有名義は避けよう
参考相続で不動産を複数で所有する…なるべく避けよう不動産の共有名義!

相続で不動産を複数で所有する…なるべく避けよう不動産の共有名義! 不動産を共有名義にするメリット・デメリット。 親が亡くなり、不動産を相続することがあります。この場合、親族間で相続した不動産を分割で所 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

シブログ

このブログは、家が売れずに困っている方がスムーズに売却できるように、また不動産投資のリスクを十分知ってもらえることで、購入物件や不動産業者の選択に失敗しないよう、不動産に関する色々なできごとを記事にしています。プロフィールとしては、不動産会社就職→独立起業→同時にスギ花粉計測器の開発→開発成功(官公庁に納入)→スギ花粉情報の配信→配信事業失敗→負債を本業の不動産で完済。普段は代々木でお客様から依頼された不動産の売買を取り扱う会社を営んでいます。【代々木ランチ】カテゴリーでは、地元の山手線代々木駅周辺で実際に食べたランチの感想をスタッフが記事にしています♪代々木でのランチ探しには、地元民が知る穴場情報がお役立ち☆【住まいの無料アドバイス】あなたの住まいに関する無料アドバイザーとして、わからないことや不安なことをわたしの経験を基に無料でアドバイスや情報提供しています。

-相続税と不動産売却
-

© 2021 代々木から送る不動産ブログ。