心に残る不動産投資家からの最期のご依頼

 

 

 

 

 

 

 

今回は数年前に経験した出来事について書いていきたいと思います。

以前新築アパートをご購入して頂いたお客様から久しぶりにご連絡を頂き、アパートのご売却のご相談を頂きました。長くお付き合い頂いたお客様でしたが、これが最期のお客様のご依頼となってしまいました。今回は、自分に出来ることは何か考えさせられる出来事でした。

 

数年前に当社から新築アパートをご購入して頂いたお客様からご連絡があり、体調不良で入院することを告げられました。お客様には、ご家族がお姉様しか居ませんでした。私は、すぐに病院へお見舞いに行き、お客様とは社会復帰を約束して帰って来ました。

 

退院後にお客様とお姉様、3人で色々とお話しをしたところ、高額な治療費をお支払いされていたようでしたが、アパートだけは売却したくないとお客様は話されていました。

お客様は元公務員さんでしたが、ご家族がいなかったせいか、いつもお姉様を一番に気遣っていました。お姉様は弟の病気の心配とお母さまの介護と会社経営でフラフラな状態が続いているようでした。

 

ある日、お姉様が私に「弟はあなたと会話をしていると元気になり、笑顔が多い」と話してくださいました。それを聞いて私も嬉しくなり、ちょこちょこお客様のご自宅へ顔を出し、笑顔で会話するお客様と会うことを楽しみにしておりました。

そんな状況が約半年間続いていたのですが、、ある時、私の携帯電話にお客様から、突然の連絡が入りました。お電話の内容は意外にもアパートを売却したいという事でした。そして、私の仕事の都合が良い時にご自宅へ来てほしいとご依頼でした。

お姉様のご自宅で、お客様とお姉様と私の3人でアパートの売却話が始まりました。お客様がいつもの調子でお話を始め、「アパートを売ることにしました。借り入れ残金が有りますが、売却に関してはあなたに全てお任せします。」と話され、更には「実印もあなたに預ける」と話が飛躍しました。

 

恐縮しながらお預かりした物件資料全てを持ち、お客様への感謝の気持ちを抱き、帰社しました。お客様の為に出来ることは何か・・その2日後です。

お姉様から私の携帯にご連絡が有り、弟が亡くなったとお話をされて、私は言葉を失いました。お客様は数日前に元気な姿で私と話をされ、資料も預かったのに、、あまりに急な出来事で驚きました。

しかし、売りたくないアパートを売却する決断をした背景には、ご自身ではお体の状況を判っていたのかもしれません。お姉様からは、慌てた様子で今後の相談がありました。

 

お客様の葬儀が無事終わり、私は、自分が出来ることを考えました。相続人は介護を受けているお客様のお母様になりますが、判断能力が無い状態で、私は後見人が必要と判断していました。

そして、私は司法書士を紹介するご提案をお姉様にさせて頂きました。裁判所の判断に基づいて粛々と進めるのが正しいと判断したからです。司法書士と面談後、依頼をしてお客様の遺品整理をしたところ、お姉様に対する遺言書が発見されました。

遺言書を裁判所へ提出して、アパートは無事にお姉様の名義に変更となりそうです。お客様が一番大切にしていたお姉様へ、無事に資産の移動をすることが、亡くなられたお客様から託された目的と認識しました。

お客様と最後の最後まで、ご一緒に歩んだ心に残る出来事でした。

お役に立ちましたら『シェア・リツイート』をお願いします。

ぜひ、読者登録もお願いします。ランキングにも参加しています。
下をクリックして応援してください!うれしくてもっとがんばれます。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

不動産投資に関してのご不安やご相談も無料で回答しています。

ブログ読んだよと言ってもらえれば、喜んでなんでもご説明します。購入しなくても大丈夫ご安心を(笑)

℡:03-5388-9055  mail:info@zephyr-jp.net

◇HP:https://www.zephyr-jp.net/

 

プロフィール
アバター

代々木にある不動産会社株式会社ゼフィールのスタッフが思い思いに書いているブログです。社長ももちろん書いています!基本まじめな書きものは社長です、おそらく文字の空気でこれそうだ~とわかります‥We Love YOYOGI♡現在【代々木ランチ】に力こめてます♪いやもはや全力投球?ぜひ読んでみてください☆

株式会社ゼフィールをフォローする
不動産投資とは
株式会社ゼフィールをフォローする
不動産関係の裏話や、初心者向けに不動産投資成功方法をわかりやすく書いています