住まい探しにおすすめの不動産会社とは

私が自宅を探すときに不動産会社を選ぶ方法を教えちゃいます。今回は3つのパターンの不動産屋さんをご紹介してみます。みなさんならどの不動産屋さんに家を探してもらいますか?最初に私の答えを教えちゃいます。答えは、①中小の不動産売買を専門にしている不動産会社になります。では、3種類の不動産屋さんの解説と①中小の不動産会社を選ぶ理由をご説明していきます。

家探しに向いている不動産会社!

みなさんは、不動産会社は大手以外は、どこもかわらないと思いますか?不動産会社は、売買に力をいれている会社でも住み分けをしています。今回は、規模から3つの種類をご紹介していきます。私がおすすめする方法で不動産会社を選べば、家を安く買うことが出来るかもしれません。

①一戸建てやマンションなど住宅専門に扱っている”中小の不動産売買専門業者”

特徴:中小の不動産売買を専門に営業をしている業者は、エリアの特性よりも売主との関係を重視して営業活動しています。オープンルームや現地販売会などを積極的に行っている不動産会社です。

この種類の不動産会社は、特定の売主とくりかえし取引しており、その売主の建売を常に販売するケースが多いです。売主と専任媒介契約を結び、集中的に販売するケースも珍しくありません。しつこい営業マンに当たる可能性もありますので要注意。

②駅前のビルにある”大手の不動産仲介会社”

特徴:大手の不動産仲介会社に、あなたの希望条件を伝えた時に希望通りには、動いてくれないことがあります。

大手不動産会社には、お客様の数も多く営業マンは、条件の良いお客様を優先して家を紹介していきます。みなさんが価格などの条件交渉をしてくる事自体、難しい顧客として扱われ、他の顧客に同じ家を紹介されて売られてしまうなんてこともあります。

③”地元の不動産会社”

特徴:地元の不動産会社は地域密着型の営業をしていることが多く、賃貸管理などを中心に営んでいる会社が多いのが特徴です。あまり積極的にみなさんの家を探そうとしてくれないことが多いです。不動産売買の経験が少ない地元の不動産会社が売主と交渉した場合、売主がお客様の住宅ローンなどの資金計画を細かく確認したときに不安を感じてしまうことが多いです。結果的に交渉前から売主が疑心暗鬼になってしまうケースもよく聞きます。

おすすめできない仲介手数料0円の不動産業者

※ちなみに私ならネットにある手数料0円の不動産会社にはいきません。一部の建売業者は、何度も取引をしている不動産業者との信頼関係から、仲介手数料0円の不動産会社とは、取引をしないケースもあります。不動産業者間では、あまり好まれていない不動産業者なため、条件交渉などもスムーズにいかないことがあります。

まとめ

私なら迷わず①の中小の不動産売買専門業者を選びます。しつこい営業マンに当たる可能性もありますが、お客様の立場で交渉してくれる担当者を見つけることが出来れば、売主との関係が深い場合が多く、価格交渉に応じてくれる確率が上がるからです。また中小企業は大手企業に比べて、営業マンの感情で動ける範囲が広く、良心的な担当者に出会えたら、お客様の要望に沿って対応してくれる可能性があるからです。みなさんも知名度が高い会社だけでなく、中小企業の不動産会社にも目を向けて、家探しをしてみてください。ちなみにどの不動産会社を選んでも、『お客様側に立ちながら交渉をする担当者を見つける』のが大切なポイントとなります。

不動産売買の不安解消のための無料相談を受付中

📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています。

ランキングに参加しています。良かったらポチッと応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村