相続税と不動産売却

土地の有効活用は建築業者のため⁈

建築工事の請負を目的とする会社が、

ご所有の土地にアパートを建築して、土地の有効活用をしましょう!

と土地のオーナーに提案する事は一般的です。共同住宅の建築をより多く受注する事が目的ですからね。

新聞やTVでも、土地の有効活用や資産運用などの言葉を聞かない日は無いくらいです。不動産の有効活用が本当にできる??過去データでは上手く運用出来ていても、目的の土地で新たな活用方法。これ本当に上手く運用できるのか?きちんと調べて考えましょう!

共同住宅の建築をより多く受注する事が目的で提案された土地の有効活用。。。我々が見てもその立地に共同住宅を建てる?この間取りで建てた時に収支は大丈夫?なんてこと、よくあります。正直、心の中では建築業者に引っ掛かったんだなぁと感じています。ここ近年、人口が減っているのに共同住宅の建築が増加傾向です。

アパートを建築する際には、立地や沿線、周辺の空室や新築の供給状況などしっかりと市場調査してから資産活用に取り組まなれないと、将来的に入居率の悪い建物を建築する事になり、借金返済に苦しむ本末転倒なんてことも考えられます。

入居者を新築時に募るのは比較的に容易です。ところが築5年を超えると入居状況にも変化が現れます。既に所有している土地ならば、収支が合わない場合でも売却する事で借金を清算できるかもしれません。ですが土地を購入して共同住宅を建築した方は、地価の変動と所有期間によっては赤字の収支になる確率があがりますので注意をしましょう。

 

まとめ

土地活用の多くは、自社の建築工事だけを目的とする会社の提案が多いです。調査内容や家賃保証を全て信用するのではなく、しっかりとご自身でも調査をしましょう。家賃保証も保証内容の変更や保証している会社の倒産もありますので、ご注意を!信頼できるパートナーと上手な資産運用に努めましょう。

記事の説明

私は、不動産業界で売買専門に35年以上の経験とネットワークがあるため、不動産会社の経営者や営業マンなど多くの方々と親しくさせて頂いています。このブログでは、みなさんの利益を最大化するために不動産業界の内側から見た現場の状況や商習慣、問題なども記事にして紹介しています。みなさんも不動産に関するご不安がありましたら無料で相談に対応していますので、下記の相談窓口からご連絡ください。

不動産に関する不安を解消するための無料相談を受付中

お問い合わせフォーム・無料相談はこちらから←クリックするとお問合せページにとびます

📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています。

[temp id=9]

  • この記事を書いた人

㈱ゼフィールCEO

不動産業界を見つめて35年以上。この積み重ねた実績と、経験が不動産投資で迷える誰かの役に立てばと思って、ブログを書いています。 解らない事や、疑問、質問はお気軽にメッセージを送っていただけると嬉しいです。無料LINE相談にも直接お応えしております。※BLOG内一部スタッフブログを含みます。

-相続税と不動産売却

© 2021 株式会社ゼフィール