土地を売る時、測量を依頼するのはどっち?土地家屋調査士か測量士

土地を売買するとき、面積を正確にするため測量をすることがあります。

測量作業をする士業には土地家屋調査士と測量士があります。

このふたつは資格の種類が違い、できる作業も違います。最大のポイントは登記をすることができるかどうかです。

土地家屋調査士は登記(名義変更等)が必要な測量や土地の堺を明確にしたり用途の堺をはっきりさせて登記する資格になります。

測量士は、面積の確定や工事のための測量になり、登記が必要な測量はできません。

個人の方が不動産を売却するために測量を依頼するには一般的に土地家屋調査士になります。

普段何事もなく過ごしていれば、あまり接する事のないお仕事ですが、不動産の売却の際にはお世話になるであろう職業です。あたまの隅っこにでもおいておくと、もしかしたら将来役に立つかもしれませんね☆

にほんブログ村 住まいブログ 大家さんへにほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村
プロフィール
アバター

代々木にある不動産会社株式会社ゼフィールのスタッフが思い思いに書いているブログです。社長ももちろん書いています!基本まじめな書きものは社長です、おそらく文字の空気でこれそうだ~とわかります‥We Love YOYOGI♡現在【代々木ランチ】に力こめてます♪いやもはや全力投球?ぜひ読んでみてください☆

株式会社ゼフィールをフォローする
不動産ネタ
株式会社ゼフィールをフォローする
不動産関係の裏話や、初心者向けに不動産投資成功方法をわかりやすく書いています