不動産投資で失敗しない堅実な投資判断基準を教えます

失敗しない投資術不動産投資で致命的な失敗をしないノウハウを説明します。致命的な失敗は人生設計が大きく狂ってしまうことがあります。判断を間違うことで致命的な失敗にいたる3つの注意点を紹介します。

 

失敗しないための大切な3つとは

・良いパートナーとなる不動産会社を選ぶ。
・自己資金を入れて購入する。
・家賃保証を前提に購入しない。

 

不動産会社選びを間違えて、取り返しのつかない失敗になることも。

当社が投資家から受けた相談のいくつかをご紹介します。

賃貸人の家賃支払い状況など不動産会社が実態を正確に伝えることなく、投資物件の引き渡しを受けた後に実際の家賃収支が異なり(引渡しと同時に滞納者数名が発生)、購入者が急速に支払いが困窮した事例があり、当社に相談に来たことが有りました。

 

投資物件は自己資金を入れて購入しましょう。

自己資金0円や少ない自己資金で資産形成を紹介する不動産広告を目にします。この購入方法はあまりおすすめ出来ません。

例えば、空室時に家賃の入金が無い状態でも入居者が決まるまで、借入資金の返済が繰り返されることや入居者が退去した場合の原状回復リフォーム費用が必要になるケースがあります。中古物件を購入した場合には給湯器の故障などの修繕費用も必要になります。

 

不動産投資をはじめると物件ごとに色々な支出が発生するので、自己資金が無い状態で物件を購入すると最終的に収支が合わず売却することになりかねません。

 

購入した投資物件を売却するにも売れない可能性まであります。投資物件を売却する時期によっては購入した時よりも価格が下がることもあります。自己資金が頭金として負担されていると、最悪の場合には自己資金分を値下げして売り抜けることが出来ます。

 

家賃保証を前提とせずに物件購入の判断をしましょう。

家賃保証は、お客様の精神的な不安を大きく軽減してくれますが、実際には投資物件を売却するためのワナに利用されているケースがあります。

 

長い年数の家賃保証はあぶない。家賃は将来的に変化します。建物も古くなると新築とは同じ条件で貸せないことが普通です。最近人気の間取りも時代と共に変化していきます。長い年数を同じ家賃で保証することはできないと考えましょう。

 

通常は、物価の変動に伴い保証する家賃が変化できる家賃見直しの条件が保証内容に組み込まれています。不動産投資は借り入れ資金の返済期間が長いため、新築時よりも建物が古くなってからの運用が大切なポイントになります。

 

今回は、判断や選択を間違えると致命的な損失につながる大切な3つの注意点を失敗しないためのノウハウとして書きました。みなさんも3つの注意点を慎重お考え頂き、レバレッジなどに惑わされずに堅実な不動産投資で資産形成をしましょう。

 

関連記事

サラリーマン大家失敗事例から学ぶ・不動産業者選びが最も大切なわけ。
みなさんが不動産投資をする場合、投資物件選びも大切ですが不動産業者選びが最も大切な要素に含まれるということが私自身もよく判った、お客様からの投資物件売却のご相談事例です。お客様から一棟マンションの投資物件を査定してほしいと依頼されました...
過度な利益目的の経営実態・不動産売買の成否は会社選びで決まる!
不動産業を営む会社の中で、『利益意外も目的にしている不動産会社を選ぶ!』など書くと寝ぼけていると思われるかもしれません。ところが注意深く不動産会社を見ると街の不動産屋の中にも信用を大切にしながら長年経営している不動産会社もあります。このよう...
不動産投資をはじめる投資家がリスクを減らす方法! 
はじめて不動産投資をするときに、家賃保証をされていると安心します。今回は、その家賃保証があてにならないケースがあることをご紹介しています。
スマートハウスだけで足立区にシェアハウス120棟!
このブログでもシェアハウスは供給過多で、中古で販売されてもご購入は要注意!運用に困るので購入はお薦め出来ないとご説明をしました。詳しくは,シェアハウスに投資した?避けた理由と今後東洋オンラインでかぼちゃの馬車が最新記事で紹介され...
サラリーマン大家が成功することの難しさ…カモになるかも?
みなさんは書籍やセミナーでサラリーマン大家が成功する話を聞く機会が多いと思います。しかし、私はサラリーマン大家が成功する!この事を想像するとすんなりハイハイと行くものか?と疑問に思ってしまうことがよくある。私が仕事で遭遇した一例をご紹介しよ...