不動産投資の豆知識

不動産投資で失敗しない堅実な投資判断基準を解説

みなさんが、不動産投資をはじめるときに致命的な失敗をしないノウハウを解説します。致命的な失敗は人生設計が大きく狂ってしまうことがあります。この判断を間違うことで致命的な失敗にいたる3つの注意点を紹介します。

失敗しない堅実な不動産投資をはじめる3つのポイント

シンプルで簡単なようで難しい失敗しないための大切な3つとは

①良いパートナーとなる不動産会社を選ぶ。
②自己資金を入れて購入する。
③家賃保証を前提に購入しない。

不動産会社選びを間違えて、取り返しのつかない失敗になる

当社が投資家から受けた相談のいくつかをご紹介します。賃貸人の家賃支払い状況など不動産会社が実態を正確に伝えることなく、投資物件の引き渡しを受けた後に実際の家賃収支が異なり(引渡しと同時に滞納者数名が発生)、購入者が急速に支払いが困窮した事例があり、当社に相談に来たことが有りました。

②投資物件は自己資金を入れて購入しましょう。

自己資金0円や少ない自己資金で資産形成を紹介する不動産広告を目にします。この購入方法はあまりおすすめ出来ません。例えば、空室時に家賃の入金が無い状態でも入居者が決まるまで、借入資金の返済が繰り返されることや入居者が退去した場合の原状回復リフォーム費用が必要になるケースがあります。中古物件を購入した場合には給湯器の故障などの修繕費用も必要になります。

不動産投資をはじめると物件ごとに色々な支出が発生するので、自己資金が無い状態で物件を購入すると最終的に収支が合わず売却することになりかねません。購入した投資物件を売却するにも売れない可能性まであります。投資物件を売却する時期によっては購入した時よりも価格が下がることもあります。自己資金が頭金として負担されていると、最悪の場合には自己資金分を値下げして売り抜けることが出来ます。

③家賃保証を前提とせずに物件購入の判断をしましょう。

家賃保証は、お客様の精神的な不安を大きく軽減してくれますが、実際には投資物件を売却するためのワナに利用されているケースがあります。長い年数の家賃保証はあぶない。家賃は将来的に変化します。建物も古くなると新築とは同じ条件で貸せないことが普通です。最近人気の間取りも時代と共に変化していきます。長い年数を同じ家賃で保証することはできないと考えましょう。

通常は、物価の変動に伴い保証する家賃が変化できる家賃見直しの条件が保証内容に組み込まれています。不動産投資は借り入れ資金の返済期間が長いため、新築時よりも建物が古くなってからの運用が大切なポイントになります。

今回は、判断や選択を間違えると致命的な損失につながる大切な3つの注意点を失敗しないためのノウハウとして書きました。みなさんも3つの注意点を慎重お考え頂き、レバレッジなどに惑わされずに堅実な不動産投資で資産形成をしましょう。

まとめ

今回の3つのポイントはシンプルですが、とても大切で実際には実行することが難しい問題です。このブログ記事には、不動産投資に失敗した実例や不動産会社の選び方なども記事にしています。みなさんもブログ記事を参考にしていただき、不動産投資に成功してください。

不動産投資の不安を解消するための無料相談受付中

📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています

[temp id=7]

  • この記事を書いた人

SHIBUちゃん

現役不動産投資家。不動産投資の成功率は現在100%できております。不動産業界だけをみてきて35年以上。この積み重ねた実績と、経験が不動産投資で迷える誰かの役に立てばと思って、ブログを書いています。 投資の判断基準が解らず、迷っている方に読んでほしいです。正しい投資判断をすれば、その先のあなたの未は、きっとずっと明るくなるはずです! 解らない事やことや、疑問、質問はお気軽にメッセージを送っていただけると嬉しいです。 ※不動産業にどっぷり過ぎて、乙女心と、女心に関する質問だけは、あなたの想像を絶するほど皆目見当もつかないので、それ以外の質問でお願いします!むしろ質問させていただきたいくらいですので‥

-不動産投資の豆知識
-

© 2021 不動産投資を成功させて、本当の自分らしい生活を手に入れよう!