不動産投資に絶好のタイミングを解説

今年は、想像を遙かに超える出来事が多い波乱の年です。なぜか、波乱が大きいことで仕事のやりがいを感じる私ですが、読者の方々には波乱の渦に巻き込まれることなく不動産投資を成功させてもらいたいものです。今現在、コロナウイルスが感染拡大している状況下で緊急事態宣言が発令されています。このあとはコロナ不況が到来しますが、だからすぐに不動産が安く買えるわけではありません。そのタイミングを解説していきます。

コロナ不況でもすぐに不動産は値下げしない

緊急事態宣言が出されている間は、都内の不動産売買の動きはありません。今は、不動産業界の現場では、案内のキャンセルや購入者のリストラなど混乱しています。今後、コロナウイルス感染拡大が収まり、緊急事態宣言も解除され不動産業も活発な営業ができる状況になりはじめたときに、不動産は値下げすると考える投資家も多いとおもいます。私の考えは違います。

緊急事態宣言が解除された直後に不動産は値下げしない理由

今回の緊急事態宣言が解除された直後は、不動産業者も経営が苦しい状況ですが、運転資金の資金調達はしやすい状況になります。また、資金の借入をしている相手に対して金融機関の資金回収も猶予を与えやすい環境が整っています。全体像を考えると経済界が再活動をはじめて、すぐに不動産を値下げして売る理由が見当たりません。

緊急事態宣言が解除された直後の不動産動向予測

外国人による不動産購入は一段と減りますが、東京オリンピック前年であった昨年にはすでにかなりの外国人投資家は買い控えている状況でした。また、不動産業界全体では、外国人投資家への依存が特別に強いわけではないので、外国人の投資家が減少する影響を受けるのは、限られた業者に限定されると考えています。

多くの不動産会社は、国内の雇用の影響を大きく受けてしまいます。サラリーマンの収入減やリストラ、個人消費低迷による中小企業の倒産などの影響から不動産の在庫が増えるのと同時に調整局面に至り不動産価格は、若干下落していきます。この時期には、個人投資家の持つアパートやマンション入居者から家賃の減額や滞納などが起きていることも表面化しはじめます。状況次第で、保証会社の倒産が起こりその影響から個人投資家でも家賃保証が無くなり、破綻する投資家がでるかもしれません。

不動産投資のタイミングはいつか

社会が混乱しはじめますので、政府も経済対策を打ち出します。混乱の中で光を見出し不動産の価格を下げずに頑張る会社と不動産を入れ替える会社が現れます。この前後の時期が投資家が不動産を買うタイミングにはベストです。不動産投資では資金調達が厳しい時期になります。理由は、金融機関はコロナ不況とはいえ今まで売れなかった不動産の価格は、見直され評価を下げるはずです。みなさんがローンを借りるときには、下落評価に見合う分の頭金を多く要求されます。資金力が明暗を分ける時期です。

まとめ

コロナ感染の終息時期がわからないので、終息後から始まる混乱期の不動産投資を解説しました。この時期は不動産トラブルも起きやすいので、はじめて不動産投資を考えている方には、おすすめできるタイミングではありませんが、興味がある投資家の方は、信頼できる不動産業者を探すことが先決です。経験豊富な不動産投資家には、資金的な裏付けをしっかり取り付けておくことをおすすめします。みなさん、不動産業者選びを間違えてトラブルに巻き込まれない様に注意深く不動産投資をしましょう。

不動産投資の無料相談を受付中

📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています。

よかったら応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村