信頼に応える不動産会社が売主に売却先をアドバイス

不動産会社あなたが気に入った売り出し中の不動産に購入の意思表示をしても物件を買えないことがあります。なぜ、売り出している不動産を買うことができないことがあるのかをご説明していきます。

 

売主の状況次第では、購入希望者の交渉過程ではお断りすることの方が良いとアドバイスをする不動産会社が存在します。

※売主も唯一のお客様を断ることはできないかもしれませんが…

 

売却依頼を受けている不動産会社には、売却先決定に関するアドバイスを売主に丁寧にしている会社が存在します。

 

間接的に売却先決定の判断を下す不動産会社から、安心できる売却先にあなたが選ばれなければ、いくら物件を買いたくても、購入できないこともあるのです。

 

物件の売却依頼を受けている不動産会社は、購入希望価格以外にも購入希望者の資金計画を確認します。更に交渉経緯を気にする会社もあります。

 

当社も契約後のトラブルを避けるために交渉経緯は、売却先を決める判断材料にしています。

 

具体的には、一方的な条件提示ばかりの購入希望者や交渉過程で自己責任がなく責任転嫁をするような方は、要注意の対象と判断させて頂いています。…交渉経緯を売主様に説明しながら売却先として、あまりおすすめできないと理由も丁寧におつたえしています。その上で売主のご判断に基づいて買主にご回答しています。

 

当社は不動産の売却依頼を受けたとき、売ることを最優先にしているのではなく、良い購入者と売主が契約を結ぶことを最優先に営業をしています。

 

不動産は売れば良いのではなく、良い売主と買主のご縁を結ぶことが大切です。その大切さを長年の売買経験から実感しています。

 

売主と買主がお互いに満足できる状況で売買するのには、お互いの配慮や信頼関係が短期間で構築できなければなりません。

 

この条件を満たすことで、トラブルを未然に防ぎ不動産売買をすすめていくことができます。

 

当社の場合、小さな会社なので派手な広告や販売件数を目標にする営業会社ではありません。売主が安心してご契約できることを心掛けながら売主買主双方の方々にご満足いく取引を目標に営業しています。

関連記事

404 NOT FOUND | 不動産関係の裏話や、初心者向けに不動産投資成功方法をわかりやすく書いています
投資物件は東京で~東京・渋谷・代々木でのこと~
三為業者ってなに?
今回は、三為業者の意味から説明していきます。 三為業者とは、契約書に第三者の為にする契約(俗にいう三為契約)と言う文言が含まれた契約を基本として不動産の販売をしている不動産業者を指した言葉です。 具体的に...
https://shibuya-zr.net/trivial-contract/
不動産会社の安心感だけでは不動産を高く売却できません??
不動産の所有者が売却する時に期待する優先順位は、 1位…少しでも高く不動産を売却すること! 2位…トラブル無く安全に売却すること! お客様と会話をするとそんなお話を聞かせて頂くことがあります。 不動産会社は、...

 

お役に立ちましたら『シェア・リツイート』をお願いします。

ぜひ、読者登録もお願いします。ランキングにも参加しています。
下をクリックして応援してください!うれしくてもっとがんばれます。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

不動産投資に関してのご不安やご相談も無料で回答しています。

ブログ読んだよと言ってもらえれば、喜んでなんでもご説明します。購入しなくても大丈夫ご安心を(笑)

℡:03-5388-9055  mail:info@zephyr-jp.net

◇HP:https://www.zephyr-jp.net/

 

プロフィール
アバター

代々木にある不動産会社株式会社ゼフィールのスタッフが思い思いに書いているブログです。社長ももちろん書いています!基本まじめな書きものは社長です、おそらく文字の空気でこれそうだ~とわかります‥We Love YOYOGI♡現在【代々木ランチ】に力こめてます♪いやもはや全力投球?ぜひ読んでみてください☆

株式会社ゼフィールをフォローする
不動産を相続した時
株式会社ゼフィールをフォローする
不動産関係の裏話や、初心者向けに不動産投資成功方法をわかりやすく書いています