不動産購入の意思表示をしても、なぜ買えない

みなさんが気に入った不動産に購入の意思表示をしても物件を買えないことがあります。なぜ、売り出している不動産を買うことができないことがあるのかを解説していきます。不動産業界裏話みたいな話ですが実際にあることなので、ご参考にしてください。

買いたいと意思表示をした不動産が購入できない

みなさんが、購入の意思表示をしたのに交渉過程で売主からお断りされてしまうことがあります。実は、売主から売却の依頼を受けている不動産会社が売主にアドバイスをしていることがあります。不動産会社の経験から売主に不動産の売渡先についても意見をする会社があります。

売主も信頼の於ける先として不動産会社のアドバイスを受け入れているため、売却先を決定している実態は、不動産会社というケースも意外と多くあります。

不動産会社の判断基準はなにか

売主に売却先に関する判断のアドバイスをする不動産会社は、何を基準に売却先を判断しているのでしょうか。この会社は、購入希望者の購入価格以外にも資金計画を確認します。同時に購入希望者の交渉経緯を静観しています。契約後のトラブルを避けるために交渉経緯は、売却を判断する材料になります。

具体的には、購入希望者から一方的な条件提示ばかりの内容で交渉の余地すらない条件提示や交渉過程で自己責任がなく責任転嫁をするような方は、要注意の対象されます。交渉経緯を売主に報告しながら売却先として、あまりおすすめできない理由も同時に丁寧に伝えています。

まとめ

不動産会社と売主の信頼関係が深いときには、不動産会社の経験を基に売り先を決定することはよくあることです。みなさんが買いたい物件を見つけた時には、優先先になるような交渉をしてくれる不動産会社を選びましょう。そのためには、不動産会社の交渉力や経験が必要になります。また、不動産会社の交渉力や経験が判らないときには、当社の無料相談をご活用ください。

不動産売買の不安を解消するための無料相談受付中

📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています

関連記事

売りにでていない空地を買いたい時の対処法。原則買えないの?
都内にお住まいの方を対象とした空き家の調査をする無料サービスを当社がはじめました。人件費と費用の掛かる作業を当社が無料でするサービスです。これは近年増える空き家対策の一環としてはじめたサービスです。
会社の節税に不動産投資を活用する具体的内容!
会社の経営者には、不動産投資をおすすめします。私が経営者の方々に不動産投資をおすすめする理由は、資産を増やしながら会社の経営安定化に役立てることができる投資だからです。しかし経営者が効率的に不動産投資を成功させるには、目的を明確にすることが大切です。不動産投資の書籍で紹介される安い物件を見つけて出口戦略を見据えて、転売...
不動産の査定価格が思惑から予想外の価格差に弁護士もまどう
自社の利益のために意図的に高い価格で査定書を作成する不動産業者がいるのは残念ながら事実です。不動産を売却するご予定の方は不動産業者の思惑に惑わされず、お客様の高く売却したいという心理につけこみ、意図的に高い販売価格を提示してくる会社にはご注意してください。
不動産売却の一括査定を利用するときの注意点!
安い価格で周辺相場の価格で査定してきた会社にたのむのには抵抗がありますよね。そのときには、その会社にはじめはこの金額で売りに出したいのですが?希望の価格をはっきりといってみてください。そのときの反応で最終的にたのむことを決めましょう。多くの場合は誠実な対応をしくれるはずです。ここでかたくなに売りに出す価格にこだわる不動産会社の場合には、縁がなかったと会社を探しなおしてください。この作業がみなさんを満足させる不動産会社をみつける方法のひとつになると思います。
誠実な不動産会社は本当に信用を大切にしている
本当に信用を大切にしながら独自の営業活動をしている不動産会社を紹介しています
心温まるJAZZライブに感謝!
先日、はじめて夜の桜木町に行きました。目的はライブハウス。人生で2回目のライブハウスです。私は数十年前を思い出しTwitterにある記事を投稿したところヴァイオリニストの中西俊博さんが気付いて下さり中西俊博オフィシャルTwitterにリ...