不動産トラブル実例!多棟現場に現れた困ったお客様…

最近はモンスターペアレントや、カスハラ、マタハラなど、ちょっとどうなのかな?って思う人の話も増えましたが、例にもれず不動産業界にも不思議なお客さんはやってきます。お客さんなら買ってくれればだれでもいいんじゃないの??と思われるかもしれませんが、家は一生の買い物。お隣に変な人が住んでしまえば、一生後悔する事にもなりかねませんよね。ですからやっぱり、トラブルになりそうな方には売りたくないのです。それが他のお客様の生活を守る事にもなりますから。今回は2棟現場にいらっしゃった不思議なお客さんのお話です。

多棟現場で新築の一戸建て住宅を販売中

多棟現場の特徴でもある、お互い新築の地境。これはトラブルのもとになることもあるので、キチンとフェンスでしきってあります!ちなみに、ほんとはも-っとお洒落なやつです!おかねかけました~♪

お客さんきました。わ~い♪

ありがとうございます!!即決!すがすがしい!

いやな予感…

もう嫌な予感以外ない。。。

お願いです…

これは実際に来た?来てくださった?お客様のおはなしです。そのあとどうしたかって?もちろんお客様にはご購入を、丁重にお断りさせていただきました。このような常識外れなことを言ってくるお客様に物件をお売りしてしまえば、隣の物件を買っていただいたお客様とのトラブルにもなりかねません。モンスターはトラブルのもと、なるべく他の大切なお客様から遠ざけたいものです。複数の新築の現場ではお隣がどういう方か気になる方もいらっしゃると思います。個人情報ですから、不動産会社に聞いたところでざっくりなことしか教えてもらうことはできないと思います。ですが、誠実な不動産会社であればとんでもないお客様には丁重にお断りをしているはずです。そういったことも含めて一生のお買い物になりそうな住まいをご購入されるときはきちんとした対応をしてくれる不動産会社からご購入されることをおすすめします。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村