初心者でも分かる!不動産投資の仕組みを勉強しよう

不動産投資を始めたいけど…1歩がなかなか踏み出せない。そもそも成功するための仕組みもよくわからない。今回は不動産投資の基本的な仕組みについてくわしくかいていきます。

※不動産投資のプロのノウハウを知りたい方は別記事もご覧ください。

不動産投資とはなに?

不動産投資の特徴はいったいなにか、

長期にわたって、安定した賃料収入を得ることが目的の資産運用。

そう、不動産投資とは、 宅地や建物に対する投資のこと。目的は、家賃収入を得ることです。もしあなたが、金融機関からお金をかりて不動産投資をしたときには、家賃収入から月々の返済をしていきます。 運用利回りにより、じぶんの手持ち金を毎月金融機関の返済にあてることなく、借入金を減らすことができます。最終的には、じぶんの支出金額が少なく、資産形成をすることができる投資方法だとして、多くの法人や投資家が不動産運用をしています。

富裕層の方は節税対策にも不動産投資を利用。(償却資産として活用)

老後の収入の為に不動産投資を利用

そうです、法人以外でも、富裕層の方々が節税対策に建物を償却資産として、活用したり、老後の収入を目的にアパートを購入する方もいらっしゃいます。

不動産投資と他の投資ってなにがちがうの?

不動産投資と他の金融商品では投資対象としてちがった特徴があります。不動産投資のメリットは、比較的に安定した家賃収入を長期にわたり得られることです。需要がなくならない人気のエリアであれば、不動産の資産価値がなくなるなんてことは現在考えにくいですね。

デメリットをあげると、金融商品などの投資とはちがい、不動産は売却までの時間がかかってしまうため換金性はよくありません。

ですから 資産形成や投資を考えたときには、当社は都内の不動産投資をおすすめしています。東京都内の不動産投資では、物件価格が株価のように短期間で大きな変動がありません。賃料は比較的に安定しているために長期で運用をお考えの方にはおすすめです。

不動産投資でどうやって利益を得るの?

不動産投資で手に入れられる収益は2通りあります。簡単に言うと、あなたが、賃貸用不動産を買って投資をしたときには、家賃収入という収益がはいります。これが1つ。(インカムゲイン)そして買った不動産が、購入時よりも高く売れた場合の利益。この収益が2つめです。(キャピタルゲイン)

➀家賃収入… アパートなどの収益用不動産を購入、その部屋を第三者に貸し出すことで、賃料をもらい、毎月収入を得る。

※ 長期的な運用方法になるため、修繕や補修に費用が必要。だが比較的安定した投資方法。

②売却益… 購入した投資物件を短期間で売却して利益を得る。

※おすすめ度は低くリスクが高い。プロの不動産業者でも失敗することがある。

不動産業者や、法人のなかには、商業ビルなどで短期間に利益を得る方もいますが、プロの不動産業者や、巨額の資金を運用する場合をのぞいてはリスクが高く、おすすめできません。

不動産投資のメリットとは

不動産投資の魅力は、 預貯金を残したまま、購入した物件の返済は家賃で支払いができること

かんたんいいうと、不動産投資とは、資産形成を家賃で、築いていける、銀行借り入れを使った投資です。長期的な資産形成と理解することで、比較的安定した資産が構築できることが大きな魅力です。

初心者に向いた不動産投資ってなに?

不動産投資にはマンション、アパートなど住居系と、店舗・事務所関係が入居する商業系があります。初心者の方が不動産投資をするならば、おすすめは”住居系”です。

住居系の物件は、金融機関から借り入れがしやすい!

住居系の投資物件をもうすこし、くわしく書いておきます。投資物件の主な種類は4種類。

マンション(区分・ひと部屋)

分譲マンションの一部屋を買って人に貸し、家賃収入を得ます。代表的なのはワンルームマンション経営。初めての不動産投資を考えている方におすすめなのは、中古のワンルームマンションです。購入しやすさに加えて、投資金額をおさえて、都心や駅からちかい条件のよい物件から投資をはじめられるため、不動産投資の勉強として投資する方も多いです。

マンション(一棟)

マンションの一部屋ではなく、建物まるごと一棟を購入して、家賃収入を得ます。一棟まるごととなると、投資する金額も高額となるため、それにともない不安感も大きくなる傾向があります。ですが総戸数が増えることで家賃収入も安定します。注意すべきは、建物の規模がおおきくなると、設備も増えます。エレベーターや受水槽など建物の管理や修繕に管理会社が必要になります。はじめはエレベーターの無い一棟マンションがおすすめです。

アパート

アパートを購入して、家賃収入を得るわけですが、はじめての方には特におすすめです。アパートは総戸数が多いので、空室が出ても比較的に賃料収入も安定します。そのため手持ち資金を金融機関の返済に充当しなければならない状況になる確率も減少します。また、建物管理も容易なため投資家自身の判断で比較的自由な運営が可能だからです。 特に土地をもっているかたにはアパート建築もおすすめ。※土地があればどこでも良いわけではありません。市場調査を安易に考え、家賃保証に依存したアパート建築は要注意です。

一戸建て経営

一戸建てを購入して、家賃収入を得ます。ファミリー世帯に一棟で貸しだすために利回りは低くなる傾向があります。シェアハウスのように複数の入居者が住むことで利回りの増加は見込めますが、シェアハウスを専門的に管理する会社に支払う管理料は通常より高額になり、あまりおすすめできません。一戸建てを一棟で貸す場合には、貸出す面積が広く賃料が高くなり、入居者をさがすのに時間がかかる場合もありますが、一旦入居者がみつかるとワンルームマンションやアパートよりも安定的に長期入居してくれることが多いのが魅力です。ですが一戸建てへの投資は利回りが低いため効率的な不動産投資とは言えないかもしれません。

ここでまでで4種類すべて簡単に説明しました。結論として初心者におすすめは

初めての不動産投資は、アパートがおすすめ!少額なら中古ワンルームマンション

ということになります。

不動産投資は投資初心者におすすめ?

サラリーマンのかたが、会社からの給与を得ながら、投資物件からの家賃収入も同時に得る。いわゆるサリーマン大家さん。そんなかたも増えていますね。不動産投資は投資初心者の方にももちろんおすすめはできます!

本業に支障をきたさず「投資」可能!

不動産投資は、不動産管理会社に管理をおねがいすることで、ご自身のおしごと(自営業者やサラリーマン)をさまたげることなく運営できるのが魅力の投資です。不動産投資の場合は、複雑な投資方法をしらべたり、勉強する。あるいは毎日毎日、経済の動向や国際情勢をしらべて予測しながらすごす。このように、報道を日々こまめにチェックする必要はありません。あくまでも本業主体で、 副業的な位置づけで投資することができることが初心者にも魅力です。

リスクには予測可能なものが多い

金融商品などの投資リスクは、予測することがとても難しいです。外国の動きなどは特に予測できないことが多いです。ですが不動産投資のリスクは大きな価格変動や天災を除いて、あるていどあらかじめ予測できる範囲のことが多いです。建物の築年数や、修繕履歴から将来起こり得るリスクを予想することも可能で、事前に対策をしておくことで対応できます。ある程度投資リスクを投資家が管理できるのも不動産投資初心者にとってもの魅力の1つです。

まとめ

いかがでしたか?不動産投資の仕組み、少しでもおわかりいただけましたでしょうか。

いまでは「人生100年時代」といわれています。急速にすすむ高齢化社会では、若者の人口減少から最近の会社経営では後継者問題が経営者の頭を悩ませています。

経営者の方にも不動産投資をおすすめする理由は、長期的に安定した収入をえることにより、会社経営の安定化や経営の多角化が可能となるからです。会社経営が安定することにより、次世代の経営者によりスムーズな継承がおこなわれ、後継者問題の早期解決につながる可能性があると考えているからです。

みなさんに不動産投資の仕組みを勉強していただくことは、ムダになることはありません。これから急速な変化があたりまえの時代になり、国の制度変更が時代の流れから遅れることが考えられます。

サラリーマンの副業可能な勤務形態の変化にみられる意味。それは、ご自身の老後計画は、自分自身で対応していかなければならない時期が近いことの表れでしょう。それと会社経営にとっても、急速な変化に対応できるためには、不動産は非常に有効な投資と考えられます。

ですが不動産投資でハイリターンを求めすぎると失敗する可能性は非常に高まります。一部の不動産業者が耳元で甘い言葉をささやき、投資家は絵にかいた利益をもとめ、つい踏み出してしまうからです。初心者であればなおさらです。

不動産投資初心者のかたは、不動産投資のしくみを勉強したあと、これが長期的な投資であることを理解して、ぜひ安定した収益をめざしてください。そしてあなたにとってよいパートナーとなる不動産会社と出会うことが最後の仕上げとなります。ブログを読んでいただいたあなたは、この条件が整えば不動産投資で成功者になり、将来の経済的な不安から解放されるでしょう!

ご質問・無料相談も承っています!

お問い合わせフォーム・無料相談はこちらから←クリックするとお問合せページにとびます。  📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています。

よかったら応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村