ワンルームマンションでも不動産投資の基本を知れば失敗しない!

不動産投資といえばワンルームマンション?ほんとうにそうでしょうか?たしかにワンルームマンション投資は不動産投資の代名詞に感じますが…ワンルームとひとくちにいっても、新築や中古、場所は?広さは?条件はさまざまですね。ワンルームマンションなら鉄板でオールオッケーとはいかないのが現実です。不動産投資について正しく理解することで、ワンルームマンション投資でも失敗しないようにしましょう!めざせあなたの不動産投資成功!

※自分に合った投資物件の選び方は別記事でご紹介しています。

ワンルームマンションの投資といえば 購入費はやすいし、比較的始めやすいといわれていますね。じっさい新築、中古とわずワンルームマンションの取引は活発です。すでにワンルームマンション投資をされている方も多いのではないでしょうか。

ワンルームマンションの投資物件を取り扱う会社のなかには、 金融機関からの借り入れも簡単!購入後の賃貸業務や、確定申告などもサポートしますよ!とさまざまなサービスが充実している新築ワンルームマンション専門の不動産会社もあります。

優良な不動産会社が提供するワンストップサービスはたしかに魅力的です。ですが不動産投資の成功のためには、不動産会社にすべてお任せ!というのはあまりおすすめできません。優良なワンルーム販売会社はすくないため、どこの不動産会社にもすべておまかせを前提に安易な気持ちで不動産投資をスタートさせるのは危険です。失敗のもと。ワンルームマンション投資で失敗してしまう原因を書いていきます。

買ったワンルーム、売りたいときにすぐに売れるとおもいますか?

ワンルームマンションはもちろん、不動産投資で確実に成功する方法の基本は長期に保有することです。これが一番の基本。次に成功する確率を高める方法は、金融機関からの借り入れをしないこと。あたりまえですが、基本をわすれてしまい気付けば、金融機関からの借入金が増えて、家賃で返済することができずに破綻してしまうことの無いようにしなければなりません。

現預金の金利を年利のよい不動産に資本移動させたぐらいの余裕ある考えかたが大切です。東京都内の物件は価格が下がりにくいので、ワンルームマンションや特徴のある中古ワンルームマンションを購入することが理想的です。将来、売却したときの損失発生リスクを抑えるためにも長期で持ち続けるくらいの意識でワンルームマンションを購入することが大切です。

こんな方には不動産投資をおすすめできない!不動産投資は現金化に時間がかかります。ですから急に資金が必要になったとき、買ったワンルームマンションを売却して現金化すればいいなんて思っている方には、あまりおすすめすることができない投資です。

ワンルームマンションを売却して現金化するには時間がかかり、短期では赤字になることもあります。

出口戦略なんかより、予測不能なリスクに備えた投資が成功する

ワンルームマンションを急に売却することになったとき、かならず売却損がでてしまうとは限りません。中古のワンルームマンションに投資するお客さまには、築年数別に分散して物件を購入する方も多くいらっしゃいます。売却損のリスクを回避のために立地や築年数を分散して投資するわけです。単純に築年数の経過と共に、不動産価格が下落するのはある程度予測できます。しかしこの経過年数の下落よりも経済変化による価格変動の方が価格にあたえる影響が大きいことが多いです。

予測不能なリスクとは、具体的な過去の例では、バブルの崩壊からはじまり、海外の金融機関の影響を受けて起きたリーマンショックもありました。最近ではスルガ銀行問題、西武信用金庫の行政処分などで金融機関の不動産融資の姿勢が激変しました。今回は、木造アパートの融資に対する審査がとても厳しくなりアパートの売却がすすみにくい状況になりました。 このような市場環境の変化は、不動産全般の価格に影響をあたえます。そのような事態でもあわてることの無いように予測不能なリスクも前提にした不動産投資をすることが必要です。

社会の景気動向や海外の投資家による日本の不動産を爆買い、金融機関の不動産投資にたいする融資姿勢の変化は、簡単に築年数うんぬんなどの簡単な予測を凌駕します。この変化が起きた時には、金融機関の破綻や大手法人の破産などが現実に起こるほどの大きな経済変化だからです。

不動産投資を継続すれば、必ずこの経済変化に向き合う時期がきます。ですから不動産投資セミナーでよくきく出口戦略を最重要とする投資を強く説明している話をききますが、これには疑問をかんじます。投資用の不動産を所有しているあいだは、常に市場変化のリスクにさらされています。資産入れ替えは、より高額な条件の良い投資物件に所有する物件を処分して入れ替えます。

ワンルームの失敗リスクを理解していますか?

ワンルームマンションを購入した投資家が、将来購入したマンションを売却する時には、ワンルームマンションに対して融資をする金融機関が限られてしまう傾向が強いことや同様の中古ワンルームマンションが数多く販売されているため他の投資物件より供給数の多いワンルームマンションの資産価値は下がる傾向があります。 ワンルームマンションに投資される方は、残念ながら景気が悪くなり、不動産市況が悪くなるとすぐに手放す方が多くなります。その結果として、ワンルームマンションの投資は売却するときに売却損がでてしまう傾向がさらに強くなります。 この売却損にならない方法は長期で保有することです。

まとめ

不動産投資の利益とは、購入したマンションを貸し出し、入居者から長期的に家賃収入を得ることです。ワンルームマンションの場合には、アパートや一棟マンションと比較すると、将来売却するときには出口戦略もむなしく購入価格を下回る傾向が強いです。不動産会社の選び方など。このブログ記事を読んで頂き不動産投資の成功に役立てるとうれしいです。

初心者必見!不動産投資で成功するプロのノウハウも公開中です!

ランキングに参加しています。良かったらポチッと応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

 

不動産売買の無料相談を受け付け中

お問合せ