不動産投資の豆知識

不動産投資のリスクを回避するために必要な3つのスキル。

今回は不動産投資を考えている方に向けた、不動産投資に必要なスキルについて書いていきたいと思います。

不動産投資に必要なスキル

 

不動産投資のリスクを回避するために必要なスキルとは

不動産投資に必要なスキルを一言でいうと経営者感覚です。なぜなら不動産投資は、不動産業者に全ておまかせで、うまく利益をだせるものではないからです。投資物件の収益は、自分自身で意識して管理しなければなりません。最低でも何部屋が空室になると、赤字がこのくらいになる。そんな程度は理解しておかないといけません。

それは、不動産投資は金融商品とは違って、購入後に、管理をしていく必要があるからです。不動産投資は、投資したら終わり、というものではないのです。

そして収益物件を購入したあとの管理・運用には当然スキルが必要になります。

具体的なスキル

①高いコスト意識

何部屋が空室になると、赤字がこのくらいになる。そんな風に具体的な金額を常に意識しておかないといけません。

リフォーム工事ひとつでも、いくらを超えると利益が出しずらくなる、など全体の収益面を考えなければなりません。

月々の収入と支出を、空室が出たときは必ず確認してください。大きな修復工事をしたときは、赤字の金額をメモしておきましょう。赤字がなくなる予定もしらべておくと安心です。

②堅実な性格

投資物件の1室に自分が住んで、住宅経費をおさえている投資家もいますね。 個人投資家で成功している方が高級外車を乗り回したり、高級腕時計を身につける方を見かけることは実際にはあまりありません。

度が過ぎればケチになってしまいますが、堅実さは大切です。

③不動産投資の勉強をおこたらない

不動産投資では、残念ながら不動産業者の営業マンがすべて正直に説明しているとは限りません。想定利回りや家賃保証など安定して儲かるイメージはしっかりと説明してくれますが、リスクは投資家自身が背負わなければなりません。また、空室対策や原状回復リフォーム費用でも収益の差は大きく開きます。そのため、常に建物修繕や不動産市況の勉強が必要です。

勉強がそんなに好きではなくても、気に入った物件を購入するまえには、周辺の募集家賃などをネットでみてましょう。投資物件を購入した不動産会社や管理会社、リフォーム会社と近況の会話を楽しみながら空室状況などを確認してください。リフォーム会社が賃貸の原状回復工事が忙しいようでしたら人の移動や空室が増えている可能性があります。気軽に会話から賃貸状況の情報を集めましょう。

必要なスキル

  • 高いコスト意識
  • 堅実な性格
  • 不動産投資の勉強

不動産投資に向いていない人

残念ながら不動産投資をやめた方が良い人もいらっしゃいます。自らの利益に固執しすぎてしまう方。極度に自己中心的な人です。このような客は、収益不動産を購入する段階で、不動産営業マンからメリットを強く強調されて、都合の良い内容だけを信じてしまい、リスクの高い物件を購入してしまうこともあります。また投資物件はひとりでは長期運用をすることができないため失敗する可能性が上がってしまいます。

一番大切なスキルはこれだ!

たとえ不動産投資初心者であっても、自己責任の自覚をもち学び、堅実な経営感覚を持つ方は不動産投資にむいています。一番大切なのは経営者間隔をもてるかどうかです。 まじめに不動産業者の説明をすべて信用してしまう、素直すぎる初心者の人は不動産投資には要注意です。もし、信用しやすい傾向がある人は、不動産投資の勉強をしっかりとしてください。

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

-不動産投資の豆知識

© 2021 株式会社ゼフィール