不動産投資の豆知識

賃借人が保証会社に加入していても買主は保証が引き継げない?

保証会社サラリーマン大家さんが投資対象にすることが多いのは、アパートや一棟マンション等の住居系投資物件です。理由は資金の借り入れがしやすいこと。対象物件が満室状態なら更に理想的ですね。

最近は、家賃の滞納を担保するために、賃借人が保証会社に加入していることが一般的です。因みに、保証会社に加入している入居者が家賃を滞納した場合には、翌月には保証会社が入居者に代わり家賃の支払いをオーナーにします。

一棟マンションやアパート等の戸数が多い投資物件を購入した場合には家賃が遅れていたり、滞納する入居者が発生することがあります。

当社が購入した投資物件では、過去にオーナーが売却して所有者が代わった場合には、保証会社の保証を打ち切らせてもらう契約内容だったことから購入後に家賃保証が無くなることがありました。

満室賃貸中の投資物件を購入した場合でも賃借人の中に家賃滞納者が居る場合には、家賃保証が継続されるのかは、各保証会社の契約内容により異なります。家賃保証を得られず入居者や保証人へ家賃請求をすることも考えられます。

サラリーマン大家さんが不動産投資をする場合には、余裕ある資金計画で投資を行わないと想定外の出費から資金計画が崩れる可能性があります。不動産投資を始めて間もない時期では、当初の資金計画が崩れることで最終的に不動産投資の失敗に至る可能性があります。

満室物件と安心する事無く充分な準備を整えてから不動産投資を始めて、確実に投資成功させましょう。

[temp id=5]

[temp id=2]

  • この記事を書いた人

㈱ゼフィールCEO

不動産業界を見つめて35年以上。この積み重ねた実績と、経験が不動産投資で迷える誰かの役に立てばと思って、ブログを書いています。 解らない事や、疑問、質問はお気軽にメッセージを送っていただけると嬉しいです。無料LINE相談にも直接お応えしております。※BLOG内一部スタッフブログを含みます。

-不動産投資の豆知識
-

© 2021 株式会社ゼフィール