不動産投資の教科書

これからの不動産投資は、利回りと空室率どっちが大事!?

個人投資家が不動産投資で物件購入を決断するとき、最も重要な判断材料に利回りと考えるひとが多いです。ところが不動産会社が収益の物件を購入するときの判断は、対象物件の利回りよりも今後の空室率増加を想定して、競争力のある物件を選んでいます。競争力のある物件とは、人気のあるエリアと駅から近いなど魅力的な物件を購入しています。

これから不動産投資で成功することは、増々難しくなります。これからは、価格が割安な物件が良い投資対象ではなくなります。想定された収益が高利回りな物件よりも空室率が低い物件に価値が移り変わります。

個人投資家のみなさんが、不動産投資をする場合にも先見性が必要になります。目先の利益にまどわされることなく、かぼちゃの馬車に乗ってしまうことのないように、堅実な投資判断が大切になります。

これからしばらくのあいだは、時代の変化に飲み込まれてゆく不動産会社が増えてゆきます。その不動産会社が浮上するために、みなさんが犠牲になることのないよう、お気をつけください。

不動産売買の無料相談を受付中

お問い合わせフォーム・無料相談はこちらから←クリックするとお問合せページにとびます 📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています。

[temp id=13] 

  • この記事を書いた人
株式会社ゼフィール

株式会社ゼフィール

当社は、渋谷区代々木2-44-7にある不動産売買専門の会社です。読者のみなさんが、不動産売買をするときに不動産業者の選び方や不動産に関する不安や疑問を無くすことを目的に真実を説明しているブログです。【代々木ランチ】では、実際に食べたランチの感想をスタッフが記事に♪代々木でのランチ探しに、ぜひ読んでみてください☆

-不動産投資の教科書
-

© 2021 株式会社ゼフィールBLOG