日常の活動

相続した不動産を売却したいと相談に来られるご家族が増えてきました

相続した不動産を売却したいと相談に来られるご家族が増えてきました

あなたが不動産を相続したとき、相続した不動産の持ち分が重要なポイントになります。複数の不動産をそれぞれ単独名義で相続したときには、あまり問題は起きません。しかしひとつの不動産をあなたとご家族との共有持ち分で登記しているケースも多いと思います。この場合には、あなたとご家族の関係が良好な方は良いのですが、不仲な状態の方にとって共有持ち分の不動産は、少し難しい問題が起きてしまいます。あなたの親族間のトラブルを起こさないためには、共有名義の不動産は売却することで現金化して、共有持ち分の割合に応じて分けてしまうことがおすすめです。

もし、あなたが親族との共有持ち分で相続した不動産を所有しているとき、親族間の人間関係が良くないために不動産を共同で売却することができないことがあります。仮に共有持ち分を持つ親族の合意が無ければ、建物を建て直すことや解体することもできません。あなたの共有持ち分だけを売ることはできますが、不動産の共有持ち分は、不動産の利用に制約があるため利害関係者以外の個人の方は買うことは殆どありません。不動産業者の中には、共有持ち分だけを買い取る会社はありますが、価格がかなり安くなってしまいます。

あなたが親族との関係が良好なときには、あまり先送りせずに共有名義の不動産を売却することをおすすめします。あなたにとって不動産の売却は、大変な精神的な重労働かもしれませんが、先送りをすることで共有者が亡くなり2次相続がおきてしまうことがあります。新たな相続人が加わり共有者の数が増えてしまうと親族間の話し合いがうまくいかずトラブルに発展してしまうケースが増えていきます。あなたと親族の良好な関係を継続していくためにも共有名義の不動産は売却することで、現金化して分割することをおすすめします。

※こちらの記事では、私の不動産業者としての知見や経験をご紹介しています。不動産売買は、自己判断と自己責任でおこないください。

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

参考一括不動産査定サイトのデメリット。高い査定額という営業手法!

一括不動産査定サイトのデメリット。高い査定額という営業手法! 家をただ単に売りたいだけなら一括サイトは便利です!でもあなたの家を”高く”売りたいなら一括サイトには要注意です!つまり高い査定価格を、形だ ...

続きを見る

参考不動産会社が露骨に思惑を表した不動産の査定価格におどろきの価格差

不動産会社が露骨に思惑を表した不動産の査定価格におどろきの価格差 今回は、私が実際に弁護士から相談されたケースをご紹介します。離婚のために不動産を売却して資産を分割することになりました。裁判所に提出さ ...

続きを見る

不動産売却
参考高齢の親御さんが所有する不動産売却のご相談が増えています

高齢の親御さんが所有する不動産売却のご相談が増えています。 最近は、家や土地の所有者が高齢になり、ご家族が心配されて不動産売却のご相談に来られます。私のところに相談に来られる主なケースは2つ。その2つ ...

続きを見る

 

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

㈱ゼフィールCEO

不動産業界を見つめて35年以上。この積み重ねた実績と、経験が不動産投資で迷える誰かの役に立てばと思って、ブログを書いています。 解らない事や、疑問、質問はお気軽にメッセージを送っていただけると嬉しいです。無料LINE相談にも直接お応えしております。※BLOG内一部スタッフブログを含みます。

-日常の活動

© 2021 株式会社ゼフィール