日常の活動

コロナショック民泊施設にも…ここから正念場

「民泊をやめたい」 コロナショックで予約8割減。(引用元 Yahoo!ニュース3月11日 )

オリンピック開催による需要増を見込んで増加していた、民泊施設。いま「民泊をやめたい」と切実な声が上がっているらしい。

個人が副業で始めるケースも多い民泊。先月から開いている相談窓口にはすでに100件近い相談が寄せられているという。

中国全域からの入国制限が発表されると、予約が8割減った民泊もあるそうです。

これからが民泊の正念場ですね。マンションやアパートの大家さんが個人に民泊用に部屋をかしているケースも多いので、副業ではじめた個人の投資家はどうするのでしょう。毎月の家賃は止まりませんし、賃貸の契約を解約しても初期投資を回収できずに赤字になるのですかね。

先日、銀座の友人にビルのテナント店舗から家賃値下げの相談があったそうですが、お断りしたそうです。

不動産業界では当分の間、コロナショックの混乱が続きそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
  • この記事を書いた人

㈱ゼフィールCEO

不動産業界を見つめて35年以上。この積み重ねた実績と、経験が不動産投資で迷える誰かの役に立てばと思って、ブログを書いています。 解らない事や、疑問、質問はお気軽にメッセージを送っていただけると嬉しいです。無料LINE相談にも直接お応えしております。※BLOG内一部スタッフブログを含みます。

-日常の活動

© 2021 株式会社ゼフィール