日常の活動

投資物件や家探しをしている方へ、これから良い物件にめぐりあうチャンスが増えます!

東京は、緊急事態宣言が延長されましたね。

引き続きのコロナ架のため、スタッフもテレワークのままであるし、不動産業者の仕入れ担当者が飛び込み営業にくることもなくなり、静かな日々が続いています。

私の経験では、不況時には不動産を売却する方が増えるのですが、2回目の緊急事態宣言にもかかわらず不動産の売却依頼は増えていません。

これは持続化給付金や家賃補助、コロナ対策による融資などの救済措置が功を奏しているからだろうと思います。また、金融機関も返済猶予には柔軟に対応している影響もあるのでしょう。

ひとり静かなオフィスで仕事をしていると、自然と同業者と連絡を取り合う機会が増えます。

不動産業者と話をしていると、弁護士事務所には個人破産などで自宅を売却するケースは増えているそうです。

皮肉なことにコロナが終息をむかえるころには、売り物件の数も増えそうな気配を感じます。あと少しがんばって、景気回復まで家を売らずに頑張ってほしいと思っています。

また、投資物件や家を探している方には、これから良い物件にめぐりあう機会がふえる時期になるでしょう。

コロナの影響から大混乱になってしまった社会に、早く平穏な日々がくるのを願うばかりです。

  • この記事を書いた人

㈱ゼフィールCEO

不動産業界を見つめて35年以上。この積み重ねた実績と、経験が不動産投資で迷える誰かの役に立てばと思って、ブログを書いています。 解らない事や、疑問、質問はお気軽にメッセージを送っていただけると嬉しいです。無料LINE相談にも直接お応えしております。※BLOG内一部スタッフブログを含みます。

-日常の活動

© 2021 株式会社ゼフィール