長引く不況、持続化給付金だけでは厳しい時代に新サービス開始!コロナショックを乗り越えよう!

コロナウィルス流行で、大きな影響を受けている事業者に対し、事業継続を支え、再起の糧となるようにと、出されている給付金。ありがたいのですが、特に大きな打撃を受けている飲食店経営者にとっては、焼け石に水。

いつまでこの状態が続くのかと、それだけでは到底この難局を乗り切れないと、お悩みのことと思います。この状況にわが社にもできることはないか考え、新サービスを立ち上げました!

飲食店経営者のための新サービス開始しました!

先に当社の新サービス内容を簡単に書きます。これは資金難でお困りの、飲食業を営む経営者様の為のサービスです。あなたが所有する住まい付きの店舗や不動産を当社が買い取り、そのままあなたに賃貸で使っていただくことができます。

これにより、資金面の問題が当面の間なくなりますので、あなたは改めて経営方針を考え、経営を立て直していく時間をつくることができます。※こちらは都内限定サービスとなります。

ソーシャルディタンスを考慮した席の配置では、満席の人数が半減してしまう。

持続化給付金は、赤字の一部補填にしかならず、コロナ融資は事実上の借金となるので借金には抵抗がある。

コロナ融資は、金利優遇は魅力でも借金はしたくない。という経営者の方も多いと思います。もしかしたら、すでにある程度のところで、経営に見切りを付けることをかんがえている方も多いかもしれません。ですがちょっと待ってください。

そんな方に向けた新サービスを始めました。

当社の新サービス内容は、都内限定ですが、飲食業を営む経営者が所有する住まい付きの店舗や不動産を当社が買い取ります。そして、そのまま経営者の方にお店を賃貸でお貸しいたします。

このことにより、資金面の問題は当面の間は問題がなくなります。

ここまでが、簡単なこの新サービスのご案内でした。ここからは、このサービスを利用した場合のメリット、そしてデメリットも詳しく書いていきます。大切なあなたのお店ですから、こんなはずではなかったとならないように、ゆっくりとお読みいただきたいと思います。

コロナ不況で困る飲食店経営者の方の力になりたい

このサービスのメリット

・コロナ禍により不動産を換金するには非常に時間が必要と言われる中、不動産の売却によりスムーズに資金調達ができる。

・借金が嫌いな方にとっては、借金の必要がなく資金調達ができる。

・店舗移転など、常連のお客様に全く影響をあたえることなく経営を継続できる。

・店舗の移転を伴わないので、設備投資や引っ越し費用も不要。

この4点があなたにとって主なメリットとなります。ですが、メリットがあればデメリットもあります。この部分もしっかりと目を通してくださいね。

このサービスのデメリット

・不動産の所有権を手放すことになるので、将来的に不動産のオーナーが変わる可能性もある。

・不動産を売却後は、店舗の家賃が発生する。

・不動産を現金化したことにより、資産が流失しやすくなる。

これらがこのサービスをご利用いただいた場合に考えられる変化です。

一時しのぎではなく、大切なお店の未来の為にできることを考えましょう。

ここで大切なことがもう1つあります。このサービスを使った後のことです。あなたの大切なお店を守り続けるためには、このサービスを利用した後が大事になります。稼いだ時間でぜひ、根本的なコロナ対策となる経営方針を実行してください!そして大切なお店を今後もずっと守り育てていってほしいと思います。

この厳しい時期を乗り越えられると信じ、そして愛するをお店の未来を守っていきたいとお考えの方、ぜひこのサービスを使って、難局を乗り越えてください!

サービスの内容や条件については、お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム・無料相談はこちらから←クリックするとお問合せページにとびます。 📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています。

※エリアや諸条件などにより、必ずしもご要望にお応えできない場合がございますことをご了承ください。

お電話でもお問い合わせいただけます。

☎ 03-5388-9055 までお気軽にどうぞ。