空き家の所有者を無料で調べるサービスをご紹介します

みなさんのご近所に気になる空き家はありませんか?家を探しはじめると、気になる方が多いのはご近所の空き家の存在。理想的な立地の空き家は所有者が不明の場合、大きさとかわからないし、家の所有者を調べる方法などまったくわからないけれど、空き家を売る予定があるのか、ないのかだけでも聞いてみたい。と思いませんか。

みなさんをそんな思いにさせるお家があるとき、ご自身で空き家の所有者を調べる方法が判れば、持ち主に売却する予定があるのかを聞いてみたいと調査方法をネットで検索してみると、空き家の所有者は法務局で調査できることがわかります。ふつう法務局と聞いても場所も知らないし法務局に何があるのかもしらない。と言う人のためにかんたんにご説明します。法務局で空き家の所有者を調査するために必要な所在地は、普段利用している郵便や運転免許などに記載する住民票の住所と異なるために場所を特定する作業から一苦労してしまいます。

苦労の末、法務局に登録されている空き家の所在地が特定できたら、はじめて法務局で所有者がわかる書類の申請が可能になります。(有料)空き家の所有者が確認できたところで、所有者の意向を聞かなければなりません。

空き家の所有者を調べるには意外と労力が必要になります。都内にお住まいの方を対象とした空き家の調査をするサービスですが、労力と費用の掛かる作業を無料でするサービスがあるんです。みなさんも住宅のご購入を決める前に、空き家の調査をしておきたい方はお気軽にご利用ください。

関連記事

設立当時から独自性を歩む不動産会社
独自な不動産会社の内容を解説します
よい不動産屋の探し方、見極め方を不動産のプロが解説!
わたしは不動産業界にいつのまにやらどっぷり35年以上おりますが、自分が家を買うならこの方法で不動産会社を見極めますよ、という見極めどころをプロの目線で書いてまいりました。人間というものは、なんだかんだと自分に都合の良い解釈をしてしまいがちです。それは私も同じです。ですが不動産という大きな買い物や取引をする場合は、落ち着いて客観的になることをおすすめします。

 

ランキングにも参加しています。下をクリックして応援してください!うれしくてもっとがんばれます。

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村
にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

不動産に関してのご質問やご相談も無料です。

ブログ読んだよと言ってもらえたら、喜んでなんでもご説明します。(笑)

℡:03-5388-9055  mail:info@zephyr-jp.net

◇HP:https://www.zephyr-jp.net/

 

みなさんのご近所に気になる空き家はありませんか?家を探しはじめると、気になる方が多いのはご近所の空き家の存在。理想的な立地の空き家は所有者が不明の場合、大きさとかわからないし、家の所有者を調べる方法などまったくわからないけれど、空き家を売る予定があるのか、ないのかだけでも聞いてみたい。と思いませんか。

みなさんをそんな思いにさせるお家があるとき、ご自身で空き家の所有者を調べる方法が判れば、持ち主に売却する予定があるのかを聞いてみたいと調査方法をネットで検索してみると、空き家の所有者は法務局で調査できることがわかります。ふつう法務局と聞いても場所も知らないし法務局に何があるのかもしらない。と言う人のためにかんたんにご説明します。法務局で空き家の所有者を調査するために必要な所在地は、普段利用している郵便や運転免許などに記載する住民票の住所と異なるために場所を特定する作業から一苦労してしまいます。

苦労の末、法務局に登録されている空き家の所在地が特定できたら、はじめて法務局で所有者がわかる書類の申請が可能になります。(有料)空き家の所有者が確認できたところで、所有者の意向を聞かなければなりません。

空き家の所有者を調べるには意外と労力が必要になります。都内にお住まいの方を対象とした空き家の調査をするサービスですが、労力と費用の掛かる作業を無料でするサービスがあるんです。みなさんも住宅のご購入を決める前に、空き家の調査をしておきたい方はお気軽にご利用ください。

不動産売買の不安を解消するための無料相談を受付中

📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています

関連記事

設立当時から独自性を歩む不動産会社
独自な不動産会社の内容を解説します
よい不動産屋の探し方、見極め方を不動産のプロが解説!
わたしは不動産業界にいつのまにやらどっぷり35年以上おりますが、自分が家を買うならこの方法で不動産会社を見極めますよ、という見極めどころをプロの目線で書いてまいりました。人間というものは、なんだかんだと自分に都合の良い解釈をしてしまいがちです。それは私も同じです。ですが不動産という大きな買い物や取引をする場合は、落ち着いて客観的になることをおすすめします。