不動産投資の成功者に共通する4つの行動パターン!

初めての不動産投資。やりたいけど、こわい。不安。なかなか不動産を買えずにいるあなたも、やはり不安心理が強いのではないでしょうか。でも、こわいからといって、投資物件を買う条件をどんどんきびしく、こまかーい条件提示で安心するあなたのままならば、不動産投資で成功するのは遠のくばかりです。不動産会社からの物件紹介はどんどん減り続け、結局いつまでたっても希望を満たす物件をみつけることはできず、不動産投資が絵にかいた餅になるかもしれません。このブログを読んであなたは不動産投資の成功者に仲間入りをしましょう!

不動産投資で成功者にみる共通した性格と行動パターンとはなにか

当社のお客様は、不動産投資で成功したことで数億円から数十億円の資産家になられた方々がいます。富裕層になられた当社の投資家の方々とサラリーマン大家さんと言われる個人投資家を目の当たりにしたとき、私が気が付いた違いがあります。当社のお客さまで富裕層になった投資家の方々に共通する点を公開していきます。富裕層になられた方々は、ご自身の投資基準がしっかりと決まっています。その判断基準を基に投資物件を探しているため見つけたときにブレることなく決断が早いです。みなさんも不動産投資の成功者になるためには、自分の投資判断基準を決めて、これからご紹介する4つの共通する行動パターンをまねてみてください。いままで投資物件をなかなか買えずにきたあなたも、下のチェック項目を参考に不動産投資を成功させてください。

  • 不動産のポイントを確認して、細かいことを気にしすぎない。
  • 魅力的な物件には即行動の基本で他の投資家にとられないように購入する。
  • 自己資金をためて、金融機関の借り入れに依存しすぎない。
  • 誠実な不動産会社をみつけたら情報収集から購入までを特定の会社に依頼する。

では、ひとつづつ説明していきます。

 不動産のポイントを確認して、細かいことを気にしすぎない。

不動産のポイントとは何かを3つご説明していきます。

①賃借人の入居状況と家賃の滞納など、購入後の収入に関する疑問点になります。

②建物の過去に修繕した内容や修繕した箇所の問題が解決できているのかを確認します。

③購入したあと空室がある場合には現況回復リフォームに関する費用を確認します。 建物の修繕が必要とおもわれる箇所があるときには、予想される補修費用です。

富裕層になった投資家が投資物件を購入するまえにチャックするポイントは、家賃収入や滞納など入居者に関する問題と過去の修繕と現在ある問題点になります。最後に買ったあとに必要になる補修費用の目安です。補修箇所も細部にわたりチェックすることはありません。業者にチェックさせて指摘をされた部分の補修を前提にします。投資物件の資金面での入金部分と今後の出費が最重要な課題として確認します。

魅力的な物件には投資家が集中、即行動して購入する。

割安感や希少性がある投資物件には、購入を希望する投資家が集中します。すぐ成約になることが多いので、富裕層になられた投資家は、意外におもうかもしれませんが金額に関わらず購入物件を即決することが多いのも特徴です。それだけよく考えた投資基準を決めているのです。

みなさんが不動産会社から魅力ある物件を紹介されても、それから考えて検討していたのでは後手になり物件を手に入れることはできません。実際に私が当社のお客様にJR山手線新橋駅前0分の不動産を水面下でご紹介させて頂きました。車から降りてご案内が終わると同時に購入する話をすすめるように依頼がありました。無事に土地のお引渡しも終わり、これから13階建てのビルを新築します。決断力が早い投資家が魅力的な投資物件を購入することに成功しています。私の過去の経験でも当社の投資家が売主と価格交渉が成立したあとに、他の投資家から定価で購入したいと申込書が提出されたり、また別の投資家が購入した物件をさらに高い金額で購入するから、売却してもらえないかと相談を受けたこともあります。

投資家が不動産投資で成功して富裕層になるには、魅力的な物件情報と早い決断が必要になります。それには、明確な判断基準をもちましょう。

自己資金をためて、金融機関の借り入れに依存しすぎないこと

不動産セミナーで学んだレバレッジ効果という投資効率を最優先にした考え方で、自己資金がなくても不動産投資をはじめる方がいます。金融情勢によりますが、購入する投資物件の評価が高いと自己資金が無くても融資をうけることができる時期があります。みなさんが自己資金のない状態で不動産投資をはじめることは、投資リスクが非常にたかまります。私はみなさんが不動産投資をはじめるときは、ある程度の自己資金は必要とおすすめしています。特に中古物件を購入した場合や想定外の空室があるときには、賃料収入だけでは足りないことが起きることもあります。ほかの記事に書いてますが、家賃保証があてにならないことがあります。ある程度のリスクを想定して投資をはじめることにより、不動産投資の成功を確実になものにしてください。

※初めてのローン借り入れについては別記事でもご紹介しています。

不動産投資は、退室時に発生する原状回復工事や経年劣化にともない修繕費用など購入後の支出はおもった以上に増えていきます。投資物件を購入した後に入居者が安定しているとは限りません。もしも入居者の学生が同時に卒業で退去してしまったら?退去したお部屋のリフォーム費用のご負担は?そんな購入後の予想外な支出を意識して、急な出費にも対応できるような状態で不動産投資をはじめましょう。

誠実な不動産会社をみつけたら情報収集から購入までを依頼する

不動産投資で成功するには、誠実な不動産会社をみつけることは必須です。それにはあなたの客観的な判断能力もとわれます。不動産セミナーに参加した”自分だけが”、特別安価な極秘物件を入手できる、とか。長期家賃保証で不安を払拭できたし、”自分だけは”長期安定収入が確保されたと思いんでしまう方は要注意です。そんなあなたは、不動産会社が最もターゲットにしやすい顧客です。数年後、スルガ銀行問題やシェアハウス問題同様にあなたの安易な期待が外れ、多額の負債を抱えてしまうことがないようにするには、誠実な不動産会社を選ぶことが大切です。富裕層の投資家は、信頼できる不動産会社を見つけ出し常に同じ不動産会社から不動産を買う傾向が強いです。会社の規模や立地などに惑わされることなく客観的な判断で誠実な不動産会社をしましょう。

まとめ

いかがでしたか?不動産投資で富裕層と呼ばれるほど資産を増やした成功者に共通する条件をご紹介してみました。みなさんもこのブログを参考に不動産投資の購入判断基準をしっかり決めてみてください。あとは誠実な不動産会社をみつけパートナーにすることも大切な要素になります。この誠実な不動産業者は、実は同じ不動産業者からも信頼されていることが多いです。そのため稀少性がある水面下の不動産や割安感のある魅力的な物件情報がこの誠実な不動案業者に集まるのです。富裕層の方々は、このことも理解しているので、意図的に常に同じ不動産会社を通して、不動産を反復して購入しているのです。みなさんも個人投資家から富裕層の資産家に仲間入りするため、このブログ記事をご参考に不動産投資を成功させてください。

不動産投資の基本や、仕組みについては別記事でくわしくご紹介しています。

不動産売買の無料相談受付中

お問い合わせフォーム・無料相談はこちらから←クリックするとお問合せページにとびます。  📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています。

よかったら応援よろしくおねがいします。

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村