家やアパートを売るときの流れ

みなさんが家やアパートを売る経験は数すくない事と思います。相続した家や、アパートを売る状況に直面したとき、売るための一連の流れを知ることは大切です。まず、何からすればよいのかを把握することで、準備もしやすくなり、家やアパートをスムーズに売ることができます。まずは、家やアパートを売るまでの流れをご説明していきます。

不動産を売るときの流れ

価格の査定や価格の確認をする

①家やアパートがいくらで売れるのか不動産屋さんに聞いてみる。家やアパートを売ることをご近所に知られたくないときや不動産屋さんの営業マンに自宅へ訪問されたくないときは、すこし遠方の不動産屋さんに値段を調べてもらうことをおすすめします。ここで大切なことは、良心的な不動産屋さんを探し出すことも同時にしてください。

悪徳不動産屋さんにご注意

②良心的な不動産屋さんを選ぶときの注意点は、会社の規模や知名度できめないでください。誠実な営業マンの対応は、売りたい家やアパートに高い値段を出してくれることではありません。周辺の家やアパートの値段と比較して、同様の値段を提示する営業マンです。良心的な不動産屋さんを見つけたら売るのをたのみます。ここで媒介契約(ばいかいけいやく)という家やアパートを売ることを不動産屋さんにたのみますという契約をします。契約期間は普通は3ヶ月になり、売れたときに仲介手数料が必要になりますが、売れない時に費用はかかりません。

不動産情報の届き方

③不動産屋さんは、媒介契約をしてもらうと販売活動に入ります。自分の会社で家やアパートを探している人に紹介することは無論、不動産屋さん専門のネットワークに登録してくれます。ここに登録することで、日本中の不動産会社と不動産の売り情報を共有できます。ほかの不動産屋さんで家やアパートを探しているお客さまにも売りに出した不動産の情報が届きます。

不動産会社との売るための契約・買付証明書

④不動産屋さんが買いたいお客さまを探してくれたとき、お客さまから買付証明書という書類を取得しています。この証明書にお客さまからの引き渡し時期などご希望条件が書かれています。この条件や交渉がお互いに成立すると売るための契約になります。

不動産契約の流れ

⑤いよいよ次は、みなさんの家やアパートを売る契約になります。不動産屋さんがお客さまとみなさんの間に入り契約日と引き渡し日が決められます。契約当日は家やアパートを買うお客さまに対して、不動産屋さんは重要事項という売買する不動産の細かな説明をします。この説明が終わりましたら不動産屋さんが契約書の内容を読んでくれます。問題が無ければ、契約書の売主のところに住所と名前を書いて、最後に買主さまから手付金をもらい契約は終了です。契約のときに注意することは、買われる方と交渉のときに交わされた条件などの記載もれがないかを確認してください。

決済日ってなに?

⑥家やアパート引き渡す日を不動産屋さんは、決済日と呼びます。この日は買主さんの指定した金融機関に集まり、買主さんの司法書士が書類の確認をします。書類の確認がおわると金融機関が買主さんのローンを貸し出し、そのお金がみんさんに残金として支払われます。この作業を不動産屋さんは決済日に行われる登記と話します。みなさんが当日に必要な書類や家やアパートの鍵などは、不動産屋さんが説明してくれます。これで家やアパートを売る作業の終了です。

最後に必要な確定申告

⑦最後に個人名義の家やアパートを売却したときには、確定申告をしてください。

まとめ

家やアパートを売却するときの流れをご説明しました。不動産をスムーズに高く売却するには誠実な不動産会屋さんをみつけることが大切です。このブログには、誠実な不動産会屋さんのみつけ方や不動産の営業マンあやしいトークも暴露しています。お読みいただき家やアパートのご売却を成功させてください。

ランキングに参加しています。良かったらポチッと応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

 

不動産売買の無料相談を受付中

お問い合わせフォーム・無料相談はこちらから ←クリックするとお問合せページにとびます。

📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています。