不動産売却のポイント

不動産の売却でトラブルにならないために!

不動産を売却してトラブルになる原因のひとつに、売主が悪意があるわけではなくても買主から、建物に関する説明聞いていなかったと不動産会社に苦情がくることがあります。すでに引き渡しの終えた不動産で苦情が入ることは売主にとっても気の重くなることです。不動産取引は、高額な取引になり、緊張するものです。売主、買主の主観的な違いでトラブルが起きることなくすっきり、終わらせる方法を解説していきます。

不動産トラブルを未然に防ぐ

不動産の売主は、長年所有していた不動産に愛着のある方も多いです。無意識のうちに売主には気にならないことでも、買主には気になることがあります。そのように主観的な問題で、せっかく不動産を買ってくれた方から苦情が入ることや修繕費用などを請求されてしまうことがあります。お互いに気持ちよく契約したはずなのに後味の悪いことにならないために不動産を売るときには、どの様にトラブルを未然に防げるのでしょうか。今回は2つの方法をご紹介します。

・売主には気にならなくても、一般的な使用方法と違う取り扱いをすることや近隣との関係などは契約前に正確に伝えましょう。

・売主は、建物の補修や給湯器などの交換など過去の工事履歴もお伝えしましょう。

以上の2つは、契約前にご自身で知る範囲のことは、すべて説明してしまうことが良いです。この程度のことは、言う必要がないかと軽く考えていたことが後に問題になってしまうことがあります。次に不具合が起きた時には、買主に不信感があると問題が膨らんでしまいます。この様な事態を避けるためにも細かな説明がとても大切になります。

まとめ

不動産を契約するまでに細かな点を買主にお知らせすることはとても大切なことです。不動産業者の中には、細かく伝えることを軽く考えている業者を時々みかけますが、後のトラブルにつながる可能性があります。みなさんをトラブルから守るためにも契約前に対象不動産で気付いた点を全て、売却を担当する不動産会社にお知らせください。

記事の説明

私は、不動産業界で売買専門に35年以上の経験とネットワークがあるため、不動産会社の各経営者や営業マンなど多くの方々と親しくさせて頂いています。みなさんには、このブログで不動産業界の内側から現場の状況や変化を記事にして紹介しています。みなさんも不動産に関する不安が起きましたら無料で相談に対応しています。相談窓口は下記でご紹介しています。

不動産の売却でご不安な方は、無料相談を受付中!

お問い合わせフォーム・無料相談はこちらから←クリックするとお問合せページにとびます。

📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています

[temp id=9]

  • この記事を書いた人
不動産会社CEO

不動産会社CEO

長年、不動産会社を経営しています。このブログを読んでくださった方が、不動産に関する不安や疑問を無くせるように、また、不動産業者選びにも迷わないように、不動産に関する記事を書いているブログです。 【代々木ランチ】カテゴリーでは、山手線代々木駅周辺で実際に食べたランチの感想をスタッフが記事にしています♪代々木でのランチ探しに、ぜひ読んでみてください☆

-不動産売却のポイント
-

© 2021 代々木から送る不動産ブログ。