経営者が不動産投資を考えたらエリアは東京!?

中小企業の経営者は、ある程度経営が軌道に乗りはじめたら節税対策や事業継承を意識して、不動産投資を考えるのも資産形成のひとつになります。経営者が不動産投資を考えたとき、投資物件を買うエリアや種類を選ばなければなりません。おすすめは、東京エリアにあるアパートや一棟マンションなどの共同住宅に投資することや投資することです。今回は、不動産投資のリスクを減らすためにも東京に投資する理由をご説明します。

東京の一棟マンションやアパートに投資するメリット!

不動産投資には大きくわけて、住居系と商業系の建物がありますが、今回は比較的融資を受けやすい住居系の中でご説明していきます。住居系の投資物件の種類は、アパートと一棟マンションそして区分マンションの投資などがあります。アパートや一棟マンションと区分マンション(マンション内のひと部屋)の違いは、戸数が複数戸ある投資物件は、区分マンションにくらべて、投資額は高額になりますが空室のリスクがおさえられます。区分マンションが空室になるとローンの支払いのほかに月々の管理費や積立金に など空室の期間は負担額が急激に増えるリスクがあります。

不動産投資を成功させるには、投資する地域も大切な判断になります。当社では東京の物件への不動産投資をおすすめしています。やはり東京には、これからも人口が集中する傾向は続き空室のリスクが地方の投資物件と比べるとおさえられると考えています。東京の地価は高いため投資額も高額になり、利回りも地方の投資物件と比較すると低くなります。現在、地方の投資物件では空室に入居者をみつけたときを想定した利回りが高い、いわゆる高利回り物件も多く売りに出されています。地方の人口減少が続く状況で、建物は年々老朽化する空室を無くして、満室で運営することができるのだろうか。空室に入居者が見つかるまでの期間を考えると、販売資料の想定利回りが高くとも実質の利回りは別と判断することをお伝えしたいと思います。

地方の高利回りの投資物件に投資をしても、土地の価格が下落してしまうと資産価値が減ってしまいます。私が東京で不動産投資をおすすめする理由には、地価が比較的に安定していることも大きな理由です。不動産価格は、需給バランスでおおきく変化します。地方の投資物件でもみなさんが土地勘のあるエリアの投資物件を選ぶのは、リスクが少ないと考えられます。私が都内の不動産売買を専門に取り扱っていても、投資物件の人気のエリアに微妙な変化があります。不動産投資は住まい選びと異なり地域に対する詳細は、あまり注目されません。投資のリスクを減らすため、人口が集中する東京に投資物件を買うこと をおすすめしています。

地方の企業経営者には不動産投資意外の活用方法!

東京の一棟マンションを地方の企業経営者が購入するメリットは、他にもあります。東京に出張するときのビジネスホテルの代わりに利用したり、社宅としても利用することができます。最近では、外国人の観光客増加にともないビジネスホテルの予約が取りにくいことや宿泊費の高騰が目立ちます。東京ではコロナショックにより一時的な宿泊客が減少していますが、今後も観光に力を入れる日本政府の政策をみると都内のビジネスホテルは予約のとりにくい状況がしばらく続きそうです。

まとめ

私も会社経営に不動産投資と運用をすることで、みなさんに正確な情報をお伝えできるように努めています。 企業経営者が投資する物件の選択肢が多数あります。経営する会社の中長期的な展望に合わせて、効率的な投資対象の物件も考えていく必要があります。 効率的な不動産投資と投資に伴うリスクを減らすためには、東京の住宅系の投資物件を対象にすることで、リスクを減らすことができます。

不動産投資に関する不安解消のための無料相談を受付中!

お問い合わせフォーム・無料相談はこちらから←クリックするとお問合せページにとびます📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています。

ランキングに参加しています。良かったらポチッと応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村