不動産投資をはじめる投資家がリスクを減らす方法! 

みなさんが、不動産投資をこれからはじめるとき、不動産会社1社に物件購入から入居者に関する管理まで全てを任せてますか?全てに対応してくれる不動産会社が家賃保証もしてくれる投資物件は安心できてとても魅力的に感じると思います。みなさんがこのような魅力的な投資物件を見つけた時に最後のひと手間をかけるだけで不動産投資のリスクが減ります。それはみなさんが一番たよりにする家賃保証の内容を確認だけしてみましょう。

投資物件の利回りは家賃保証で安心?

みなさんの信頼にこたえてくれる誠実な不動産会社ならば、買った投資物件の管理や運用を全てまかせても問題はありません。しかし中には、投資物件をみなさんに売ることだけが目的で、先を考えずに家賃保証していることもあるのです。みなさんがアパートローンを借りて長期で銀行に返済していく計画の中で、家賃保証に期待しすぎた資金計画を立て、あとから予定していた家賃保証の内容は変わり月々のローン返済に困ってしまうような状況に追い詰められないことが大切です。そのような状況にならないために私の経験から家賃保証などについてご説明していきます。

ひとつの例は、家賃保証をしている不動産会社が保証している家賃よりも実際に貸し出している家賃が低く、実際には赤字で入居させていたことがあります。目的は、物件を高く売るために家賃保証の価格を高く設定して、高利回りが安定するように見せて売っていたわけです。このケースでは、将来の家賃収入は減り、利回りは下がるため、みなさんの資金計画が大きく変わってしまいます。この様な投資物件を買ってしまうことが無いように注意しましょう。

まとめ

今回、ご紹介した投資物件を買わないためには、家賃保証で保証される家賃と周辺の家賃相場を比較してみてください。周辺の家賃相場よりも高い家賃設定がされている場合には、将来家賃が下がることがあります。 この場合には、みなさんが調べた買う対象の投資物件周辺のアパートで、似たような条件の間取りや築年数の家賃を調べてみてください。周辺の募集している家賃で、利回りや収入を再計算して確認しましょう。

不動産投資の無料相談を受付中

お問い合わせフォーム・無料相談はこちらから←クリックするとお問合せページにとびます。📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています。

ランキングに参加しています。良かったらポチッと応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村