不動産投資の教科書

手堅い不動産投資と安心感を重視することの違いを解説

私は、みなさんに不動産投資では、手堅く成功を収めてもらいたいと考えています。投資家の方々も同じ考えの方がほとんどかと思います。ところが現実をみると、投資家のみなさんは意外と安心感を求めすぎて、投資判断を間違うケースを多く目にします。今回は、なぜ不動産投資では、安心感を求めすぎることで、判断を誤り結果的にシェアハウスなどの投資物件に多くの投資家が購入してしまったのか、投資判断を間違わないための方法も解説していきます。

不動産投資に安心感を求めて、リスクを高める矛盾

みなさんを最も安心させる言葉は、家賃保証です。今後も空室問題は話題になる機会が多いとおもいますので、家賃保証は将来にわたる空室問題を解決する言葉になります。昨年、問題になったシェアハウスの販売でも30年の家賃保証とセットで物件を紹介されていたことや家賃の下落などは入居者から別の方法で収益をあげるという内容で、割高な物件が次々と売れていきました。実際には、みなさんがご存知のように全く実現する事も無く経営破綻していきました。

不動産投資は高額な資金を投資するため、みなさんの不安も大きくなりますが、家賃保証に過度な安心感を求めることは、かえってリスクが高まってしまいます。私は、投資リスクを高めないためにも、みなさんに違う形から安心感を得る方法をおすすめします。特別なことではなく、「周辺の家賃相場を調べる」ことで手堅い投資をおすすめすることです。これは、時間さえあれば誰でも簡単にできることです。

みなさんが周辺の家賃相場を調べることで、安心感を持てることは無論、ときどき異常に入居者の家賃設定が高いことがあります。この場合の多くは不動産会社の思わくが隠されていることもあります。もし、みなさんがこの点に気づく機会があれば、不動産投資の大きなリスクを回避したことにつながります。

周辺の家賃を調べることで、適正な家賃であることを確認していれば、家賃保証が解除しなけらばならない事態が起きても安心です。再度、同額の家賃で入居者募集からはじめることも可能になり、大きな損失を発生させることなく元の運営状態に戻せます。

みなさんが安心感を持てる家賃保証の契約内容には、家賃の見直しの条文が入ることも多いです。以前、私が見た契約内容では、入居者が入居している間を限定した補償で、空室の期間は保証しない内容の契約書までありました。その投資家のアパートは競売になりました。みなさんも家賃保証の安心感に過度な期待を持つことは、リスクを高めてしまうことになります。ぜひ、みなさんは、投資物件を買う前に「周辺の家賃相場を調べる」こともお忘れなく。

まとめ

今回は、家賃保証の目的は、投資家の安定収入が主な目的でなく、不動産投資家に投資物件を販売するための一時的な保証サービスであることがお判りいただけたかと思います。このブログでは、不動産投資の失敗例を紹介することで、みなさんが同じ失敗を繰り返さないことも目的にしています。みなさんもブログ記事を参考に不動産投資を成功させましょう。

不動産投資の不安を解消するための無料相談受付中

📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています

[temp id=7]

  • この記事を書いた人
株式会社ゼフィール

株式会社ゼフィール

当社は、渋谷区代々木2-44-7にある不動産売買専門の会社です。読者のみなさんが、不動産売買をするときに不動産業者の選び方や不動産に関する不安や疑問を無くすことを目的に真実を説明しているブログです。【代々木ランチ】では、実際に食べたランチの感想をスタッフが記事に♪代々木でのランチ探しに、ぜひ読んでみてください☆

-不動産投資の教科書
-

© 2021 株式会社ゼフィールBLOG