免許証写真いつでも変更可に!財布の中の変顔ともお別れ?

2019年12月1日から、免許証再交付の要件が大幅に緩和され、”免許証の写真が微妙”とか、どんな理由でも再交付の申請が認められるようになっていた!( 2/20(木) 9:10配信のヤフーニュース)

微妙な写真の運転免許証は3年または5年おつきあいするのは、なかなかしんどい。。まあ5年付き合えたことはないんですけど…㊙

意外と知らない人が多いらしいのですが、運転免許証の顔写真は”持ち込み写真”も使用可能です。

ちなみに、この日から同時に「運転中の携帯電話使用に関する罰則強化」もスタート 。厳しくなりましたね!※違反点数、反則金は約3倍に引き上げ、「ながら事故」を起こせば即免許停止処分など…

(いいことでは、再交付の手数料が¥3,500から¥2,250と、¥1,250も値下げに)

私は知らなかったのですが、 写真の背景色についても青だけではなく、赤や黒など極端な原色以外で、無地、着ている服の色や顔の輪郭と同化していない色であれば、ほとんどの都道府県では、何色でもOKらしいです。

流行りの画像加工やカラーコンタクトはNGらしい…してないけどね・・詳細は公式サイトや免許センターで聞いてみてくださいね!

免許証の有効期間の元号を「平成」から「令和」に書き換えも可能みたい!

今まではニュースに流れる犯罪者のような自分の顔写真にがっかりした3年間でしたが、ようやく自分のかたい表情から解放される気持ちになりました。次回の運転免許証の更新はお気に入り写真を持参していってみようかな。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200220-00226598-kurumans-bus_all