売却先選びの失敗から大幅値下げ販売へ

みなさんが投資物件を売りに出していたところ、不動産業者が高値で買いに来たので契約して安心していると引き渡しが近づいてきたとき、突然解約の申し入れがあり、契約が解除になることがあります。その後、物件を再び売りに出しても売れずに大幅な値下げをする事態が起きることがあります。みなさんがこの様な事態になることは、事前に避けることができます。今回は、この事態になる契約を解説しますので、これから収益不動産を売られる方は、この記事を参考にしてください。

投資物件の売り先を決める判断は契約内容にも注意

みなさんが投資物件の販売を開始をしても、売れずに値下げをすることがあります。すると割安感のある物件には不動産の買取業者数社から購入の意思が示されます。このときに、みなさんが売却先を高い金額の不動産会社に決めることが、結果的に判断を間違えたことになり、最終的にみなさんがおもわぬ損をしてしまうことがあります。

売却先の間違え???変な業者には売らない!と思うかもしれません。最終的に売却先を選ぶのに購入価格で売却先を選んで間違えるのか?と思われるかもしれません。みなさんは、買取業者が提示した買取価格と仲介を依頼した不動産会社の意見を参考に決めるとおもいますが、最終的には購入価格で売却先を決定する方も多いと思います。

みなさんの多くは、高い購入金額を提示した不動産会社を売却先に選ぶのはあたりまえと考えると思います。私が知るケースでは、高い購入価格を提示する不動産会社は、ある購入条件を付けて高い価格を提示してくることが多いです。その購入条件とはズバリ三為契約(三為契約とは手付金を少なくして、契約直後から転売することを目的として、残金は購入者の資金で支払う目的の契約です。)が条件になります。最終決済日までに個人投資家へ再販売ができないときには、決済を伸ばされたり、最後には解約になるケースがあります。

契約条件でなぜ損する可能性があるか

みなさんとの契約が解約になるだけではなく、気付かない損が発生することがあります。どのような損かといいますと解約後にみなさんが不動産業者を通じて、新たな買取業者を求め再販売を開始します。このときに買取業者の提示する買取価格が前回の契約価格から一段下落してしまうことが多くあります。

再販売で損が起きる理由と回避方法

最初に三為契約で物件を購入した不動産業者は思うように物件の販売が進まない状況に追い込まれています。契約の残金支払日が近づくほど、転売先を必死に探します。不動産業者は、売主として物件情報を各不動産会社に購入者を求めて必死に拡散します。残念ながら購入者を探せなかったときに契約は解除されることになります。

みなさんは、解約後に再び不動産の買取業者を探しはじめるわけですが、再販売された物件情報は、前回の三為契約した不動産業者が同じ物件を売主として各不動産会社に拡散してますので、すでに不動産業者の間では周知の物件になるわけです。再販売された物件情報を入手した不動産会社にしてみると最終的に売れなかったために物件情報が再び流れてきた程度の取り扱いになってしまいます。

みなさんが新たな買取業者と契約するためには、買取価格を大幅に値下げしなければならない状況になってしまうのです。みなさんが投資物件を売却するときには、高い価格提示の不動産買取業者でも三為契約の条件を避けることで、このような二次的なリスクを未然に防ぐことが出来ます。みなさんが投資物件を売却するときには売却価格だけではなく、契約条件の内容や代金の支払い条件を検討して売却先を判断しましょう。

まとめ

みなさんが投資物件を売るときには、売却価格も大切ですが契約内容も重要になります。契約したことが、不安になるような状況にならないように売り先を選別しなければなりません。当社では、みなさんに安心してご紹介できる売却先を選別して、ご紹介しています。不動産の売却でお悩みの方は、ご相談ください。

不動産売却の不安を解消するための無料相談受付中

📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています

関連記事

アパートを高く売りたい!コツをおさえて高額売却!
みなさんがアパートのある地元の不動産会社に売却を任せるとき、住宅ではなくアパートなどの収益物件の売買になれていて、みなさんが安心できる不動産会社に依頼することをおすすめします。また、妥協しながら依頼をするのなら無理に地元の不動産業者に依頼する必要はありません。みなさんが安心できる不動産会社にアパートの売却を依頼することが一番大切です。
一括不動産査定サイトには注意が必要な理由。高い査定額は営業手法だった
家をただ単に売りたいだけなら一括サイトは便利です!でもあなたの家を”高く”売りたいなら一括サイトはNGです!つまり高い査定価格を、形だけでも貰いたい人は、一括サイトはOKです。一括査定サイトで出された高価格で、実際には売れないからです。残念ですが、これが一括不動産査定サイトのが現実です。その理由を不動産業界に35年以上いる実績からわかりやすく解説していきます。
よい不動産屋の探し方、見極め方を不動産のプロが解説!
わたしは不動産業界にいつのまにやらどっぷり35年以上おりますが、自分が家を買うならこの方法で不動産会社を見極めますよ、という見極めどころをプロの目線で書いてまいりました。人間というものは、なんだかんだと自分に都合の良い解釈をしてしまいがちです。それは私も同じです。ですが不動産という大きな買い物や取引をする場合は、落ち着いて客観的になることをおすすめします。