不動産業者が本音で語る不動産仲介業者の選び方!

不動産の売買をするためにどうすれば親切な不動産業者をみつけることができるのでしょうか?

不動産業者の違いは、大手の不動産会社と地元の不動産屋さんの違いはわかるけど、大きな会社がしっかりしていて安心できる。そんなイメージで選んでいる人がおおいのではないでしょうか。今回は、選んでよかったと思える不動産会社をみつける方法をご説明します。

良い不動産会社とは、あなたの気持ちを理解して行動してくれる不動産業者

不動産会社はどこでも同じではなく、会社選びを間違えて悪い不動産業者に仲介を依頼してしまうとお客さまが損をしてしまうことがあります。今回、ご説明する悪い会社とは自社の利益を最優先に考える会社を意味しています。表面的には問題が無いような会社が実態は悪い会社を選んでしまうと不信感や不安に繋がり、とても後味の悪い取引になります。

良い不動産会社をみつけるには、営業マンの行動をみてみましょう。

不動産を購入するときには、お問い合わせをしたときにメールの返信時間も目安になります。お客さまのお問い合わせを放置することなく、3日以内に返信がくる会社をえらびましょう。また、お客さまが営業マンに物件を案内されるとき、お客さまの予定に合わせる営業マンにしてください。案内された物件の購入条件を考えている時に必要以上にあせらせることなく、一緒に交渉をふくめ条件が満たされることを考えて行動する営業マンは誠実な営業マンといえるでしょう

一括査定サイトには注意が必要

不動産を売却する際に一括査定サイトなどを利用した場合、不動産の査定価格が他社と比べて高い時には注意が必要です。査定内容の価格と比較した周辺相場の資料など営業マンに依頼して入手するとわかりやすいです。周辺相場の資料を出したがらない業者も注意が必要です。売却のいらいを受けることだけが目的の可能性があります。このような会社にいらいすると時間の経過と共に理由をつけて、不動産業者が価格の値下げ交渉をしてきます。なんで支払い交渉相手の立場で、みなさんに仲介手数料の交渉をするのかと思いたくなるような行動をします。売却するためにいらいした査定書は、利己的な不動産業者をみわける書類にもなります。周辺相場を基にして正直に査定している会社をえらび売却のいらいをましょう。

まとめ

良い不動産仲介業者を選ぶことは、会社の規模や知名度のように外からみて簡単に判断できることではありません。営業マンの対応や会社の体質がよいことに注目して選びましょう。

不動産売買の無料相談を受付中

お問い合わせフォーム・無料相談はこちらから←クリックするとお問合せページにとびます   📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています。

ランキングに参加しています。良かったらポチッと応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村