外国人投資家・台湾華僑に繋がる不動産会社の不思議な縁!

現在92歳になる台湾華僑の投資家がいらっしゃいます。現在は、医師から飛行機の搭乗を禁止されています。過去にこちらの華僑の投資家と会食をする機会が何回かありました。いつも会食の時には、昔話を私達に沢山してくださいました。中野にある学校に台湾から留学したことや、日本の大学卒業後に日本統治下の台湾で国営放送局に就職した話もしてくれました。

お客様が少しお酒を飲まれると昔を思い出し、泣きながら当時の様子を細かく語ってくれます。当時の日本名(氏名)や日本人として第二次世界大戦を戦ったお話を涙を流しながら話されます。戦後、台湾は捨て子の様な状況になったとその華僑の老人の投資家は悲しみ泣きながら私たちに語っておられました。

お客様が常に口にする言葉は、私の第二の故郷は日本と話しながら最後は日本に住みたいと語っていました。私と同年代の娘様がいらっしゃいます。娘様は日本の漫画が好きで台湾で読んでいるそうです。 数年前に娘様とご一緒に来たのが娘様のは初来日でした。

外国人投資家と偶然の繋がり

台湾華僑の娘様が初来日した理由は、驚いたことに台湾でいつも読んでいるお好きなマンガの作家は、いつも私が一緒に仕事をしている不動産会社社長の義理の妹さんでした。今回は、作家のマンガ家さんも時間調整ができたので、漫画家である妹さんを含めて、みんなで会食をすることができました。外国人投資家の顔からお父様の笑顔が変わり、娘が喜ぶ姿を見ながら満面の笑みで、ご一緒にお食事をした日のことを思い出します。

まとめ

外国人投資家と感情を交えた交流ができたことは、私にとってとても幸せなことです。親日派の方が多いといわれる台湾のご年配の方から日本に対する本音を聞く機会は、貴重な経験になりました。台湾で手広くホテルを経営している投資家なので、台湾へ遊びにきてください。とお声がけ下さいました。何か投資の本質を学んだような経験です。

不動産投資の無料相談を受付中

お問い合わせフォーム・無料相談はこちらから←クリックするとお問合せページにとびます。📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています 。

ランキングに参加しています。良かったらポチッと応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村