銀座や都心のビルを中小の不動産業者が顧客に売る?

みなさんが会社の経営者や法人で所有するビルの購入担当を任されたときは、不動産の業界を知ることで不動産が見つかる可能性が高くなる方法をお知らせします。都心のビルを売ったり、本社用のビルを購入したりするときに、大手の不動産会社に相談する方も多いと思います。都心部のビルなど高額な不動産を扱う会社は、大手の不動産会社や信託銀行に限らず、中小の不動産会社でも専門的に活動している会社があります。実は、この中小の不動産会社は、大手の不動産会社とは異なる水面下の高額な不動産の情報を多く扱っています。今回は、判りにくい不動産業界の高額物件の取り扱い状況についてご説明します。

中小の不動産業者が都心の高額物件を扱う?

今回は、当社から新橋のビルを購入されたお客さまに、水面下の銀座の大通りに面する角地の物件をご紹介した時のおはなしです。この銀座のビルの持ち主は同業者でもある私の知り合いの兄でした。

(この同業者の知人とは数年前に彼が大井町に持っていた15階建てのマンションを私の外国人投資家にご購入頂いたときからのお付き合いになります。)

話はそれましたが、今回の銀座のビルは知人の大阪在住の兄が売りに出すビルになります。

この銀座のビルは、不動産の開発業者が購入の打診に兄のところに来ている状態でした。

この状況を私がお客さまにご説明をさせて頂き、不動産の開発業者が検討してる銀座のビルですが、当社なら購入できるので、ご検討しませんか?とお話をさせて頂きました。

お客さまは、中古のビルですが立地は申し分なく価格も割安なので、すぐにご案内を希望しました。このビルの空室フロアを含め鍵は、持ち主の弟が持っているため直ぐにビルの中を確認してもらいました。銀座のビルを持つ兄が大阪から東京に来ることになり、私は持ち主をご紹介して頂きました。そして私から新橋のビルを買ったお客さまをご案内させて頂いて気に入っていること、買うための資金にも問題がないことを持ち主に直接ご説明しました。

すると持ち主から買う条件が同じなら不動産会社に売却するのではなく、弟と仲の良い私のお客さまに売ってくれる話をして頂けました。

まとめ

都心部のビルや商業用のビルなど高額な不動産は、中小の不動産業者でも扱っている会社があります。この中小の不動業者は、表面的な知名度はありませんが業者の間やお客さまとの信頼関係が厚いのが特徴です。この様な不動産業者の数は少ないですが、大手不動産会社もこの不動産業者から紹介された物件を買うことは多いです。この中小の不動産業者は、信義を重んじる傾向が強いため、みなさんがビルを売るときも買うときも上手に交渉をすすめる特徴があります。会社の経営と不動産は繋がりが強い部分があります。みなさまが良い不動産パートナーと出会うことは会社の安定と成長を加速させます。このブログ記事をお読みいただき、良いパートナを見落とさずに長いお付き合いをしてください。

都内のビルに関する無料相談を受付中!

お問い合わせフォーム・無料相談はこちらから←クリックするとお問合せページにとびます📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています。

ランキングに参加しています。良かったらポチッと応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村