不動産融資は、建物の種類でローンの期間が変わります。

今回は、みなさんに建物と不動産融資の関係について、簡単にご説明させていただきます。みなさんが不動産投資をするときに、金融機関にローンの借入をする方が多いと思います。金融機関のローンは購入物件の種類や購入者の名義が、法人名と個人名などの違いからも借り入れ期間の条件が異なります。

個人投資家の方々が不動産投資をする場合、金融機関からアパートローンを借り入れて不動産に投資する事が一般的です。個人の場合には、”商業系の一棟ビルと住居系の一棟マンション”を比較した場合、個人投資家が融資を受ける基本は、住宅系の一棟マンションやアパートになります。

また、”対象物件の建物の構造”で、金融機関からの借入期間が決定されます。借入期間はRC造が(鉄筋コンクリート)最も長い期間のローン借り入れができます。反対に最も短い建物構造が木造になります。新築RC造の場合には、建物評価は47年になりますので、35年ローンが可能になります。木造アパートの場合には、22年までになります。

個人投資家が金融機関の融資を前提に不動産投資を考えた時、長期のローンを組むことを前提にします。中古の投資物件を買うときは、経過年数を新築時の建物償却期間からマイナスした年数がローン期間の上限になります。

しかし、実際にローンを借りる時の金融情勢や購入者個人の審査により、ローンの内容が変化することがあります。不動産投資用の不動産を探しはじめたらローンも並行しながら確認することをおすすめします。

まとめ

みなさんが不動産投資をはじめる時には、アパートローンについても調べることをおすすめします。不動産投資のローンは、融資条件が変動することがあります。以前、みなさんが調べた状況とは、異なる条件を金融機関から提示されてしまうことがあります。事前に銀行ローンを調べておくことで、不安をなくしておきましょう。

記事の説明

私は、不動産業界で売買専門に35年以上の経験とネットワークがあるため、不動産会社の各経営者や営業マンなど多くの方々と親しくさせて頂いています。このブログでは、みなさんが不動産トラブルに巻き込まれないために不動産業界の内側から見た現場の状況や問題を記事にして紹介しています。みなさんも不動産に関する不安が起きましたら無料で相談に対応しています。相談窓口は下記でご紹介しています。

不動産投資の不安を解消するための無料相談を受付中

お問い合わせフォーム・無料相談はこちらから←クリックするとお問合せページにとびます。

📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています。

関連記事

不動産投資で成功するための教科書ブログ
はじめての不動産投資でも成功するためのポイントを書いています。
不動産投資失敗を日経記事から学ぶ!~家賃保証の問題点を指摘~
このブログは不動産投資家が過去に投資を失敗した内容も躊躇なく書いています。みなさんは、同じ失敗をすることなく不動産投資を成功させてください。
不動産投資で失敗しない堅実な投資判断基準を解説
不動産投資で致命的な失敗をしないノウハウを説明します。致命的な失敗は人生設計が大きく狂ってしまうことがあります。判断を間違うことで致命的な失敗にいたる3つの注意点を紹介します。
不動産売買の成否は不動産の会社選びで決まる!
不動産業を営む会社の中で、『利益意外も目的にしている不動産会社を選ぶ!』など書くと理想と思われるかもしれません。注意深く不動産会社を見ると街の不動産屋の中にも信用を大切にしながら長年経営している不動産会社もあります。この不動産会社を見つけることができれば、安心して不動産売買や不動産投資を行うことができます。
誠実な不動産会社は本当に信用を大切にしている
本当に信用を大切にしながら独自の営業活動をしている不動産会社を紹介しています
心温まるJAZZライブに感謝!
先日、はじめて夜の桜木町に行きました。目的はライブハウス。人生で2回目のライブハウスです。私は数十年前を思い出しTwitterにある記事を投稿したところヴァイオリニストの中西俊博さんが気付いて下さり中西俊博オフィシャルTwitterにリ...