不況では家は高く売れない?おすすめの売却方法をプロが解説。

コロナ不況が今後も続く気配。あなたが住宅ローンを抱えていたら、購入した家を維持するか、売却してしまうかを悩んでいるかもしれません。あるいはもともと売りに出していたのに、コロナ下で状況が暗転したかと落胆されている方もいらっしゃるかもしれませんね。今回はコロナ不況の中でもマイホームを高く売りたい方に向けての記事を書いていきます。わたしは不動産業界に35年以上おります。今回もその経験を基に記事を書いています。

マイホームを手放す。せめて少しでも高く売りたい。

現段階では、再び日本の景気が回復するのはいつなのか、目途が立たない状況ですね。ですからこのタイミングで家をすぐに売りたい!となるとやはり難しいのは事実。短期間で売却するためには、やはりあるていど価格に割安感がなければ難しいといえます。

ですが少しでも高く売りたいと思うのが、売る側の心情です。そのためにはまず、時間的な猶予を充分にとる。これが重要です。すぐにでも売りたいとき、たしかにこの時期に余裕を持つということは難しい考えかもしれません。ですが、これから書く時間的猶予を作るポイントもお読みいただき、あなたの大切なお住まいを少しでも高く売れるように工夫していきましょう。

月々のローン返済を減額してもらおう。銀行に相談することが大切。

時間的な猶予を得るためには、まずはローンを借りている銀行さんに、月々の支払の減額の相談をしましょう。この方法で、月々の支出を抑えるのです。住宅ローンの返済に追われると、金銭的な余裕はもちろんですが、精神的なゆとりもなくなってしまいます。この様な状況を避けるためにも、住宅ローンの返済を軽減して、精神面での余裕を持たせることが大切です。銀行とのローン返済の交渉が成功すれば、家が売れるまでの待ち時間を長く作ることができます。

マイホームを高く売るためには、住宅ローンの残債もチェックしておいて。

家のご売却を考えたときに、大切なポイントがひとつ。それは、住宅ローンの残債です。住宅ローンの残債が多い方。この方は、特に慎重な対応が必要です。残債額によっては、もし今買いたい人が現れても、買いたい人の希望価格では、残債が残ってしまい売ることができない場合があるかもしれません。

家を引き渡すためには、ローンの残債を完済することが不可欠です。買い手がついた値段では、残債が払えないとなると、ローンの完済ができないということになります。ローンの完済ができなければ抵当権がはずれませんので、必然的に他人に売ることは難しくなります。あなたの売りたい家のある地域の相場をしらべて、売れそうな価格は残債が残らない価格か確認をしてみてくださいね。

相場を調べる為に一括不動産査定サイトを利用する際のコツと注意点

家を売ることを考えたとき、最初に思い浮かべるのは、一体いくらで売れるのか。そしてそれを調べる為に手軽にネットでできる一括売却査定サービスを使う方もいらっしゃるでしょう。ですが、使い方には注意点やコツがあります。

まず、あなたの家の周辺で売りに出されている、不動産価格から今の相場を調べることは可能です。ですが過去の成約事例などのデータは、あまり参考価格となるとはいえません。今は市況が見えずらい環境ですからしかたありません。

不動産一括査定サイトは、不動産会社の営業ツールのひとつです。ですから査定価格とうたってはいますが、売却依頼を受けるための営業価格として相場とはかけ離れた高額の査定をだす会社も多いのです。ですから極端に高い査定価格をだしてくる会社を参考価格にするのは避けるべきでしょう。一括査定サイトで依頼をしても、なかには誠実な不動産会社の営業マンもいるでしょうから、価格だけに惑わされず、不動産会社の平均的な価格などを参考に本質を見抜くようにころがけましょう。

※不動産一括査定サイトの注意点については詳しく別記事でご紹介しています。

※良い不動産屋さんの見極め方はこちらの記事で紹介しています。

契約だけが目的の不動産屋さんには注意を!

一括査定サイトなどで、いかにもやる気がある!あるいはあなたのマイホームの良いところを必要以上にもてはやし、あなたの家だけは特別に高く売れるような言い回しをしてくる、なかには単刀直入にいくらで売りたいかと聞いてくる不動産会社には注意をしてください。

不動産の査定というものは実にいい加減なものが多いのも事実です。不動産業界に35年以上おりますが、これは間違いないく言えることです。家は実際に売れてみないと実勢価格とはわからないものです。ですが、同じエリアでほとんど同じ条件の家が、片方だけ相場より何百万も高く売れるということはありません。

そういった不動産会社は、あなたからマイホームを売ってきてほしいという依頼を受けたいがために、いいことだけを並べているだけなのです。そのことに気が付いた時にはすでに随分と時間をロスしてしまった…ということにならないように、あなたの大切なマイホームですから、口先だけの会社ではなく、現実的かつ誠実な不動産会社を選ぶこともお忘れなくおねがいします。

まとめ

現状のコロナ不況の中、家を売りたいとお考えの方には、早めの対応をおすすめします。本当の窮地におちいるまえに、余裕を持った動きが必要です。それがあなたのマイホームをすこしでも高く売ることにつながっていくはずです。一部を除いたほぼ全業種が経営に不利な影響を受けているいま、不動産に対する購買意欲下がり、不動産の全体の動きも、相当な期間鈍くなる可能性が想定されます。景気回復を待たず、あなたの大切な家を高く売るために、まずは販売期間はゆとりを持つことが大切です。

私は、不動産業界で売買専門に35年以上の経験があります。このブログでは、わかりにくい不動産のことについて、少しでもわかりやすく、誰かの役にたてるようにかいています。また不動産業界の内側から見た現場の状況や商習慣、問題なども記事にして紹介しています。みなさんも不動産に関する質問や疑問などがありましたら無料でおうけしています。下記の相談窓口からご連絡ください。

※コロナ離婚でもめたくない時は、家は先に共同で売っておこうの記事も良かったら読んでみて下さい。

家を高く売るための無料相談を受付中

お問い合わせフォーム・無料相談はこちらから←クリックするとお問合せページにとびます

📧 info@zephyr-jp.net からも無料相談を受付しています

ランキングに参加しています。良かったらポチッと応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ 土地・不動産へ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

 

関連記事

設立当時から独自性を歩む不動産会社
独自な不動産会社の内容を解説します
よい不動産屋の探し方、見極め方を不動産のプロが解説!
わたしは不動産業界にいつのまにやらどっぷり35年以上おりますが、自分が家を買うならこの方法で不動産会社を見極めますよ、という見極めどころをプロの目線で書いてまいりました。人間というものは、なんだかんだと自分に都合の良い解釈をしてしまいがちです。それは私も同じです。ですが不動産という大きな買い物や取引をする場合は、落ち着いて客観的になることをおすすめします。