コロナウイルスで、マスクの高額転売。超えてはいけない一線

新型コロナウイルスの拡大による「マスクの高額転売」が社会問題。消防署の隊員が備品のマスクを無断で持ち出し、フリーマーケットアプリ「メルカリ」で転売。

読んでいてこちらがはずかしくなる記事です。

いつの時代にもいる人種ですが、目先の利益を得ることで豊かに安定することがないことを教えてあげたいですね。常に目先の利益になる物を探し続け一時の利益を求め、商品を探し続ける人生を歩むことを。今回のマスク転売はの問題は差益の大小ではなく、超えてはいけない一線を越えています。人の健康に影響する問題です。

本当にマスクが必要な職業に従事している方や高齢者や持病を持ちながら働く人たちに届かなくなる可能性があります。周りへの気配りができない利己的な思考で転売するひとたちは、何をしても継続的に利益をえるのは難しそうですね。

※東京都多摩市のドラッグストアーでは、ひとりひとつ限定ですが68円で販売していました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村