道路で資産価値が変わる!道路に見えてるけど道路じゃないって何?

道路とは不動産で大切なポイントのひとつに道路があります。

建築の法律では、道路は基本4m以上の幅になります。

 

昭和25年以前から使われている道路の場合には、道路幅を4mにする事を目的に中心から2m道路を後退して建物を建築することができます。

 

4m以上の幅が有れば道路と考えてしまいそうですが、不動産の調査をすると稀に道路ではない時が有るのです。

 

開発行為などが行われて、家が建っているのかと考えて、調査をすると建物の前面は道路としては認められていない。とわかることがあります。不動産業者でも区役所で調査をしなければ、道路の種類が見た目では判らないことがあります。

道路に認められていないとは、どういう意味か?それは建築基準法という法律で認められた道路か否かという事です。

 

この差でお客様の所有する不動産の資産価値が大きく変わります。不動産の場合は、建築基準法という法律で認められた道路に土地の間口が2m以上接していないと建築確認が取得できません。

建築確認が取得できない土地は、再建築不可と表示されて広告掲載されていることがあります。都市銀行からの借り入れは出来ない物件になりますので、あまりおすすめはできません。

 

相続などで不動産を取得された方は、お時間があるときにご自身が所有する土地が面する道路を一度、区役所で調べてみるのも良いかもしれません。

関連記事

設立当時から変わらぬ当社の体質
. 平成11年の懐かしい広告、このとき当社で開発したリアルタイムスギ花粉計測器を使い世界ではじめてリアルタイムに計測したスギ花粉数を携帯電話(アステル東京:PHS)に配信しました。 コンテンツ名:[本日の花粉] ...
信用できる不動産会社の選び方!
[temp id=2]
https://shibuya-zr.net/realestate-buying-and-selling/
不動産会社に不安を感じたら物件購入はやめておきましょう
お客様がはじめてご自宅を購入するときや投資家の方が収益物件をはじめて購入するとき、契約に向けての話がすすむと色々な不安が次々と頭に思い浮かんでしまいます。 頭に浮かんだ不安を解決するために、すぐに不動産会社に連絡して確認をとる...

 

404 NOT FOUND | 不動産関係の裏話や、初心者向けに不動産投資成功方法をわかりやすく書いています
投資物件は東京で~東京・渋谷・代々木でのこと~
【実例】私道トラブル。私道面の土地を買ったら思わぬ落とし穴が…
不動産売買でポイントになる前面道路にもいくつかの種類があります。大きくは公道と私道。今回は私道面にある不動産売買で実際に合ったトラブルをご紹介します。私道面の不動産購入を検討されている方にもお役に立てれば幸いです。以前、私道の掘削...

お役に立ちましたら『シェア・リツイート』をお願いします。

ぜひ、読者登録もお願いします。ランキングにも参加しています。
下をクリックして応援してください!うれしくてもっとがんばれます。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

不動産投資に関してのご不安やご相談も無料で回答しています。

ブログ読んだよと言ってもらえれば、喜んでなんでもご説明します。購入しなくても大丈夫ご安心を(笑)

℡:03-5388-9055  mail:info@zephyr-jp.net

◇HP:https://www.zephyr-jp.net/

 

プロフィール
アバター

代々木にある不動産会社株式会社ゼフィールのスタッフが思い思いに書いているブログです。社長ももちろん書いています!基本まじめな書きものは社長です、おそらく文字の空気でこれそうだ~とわかります‥We Love YOYOGI♡現在【代々木ランチ】に力こめてます♪いやもはや全力投球?ぜひ読んでみてください☆

株式会社ゼフィールをフォローする
不動産トラブル
株式会社ゼフィールをフォローする
不動産関係の裏話や、初心者向けに不動産投資成功方法をわかりやすく書いています