土地を購入して注文住宅を建てたい!

住まい探しをはじめる時に最初に考える理想形の多くは

 

土地を買って、お気に入りの間取りを設計士と打ち合わせし、

注文住宅を建築したい!

 

実は、お客様が購入する土地を決めて、建物はお気に入りの工務店に依頼する方法は購入に大変な部分があるんです。

 

理由は、購入した土地の代金を全て売主に支払い、名義変更してから建物工事に着工することになるからです。なんと、転居する前から土地代金のローン支払いが始まります。

 

金融機関によっては、元本支払いを建物完成予定の半年位遅らせることができます。その間の支払いは、借りた分の金利のみになります。

 

建物が完成するまでは、現在の家賃支払いと同時に土地のローンが重なることになります。つまり転居するまでの間は、住宅費の負担が増えることになります。

 

そして、お客様の土地売買と建築工事の発注では、代金の支払い方も異なります。土地売買では、頭金と残金で2度に分けて売主に代金をお支払いすることが多いです。一方建築工事は1/3+1/3+1/3で建築会社へ支払うのが一般的です。

 

建築会社への支払い分を考慮すると自己資金が多い方でなければ、土地を購入してから注文住宅をお気に入りの工務店で建築するのは、厳しい状況になります。

 

新築の建売住宅や建築条件付き売地の場合には、代金の支払い方法が頭金と残金の2回で支払うことになり、残金日は土地と建物の完成引渡し日が同日になることが多いです。新築住宅を購入するかたが利用する一般的な住宅ローンは、残金の時に融資が実行されるのです。

資金に余裕がないと難しいのが、土地購入から注文住宅の建築になります。

お役に立ちましたら『シェア・リツイート』をお願いします。

ランキングに参加しています。ご協力をお願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村

◇HP:http://www.zephyr-jp.net/